Currently viewing the tag: "映像制作"

 

セキスイハイムの「グランツーユー f 」

セキスイハイムの「グランツーユー f 」

 

アロハブランディングの制作実績を追加しました。

セキスイハイム様の、インフォグラフィックスを活用した「グランツーユー f」の理解促進映像を制作させていただきました。

 

 

» Link: セキスイハイムウェブサイト

 

 


 

ブランドの新規立ち上げや
既存ブランドの認知拡大や販売促進に繋がる各種コミュニケーションのデザイン

お問い合わせをお待ちしております。

 

» CONTACT | コンタクト

 

 

biztelcall

 

アロハブランディングの制作実績を追加しました。

株式会社リンク様の、インフォグラフィックスを活用した「BIZTELコールセンターの」理解促進映像を制作させていただきました。

» Link: アロハブランディング制作実績

 

「BIZTELコールセンターの」理解促進映像

» Link: BIZTELウェブサイト

 

こちらは、前回の「BIZTEL」理解促進映像に続く第二弾。

 

 

インフォグラフィックスを活用し、同じトンマナで映像を構築することにより、統一感のあるコミュニケーションデザインが可能になります。

このトンマナの統一感こそが、ブランディングに大事なことなのです。

 

 


 

ブランドの新規立ち上げや
既存ブランドの認知拡大や販売促進に繋がる各種コミュニケーションのデザイン

お問い合わせをお待ちしております。

 

» CONTACT | コンタクト

 

 

5時起床

朝から本の目次作りに没頭
2時間で大きく進展。全体像が見えた(気がしていた)

 

現在制作している映像の確認

昨日依頼した微妙なポイントの修正で、大幅に良くなった
素晴らしい才能のアニメーター
彼の仕事にはいつも感心させられる
早速クライアントへ展開
そしてナレーターに最新のデータを事前共有

 

ふと立ち止まって考えてみると

リモートクリエイティブは日々すごい勢いで進化している
ネット越しのチームでできることの幅が日々広がっている

映像制作ひとつとってもその動きは顕著だ
クライアントに会うこともなければ、チームメンバーのアニメーターや新たに依頼するナレーターにすら会わずに仕事を完結することができるようになってきた

 

ただしその分、日々のトレーニングはとても重要になる
そこでの差別化こそがブランディングとなるわけだ

拘束時間がなくなった分、自分の能力を高めるために時間に使う
そうして良い循環を構築していければ、ますますリモートに拍車がかかる

僕が実践しているBOOKLOGやVIDEO LOGは日々の素振り
そういうイメージの具現化だ

 » VIDEO LOG 映像の素振り
 » BOOKLOG 本のコトバのインプット

 

クリエイティブ業界では、カンヌライオンズで盛り上がっている
今年も恒例のクリエイティブCHECKを開始
カンヌを通じて世界のクリエイティブ動向を吸収する

 » アロハブランディングのクリエイティブCHECK

 

ハワイの大御所コーディネイターの方から連絡をいただく

ハワイでCMプランナーを探している人がいるとのこと
こういう一本の電話でいっきに道が開けることがある

運とはつねに誰かが運んできてくれるもの
そんなつながりのなかでこうしてどうにか生活できている
ゆえに出会いは宝だ

 

午後はウィルと待ち合わせ

先日の相談してきてくれたビジネスアイディアを一歩前に進める
そのためのちょっとした撮影会

日本に持っていくお土産ネタのひとつとしてパッケージ化する予定

 

car

car2

car3

 

深夜、編集者から本の企画骨子を受け取る

朝僕が書きあげたものより、断然よかった(喜)

僕より僕のことを理解してくれている
才能ある人たちに囲まれている幸せにあらためて感謝

 

Mahalo, for another beautiful aloha day!

 

Tagged with:
 

 

アロハ

日本への帰国まであと一週間を切ってしまいました!(汗)

 

今回も「企画アイディア」「事業プラン」をはじめ、「色々なハワイネタ」をぶら下げて帰国します。

1ヶ月滞在しているので、協業できそうなところがあれば気軽にお声がけください!よろしくお願いします。

 » CONTACT | コンタクト

 

アロハブランディングでは、このような映像制作の仕事もバンバンやっています。

経験豊富な質の高いクリエイターネットワークと、リモート環境で制作しています。

そのため、従来の制作プロセスとは比べものにならないような、高品質な映像制作を効率的に行うことが可能となりました。
タイトな案件の中でも、ベストなアウトプットを出すことができます。

 

興味ある人は、ぜひご連絡くださーい。

 » CONTACT | コンタクト
 » アロハブランディング | 直感的に伝える映像

 

 

情報整理

 

日本では、早い人はもうすでにGW気分なのかな?
こちらハワイでは、急に案件が動き出して、結構パツパツになってきました。

・2件の映像制作、
・毎月のソーシャルコンテンツ制作、
・2件の執筆企画、
・クリエイティブアドバイス案件 などなど

でもこういうパツパツな状況は、決して嫌いじゃないです。
やらないといけないことが明確にあるというのはありがたいことです。
一つ一つを明確にしていけば、どれだけパンパンな状態でも必ず終わりは見えてきます。

僕はこういう状況では、ひたすら情報整理を優先します。
クリエイティブアプローチは色々あって、人によっては、ごちゃごちゃした中での方がクリエイティブが生まれる、という人もいますが、僕の場合はとにかく情報を整理しながら、物理的な環境もクリアにして進行していきます。

今回も、1件の映像制作案件については、4本が同時に進行しているので、やはり情報整理がキモです。初めて使うプラットフォーム上での作業なので、最初はやっぱり苦戦します。(ちなみに、そのプラットフォーム上には、お会いしたことのないクライアントと代理店側の人間が10名近くおり、そこにクリエイティブ提案をしていかなくてはなりません。そして同時に、その裏では、日本のクリエイターたちと情報のやりとりをして映像をつくりあげていきます)。こういう場合は、すこしずつ情報の交通整理を行いながら、自分の思考回路と一致させていくようなイメージで作業を進めていきます。

その中でも、
・情報の入り方を一本化することにこだわります
・曖昧な情報は見逃さないように、一つずつ具体化していきます
・情報をバトンタッチする場合は、少しでもわかりやすくして伝達することを意識します。自分を通るものが一つ上のレベルになっていることを意識します。

さらに、入ってくる情報においては、
・デジタルのみならず、アナログでの見える化と整理も重要視します。
・手書きのTODOリストは、1日のうちに3回くらいは書き直します。
 そうすれば、作業効率が研ぎ澄まされていく感じがしています。

かなり、マニアックな議題になってしまいましたね。。。

でも、こういう仕事をしている人はなんとなく人それぞれの感覚があるのではないかと思います。こうして意識的に気持ちを書き出してみることも、情報整理の一環なのかもしれませんね。

 

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.