小林一行の「なぜ一流の男の腹は出ていないのか?」

 

小林一行の「なぜ一流の男の腹は出ていないのか?」を読みました。

 

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

信頼は腹から作られる。

「メラビンの法則」
人の第一印象は出会ってから5秒以内で決まる。そしてその判断基準の5割以上を視覚情報から得ているという心理学の法則。
続いて声の質や大きさ、話し方が4割弱、話の内容にいたっては全体の7%しか影響を及ぼさない。

ーーー

人間は「基礎代謝」「活動代謝」「食事代謝」という、三種類の「代謝」によってエネルギーを消費する。
「基礎代謝」とは心臓や脳、内臓など普段は動かしていることを全く意識していない身体の各器官を動かすためのエネルギー、すなわち「生活活動で消費するエネルギー」である。「活動代謝」とは、普段我々が行っている「生活活動で消費するエネルギー」のこと。意図的に運動することで消費するエネルギーもここに含まれる。最後の「食事代謝」とは、食事した際に食べ物を分解・吸収・消費するために、食後すぐに消費されるエネルギーのことである。
人間が一日に消費するエネルギーのうち、この3つの代謝活動の割合は「基礎代謝=70%、活動代謝=20%、食事代謝=10%」となっている。つまり、我々が消費するエネルギーん大半は「基礎代謝」なのだ。

ーーー

基礎代謝で消費されるエネルギーのうち、身体の器官ごとの割合は「内臓=38%、筋肉=22%、脳=20%、脂肪=4%、その他=16%」となっている。このように基礎代謝のなかでは「内臓」が占める割合がもっとも高いのである。
つまり、基礎代謝を高めるには、まず、内臓の動きを活発にすればいいのだ。

ーーー

食べ過ぎて一時的に体重が増えた翌日、絶対にやってはいけないのは、次の日の食事を一食抜くという具合に「一日で帳尻をあわせようとする」ことだ。
絶食や極端な食事制限で帳尻をあわせようとすると、前述した飢餓から身を守る本能にスイッチが入ってしまい、身体が余分な脂肪を蓄え、食欲を増大させてしまう。こうなると甘いものや高脂質のものを食べたくなったりして、結果的に肥満を増大させてしまうことになりかねない。

ーーー

体内で脂肪がつくられる背景には「血糖値とインスリン」が深くかかわっている。
まず、人間が食物を食べ、消化・吸収する際に血液中の糖質の値が上がる。血糖値が急激に上昇すると、さまざまな器官が傷ついてしまう。糖尿病の合併症として肝臓障害や網膜症が発症するのはこのためだ。そのような状態にならないように人間には血糖値が上昇すると、すい臓からインスリンというホルモンが分泌され血糖値を下げる。この際、血液中の糖質から中性脂肪がつくられるのだ。
脂肪の蓄積は血液中の糖質が脂肪に変わることにより起こるのである。

ーーー

血糖値を制するものは食欲を制する

血糖値の上がりやすい食品を摂取すると、急激に上がった血糖値を下げるために大量のインスリンが分泌され、急速に血糖値が下がる。このせいで空腹感を覚えてしまう。逆に、血糖値の上がりにくい食品は、情報が穏やかなぶん、下がり方も穏やかだ。このため空腹感を覚えるまで、時間がかかる。
つまり、血糖値の上下をコントロールできれば、食欲をおさえることができ、ムリな食事制限をしなくても、腹を凹ませることができるのである。

ーーー

GI値(グリセミックインデックス)」の高い食品は、「脂肪をため込み安く、腹持ちが悪い」、低い食品は、「脂肪がつきにくく、腹持ちがいい」と覚えておいていただきたい。

ーーー

食物繊維を最初に食べるだけで脂肪はよりつきにくくなる

食物繊維には胃に壁をつくって、その後食べた食事による血糖値の上昇を抑えてくれる効果があるのだ。さらに、これらの食品は、前述したように内臓のぜん運動を活性化し基礎代謝を上げる効果もある。
食物繊維が豊富にふくまれているのは、野菜、キノコ類、海藻類、こんにゃくなど。これらを食事の最初に食べることで、ダイエットの効果をより高めることができるのだ。

ーーー

枝豆には、完熟した大豆にはあまり含まれない「メチオニン」が多く含まれている。メチオニンは、アルコールの分解を促進し、悪酔い・二日酔いを防ぐ効果がある。
また食物繊維も多く含まれており、血糖値の上昇を抑えてくれる。

ーーー

人間が「満腹感」を覚えるのは、食べた10-20分後とされている。つまり、たくさん食べても、早食いをすると満腹感を得るまでに時間がかかるのだ。逆に、この10-20分の間に食べる量をできるだけ減らせば、食べる総量を減らすことができる。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

» 小林一行の「なぜ一流の男の腹は出ていないのか?」
» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.