Search results for "スーパーボール"

http://youtu.be/0ytv9-J9v-o

今日はスーパーボールの日でした。

アメフト?お祭り?イマイチ日本にいるとピンとこない人が多いと思いますが、ハワイの街から人がいなくなる様を実際目の当たりにすると、みんな本当に家でアメフトの試合に見入ってるんだなーとなんだか変な感動を覚えます。
まるで昭和時代の紅白歌合戦みたいですねー(笑)
このCM枠が一番高いメディア枠であることも理解できます。

正直なところ、試合はイマイチわからなかったのですが(アメフトファンのみなさんすいません)、ハーフタイムのブルーノマーズのパフォーマンスがめちゃくちゃ格好良かっです。レッチリも好きなのだけど、個人的にはブルーノマーズ一本で最後までいって欲しかったなー。久しぶりに良質なモノに出会った気分です!

 

日本に住んでいるとあまりピンときませんが、アメリカではスーパーボールは一大イベント、今年も大いに盛り上がりました。

さて、私たちクリエイティブ/広告業界にとってのスーパーボールとは、単なるスポーツイベントでなく、世界一広告費の高いスポーツイベント(約3億=今年は円高なので2億5千万くらい?)と言われますね。このスポットに命をかけるクライアントも少なくない訳です。と言うことで、本日のクリエイティブCHECKでは、「Super Bowl 2012 人気CM」を一気にピックアップしていきます。


http://www.usatoday.com/superbowl46/admeter.htm

スーパーボールの人気CMのレイティングは、こちらのSuper Bowl admeterに掲載されています。Facebookと連動していて、映像を見たあとにレイティングすることが可能です。(と言うことは、順位はまだ最終決定ではないのかな?)

まず最初にドリトスの作品から。

「Doritos® – Sling Baby」
http://youtu.be/4GIeIpcRv7o

「Doritos® – Man’s Best Friend」
http://youtu.be/y3bqbJduK2w

ドリトスは、ユーザのクリエイティブパワーが無視できなくなってきた=「CGM」が注目されてきた時期に、いち早く「CRASH THE SUPER BOWL」と言う、プロアマ問わずCM作品を一般に募集するコンテストを開催。(過去記事:08年10月17日
当時の優勝賞金は1億円。そしてその年、見事、一般からの作品が「スーパーボール人気NO1CM」となる快挙を成し遂げました。(過去記事:09年02月03日)当時、CGMの火付け役となりました。2012年の今年も「CRASH THE SUPER BOWL」キャンペーンは開催されいるのですね。

車の作品も多数ありますね。その中で個人的に一番好きだったのはこちら。
Chevy Sonic “Stunt Anthem”
http://youtu.be/iuvoSw1TiJ8

そして、車つながりでトヨタのCM。
Toyota Camry It’s Reinvented!
http://youtu.be/k9L-8372A3w
Camryを再構築するついでに、色々なものを発明しました。と言うジョークCMなのだけど、車の話は前半だけ。いかに視聴者を笑わせるかに徹している。

“A Dream Car. For Real Life.”
http://youtu.be/lHZbXvts0LE
男女の違いを表現、これもスーパーボールと言うコンテキストにあっている。ノンバーバル(言葉に頼らない映像)は、世界が注目する場では、後々効果を発揮してきます。

Bud Light – Rescue Dog
http://youtu.be/hyFWSys3TJU
こちらはダジャレ作品。Weegoと言う名の救助犬、”Here Weego”(こっちよウィーゴ)と声をかけるとバドライトを持ってくる。この発音が”Here we go”(さあ、行くぞ)と一緒なので混乱するWeego。CMの最後 に、”help rescue dogs” http://www.facebook.com/BudLight の表記。そこで動物救済基金とちゃんと連携していることが明らかになってきます。入り口はだじゃれだけど、ちゃんとコミュニケーションが設計されています。さすが。

Skechers “Go Run”
http://youtu.be/iTy3bpke74o
犬やペットネタも多いですね。犬ネタとしては、この作品が一番盛り上がりそう。

あと、コンテキスト(文脈)を意識した作品で言うと、こう言う切り口もありかもしれません。

「David Beckham’s Shirtless H&M」

「Teleflora」
http://youtu.be/uWrJgFjxlS0
ジョークや笑いだらけのCMの中に、ポーンとこう言う作品を送り込まれると、その場で議論が起こりそうです。商品をインプリメントすると言う意味では、作品の傾向の裏を行くのも一つの正攻法なにかもしれません。

視聴者ランキングでトップに入ってくる作品は、映像だけで終わっていないものが多いみたいです。なんらかのソーシャル連携だったり、並行して走っているキャンペーンが存在します。しかしながら、スーパーボールのリアルタイム視聴者のほとんどが酔っ払っていることを考えると、その場合のコンセプトは仕組や仕掛けだけでなく、笑いだったり、ブラックジョークだったり、セクシー系、人間としての本質的な表現要素が大事になるのかもしれません。

Tagged with:
 

本日のクリエイティブCHECKは、ジョブスの引退を受け、1984にオンエアされた「Apple’s Macintosh」のコマーシャルをあらためてピックアップします。

1984 Apple’s Macintosh Commercial

ジョージ・オーウェルの小説「1984」をモチーフに、スーパーボール用に映像化された1分尺のTVCM。ご存知の通り「1984」は、オーウェルが1948年に執筆した反全体主義のバイブル的作品。3つの超大国によって分割統治された未来。その中で独裁組織と言語・思想の規制、最終的な裏切りと洗脳を二人の男女を軸に描く。CMでの独裁者は、米IBM社を象徴。パソコンに支配されない未来を描くマッキントッシュ。当時の、広告代理店は、米Chiat/Day社。監督は、「ブレードランナー」、「ブラック・レイン」、「グラディエーター」のリドリー・スコット。

どんなに近代化しても、組織と個人のあり方は永遠の課題なのだと思います。だからこそ、苦悩しながらもしっかりと個人にスポットを当て続ける作品、商品は、いつの時代に見ても深いところで共感するのだと思います。それにしてもオーウェンが「1948」の中で表す、党が掲げる3つのキーワードは、今の時代でも当てはまるのでドキッとしちゃいます。・戦争は平和(WAR IS PEACE)・自由は屈従(FREEDOM IS SLAVERY)・無知は力(IGNORANCE IS STRENGTH)

 
Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.