Currently viewing the tag: "カーニバル"

 

今年も現地校の一つの節目であるKeikiカーニバルが終わりました

3年目となる今年は、長男も自らDunk Machineの的になる役をかってでたりしていて、積極的に楽しんでいました。

 

 

Keikiカーニバルについては、こちらをご覧ください。
» 「Hawaii Living | ハワイ現地小学校の”Keiki Karnival” (2014)」

 

明日からスプリングブレイクに突入するキッズたち。
補習校も明日が終業式です。

しばらく勉強から解放されるので、テンション高いです。

 

まあ、確かに、最近はよく勉強していました。
休みに入るのは嬉しいのでしょうね。

でも、最近ちゃんと勉強していたのは、英語の基本がわかってきたことに加え、ハワイの詰め込み教育じゃないやりかたが、なんとなく肌に合っていると感じているのかもしれない、と思ったりもします。

日本の小学校を経験している子達がハワイにくると、意外と自主的に勉強するようになることがあるみたいです。

アプローチが違うだけで、やる気のスイッチが押されることがあるのだと思います。

 

先日も、なんやら集中して勉強をしているので、どんな宿題か聞いたところ、英語で小説を書いているとのこと。

えー、そんなことができるの?
あまり期待せずに読んでもらったら、、、びっくり!

 

 

いつの間に、こんなに書けるようになったの?

子供の吸収力はカラッカラに乾いたスポンジのようですね。

あるラインを超えると、その後は自分でどんどん吸収していきます。
親ができるのは最初のきっかけ作りだけ。
もう教えられることはどんどん減っていきます。

子供の成長と反比例して親は衰えるしかないわけで。。。

せめて、きっかけ作りのためにも、親としてはオープンマインドでいるように努力しないといけないな、と、改めて思うのでした。

 

Tagged with:
 

 

今年も息子の通う現地小学校では、春休み前のイベント、
Keiki Karnival” が開催されました。

 

keiki9

 

昨年も書きましたが、
この”Keiki Karnival” とは、ドネーションを兼ねた、
学校、子供、親が一緒になって行なう学園祭みたいなもので、
学校の運営にまわす資金を調達するための大切なイベントです。
(*Hawaii語で、Keiki=子供という意味)

子供達もこの日を楽しみに、学校側と一緒になって
色々なイベントに参加し、準備を進めます。

 

今年は、なにがなんだか勝手のわからなかった移住1年目とちがって、
しっかりと内容や趣旨を理解した上で、楽しむことができました。
大きな進歩ですね(笑)


 

下の二人の子供達も、いつも送り迎えで来ているお兄ちゃんの学校が
お祭り仕様になっているので、大喜び。ずっと遊んでいました。

 

keiki1

keiki2

keikiball

 

さて、今年も学校の駐車場には、
沢山の手作りゲームが並んでいました。

そしてもう少し本格的な出しモノは
親やボランティアによって運営されます。

 

keiki9

 

一方、カフェテリアはバザー広場になります。

親が作ったクッキーやプラントをドネーション用に売っています。
かき氷や綿飴も毎年人気があるみたいです。

 

keiki10

 

沢山の出し物があるなかで、僕が毎年、
「あー、ハワイっぽいなー」と思うものがあります。

それは、上級生が「的」の一部になる、コレです!

 

keiki3

 

的に投げた球を見事命中させると、上級生が水に落ちる仕組みになっています

 

「やーい、悔しかった当ててみろよ〜」

「なんだとー、いくぞー」

ガシャン! ドボン!!

「ちくしょー、やられた〜」

そんな、B級映画で繰り広げられるセリフが
目の前で実際にやり取りされていて、
見ているだけで自然と笑みがこぼれちゃいます。

 

keiki5

keiki6

keiki7

 

あとは、もっと単純ですが、
濡れたスポンジを、顔を出した的めがけて投げるゲーム。

メチャクチャ単純ですが、
これも盛り上がっていましたね〜。

 

keiki8

 

来年はいよいよ、最年長(ハワイの小学校は5年生までなので)で
参加することになります。

あっと言う間に子供は大きくなっていきますが、
こんなすべての日々が、子供にとっても親にとっても
とても貴重な経験だと思うのです。

 


Hawaii Living TOPへ

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.