Currently viewing the tag: "千田琢哉"

 

千田琢哉の「挫折を乗り越えた人だけが口癖にする言葉」

千田琢哉の「挫折を乗り越えた人だけが口癖にする言葉」

 

千田琢哉の「挫折を乗り越えた人だけが口癖にする言葉」を読みました。

 

タイトルに思わずグッときてしまった一冊。
タイトルの通り、強いコトバが鏤められていました。

 

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

誤った道をそのまま歩み続けてくれるひとたちがわんさかといてくれるからこそ、ごくごく一部の道を改めた成功者は多くの臆病者に支えられながら人生を謳歌しているのだ。

ハッキリしているのは、誤った道を改めるのに一番早い日は今日ということだ。

 
——————————————
 

「人生は素晴らしい」

本音で10のリストを書いたら、映画のように1位から実行に移せばいい。
これまでの虚しい人生が一変するはずだ。
1位を実行したあとは、その勢いに乗って2位をすかさず実行に移そう。

 
——————————————
 

「孤立すると本質が見えてくる」

世の中はキレる側がいつも下っ端で、キレられる側が社会的地位の高い人だ。
助けられる側が怒鳴っていて、助ける側が怒鳴られている。
助けられている側が威張っていて、助けている側が頭を下げている。
与えられている側が文句を言っていて、与えている側が文句を言われている。
これが世の縮図なのだ。

 
——————————————
 

あなたは毎日自分が一番いいと思ったことを無意識に選択して生きている。
天職なんて死に際に、「ああ、これが自分の天職だったのか」とわかるくらいでいい。

 
——————————————
 

繊細で短気な人が、ヒットするアイディアを作る

繊細だということは、一般の人たちには感じられないことを察する能力があるということだ。
一般の人たちには見えないものが見えているということだ。
あとはそれを一般の人たちにも感じられて、見えるような形で表現すれば、その企画は多くの人を惹きつける可能性がある。

 
——————————————
 

自分が強くなければ、他者など救えない

 
——————————————
 

ストレスは夢を実現させる最高のネタ

 
——————————————
 

マンネリを超えたところに醍醐味はある

マンネリを乗り越えるコツは、簡単だ。
これまでとは逆の自分で接してみることだ。
無理してすべてを逆にする必要はない。
今日から自分が「やってみたい!」と思えること、たった一つでいい。

 
——————————————
 

嘆かず、ありのままを受容する

私にも持病があるが、持病があるおかげで休むことの大切さにきづいた。
持病があるおかげで、人間は簡単に死ぬことに気づいた。
もし持病がなければ、リミッターが外れたまま突っ走り、今頃どうなっていたのかわからないと冷や汗が出るくらいだ。
持病があって、本当に良かった。
生涯持病と仲良く付き合って、長生きに挑戦したい。

 
——————————————
 

死ぬまでは生きてやろう

「死」を経験しなかった人間はこれまで一人もいない。
だが「死」について経験を語った人間もこれまで一人もいない。
誰もが例外なく経験する「死」なのに、誰もが経験談を語れないからこそ、人は不安になるのだろう。

朝目が覚めたら感謝できる人なら、死に際は必ず笑っていられるだろう。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

Link:千田琢哉の「挫折を乗り越えた人だけが口癖にする言葉」

BOOK LOG一覧はこちら

booklog

 

 

千田琢哉の「不器用でも愛される自分ブランドを磨く50の言葉」を読みました。

 

千田琢哉の「不器用でも愛される自分ブランドを磨く50の言葉」

千田琢哉の「不器用でも愛される自分ブランドを磨く50の言葉」

 

企業のブランディングを仕事とする以上は、どうしても「ブランド」という言葉に瞬時に反応してしまう傾向があるみたいです(笑)しかも千田さんの作品ということで、速攻ポチッと購入し、速攻読み込みました。

 

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

ブランドとは、カッコいいことだと思っている人がいる。それは間違っている。ブランドとは、カッコいいことではない。普通の人が転ばないところで、あなただけが転んでしまうのがブランドだ。99人がスムーズに通過できるのに、あなただけが躓いてしまうのがブランドだ。普段の人が転ばない場所で転べるということは、あなたの才能なのだ。その場所では必ず転ばなくてはならないというルールの競技を創ってしまえばいい。そうすればあなたがその競技で世界チャンピオンになれる。

 
——————————————
 

カッコいい人は、一人で集合場所にやってくる

ブランドのない人は時間ギリギリに必ず大勢で押し寄せる。遅刻している分際で「全然場所わからなかった」と文句を言いながら、複数でチンタラやってくる。いつも横を見ながら生きているために、お互いに嫉妬深く足を引っ張り合う人生の縮図だ。

一方ブランドのある人は、集合場所に、約束の時間に余裕を持って一人颯爽と現れる。すべて段取りよく進んでいるから、いつも前倒しで夢を実現していく人生の縮図だ。

たいていの約束の時間までの間は一人で登場した人同士有意義な話を楽しんでいる。約束時間ギリギリに騒がしくなるころまでには、すっかり親睦も深まっている。バスに乗る場合は、お互い隣同士の座席で話の続きをする。居酒屋に入る場合は、お互い隣同士で座り話の続きをする。
普段見過ごしがちな何気ない光景というのは我々の人生の縮図だ。

 
——————————————
 

自分の会話に「。」が三つ登場したら、次は相手が話す番

ある業界のセールスパーソンたちの商談をICレコーダーで収録し調査・分析したことがある。

売れているセールスパーソンたちは、聞いている時間が圧倒的に長かった。最低でも商談時間の70%以上は聞き役に徹していた。売れるセールスパーソンたちは商談後に、「たくさん聞けたからよかったです」と言い残した。

売れていないセールスパーソンたちは、話している時間が圧倒的に長かった。商談時間の90%以上は延々と話し続けていた。売れないセールスパーソンたちは商談後に、「全部説明できて良かったです」と言い残した。

 
——————————————
 

適正価格というのはその商品を購入するまでに関わった人に対する敬意の集大成だ。サービスを利用する場合、相応の敬意を払わねば世の中のバランスが崩れる。なんでも無料で手に入ると思うようになった人間は、もはやおしまいだ。

 
——————————————
 

一緒にいると悪口になってしまう相手とは、しばらく会わない

「悪口を言ってはいけません」と教わった。悪口を言うと自分の人生がどれだけ不幸になっていくのかも教わった。ところが悪口を言わない具体的な方法を教えてくれる本はなかった。頭ではダメだとわかっていても、ついやってしまうのが人間だ。

 
——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

Link: 千田琢哉の「不器用でも愛される自分ブランドを磨く50の言葉」

BOOK LOG一覧はこちら

booklog


 

千田琢哉の「お金と人を引き寄せる50の法則」を読みました。

 

千田琢哉の「お金と人を引き寄せる50の法則」

千田琢哉の「お金と人を引き寄せる50の法則」

 

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで
興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

世界平和を熱く語る前に、まず自分が強者になる。

参加することに意義があるのではない。
挑戦者になってこそ意味があるのだ!

 
——————————————
 

どこか遠くのスーパースターの成功に対してなら拍手を送れても、隣人の成功に対して心から拍手を送れる人は少ない。
隣人の成功に拍手できるのは、自分が隣人よりも成功している場合のみだ。
だから去る者を尊重するのであれば、追わないやさしさも必要なのだ。
どうしても去る者を大切にしたければ、あなたが圧倒的に成功してから迎えてあげればいい。
 
——————————————
 

お金持ちの共通点として、自分の欠点を正面から受容していることがある。
貧乏人の共通点として、自分の欠点から目を逸らしていることがある。

この差は実に大きい。

両者の差は宇宙の拡張現象の如く、永遠に広がり続ける。

 
——————————————
 

短期間で成果を挙げるためには、80%の売上を占める上位20社に向けて何かサービスは提供できないのか知恵を絞るのだ。

 
——————————————
 

誠意とは約束の期日までに仕事を仕上げること。

サラリーマン時代から今日に至るまで何とか生きてこられたのは、周囲の人たちに時間のプレゼントをしてきたから以外に考えられないのだ。

時間のプレゼントとは、相手が絶句するほどのスピードで仕事を仕上げ、相手が余裕を持って自分の仕事に取り組めるように前倒しして渡してあげることだ。

 
——————————————
 

ビジネスの世界ではツッコミ役よりボケ役にお金と人が集まるようになっている。

 
——————————————
 

言わなくてはならない言葉は積極的に発言しろ!

言ってはならない言葉は絶対に口にするな!

 
——————————————
 

年収3000万円以上の人たちは、「面白かった映画」「素敵なホテルのサービス」の話題で盛り上がっていた。
いかに面白かったかを話していた。

年収300万以下の人たちは、「つまらなかった映画」「酷いホテルのサービス」の話題で盛り上がっていた。

 
——————————————
 

「○時頃に伺います」と言う人は、○時には来ない。

「○時頃」という表現を使う人間をじっくり観察するようになった。
結果は面白いほどに詐欺師と酷似していた。
遅刻するのはもちろんのこと、仕事の期限もお金の期限お破る疫病神だった。

「○時頃」という表現を使う人間に近づかないことだ。
遅刻の常習犯は、すべて詐欺師だと考えていい。

 
——————————————
 

5分前に訪問するために15分前には到着しておく。

約束を死守する人は、夢を実現しやすい。

なぜなら、夢を実現するのは日々の小さな約束の積み重ねの集大成だからだ。
その上5分前到着する人たちは人生すべてを前倒しに進めているから、ゆとりを持って夢を実現させることができる。

 
——————————————
 

「大至急」メールの常連への返信は後回しでいい。

「大至急」を連発してくる相手は、ドン臭い上に嫌われ者が多い。
ドン臭いからこそ、普通の仕事まで「大至急」に変身させてしまったのた。

 
——————————————
 

人生を変えたければ、今までの自分なら選ばなかったほうをやってみる。

今までのあなたがイケているのは、これまでの決断がイケていたからだ。

今のあなががイケていないのは、これまでの判断がイケていなかったからだ。

これまでの人生を変えたければ、決断を変えればいい。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

Link: 千田琢哉の「お金と人を引き寄せる50の法則」

BOOK LOG一覧はこちら

booklog


印税

 

千田琢哉「印税で一億円稼ぐ」を読みました。

千田さんの本は、本書でも登場する言葉の通り「中毒性」があり
ついつい手にしてしまいますね。

千田琢哉「印税で一億円稼ぐ」は、
千田さんの多数の書籍の中でも少し特殊な位置づけで、
本人の作家としての取り組み方を体系立てて説明しているだけでなく
出版業界の現状を大胆に紐解いています。

作家希望者のみならず、出版業界の実態を把握したい人にとっても
貴重な一冊となりえるかもしれません。

僕はいま「ライフスタイルのコンテンツ化」を目標に、
いままで構築してきたビジネスモデルをより「発信型」に変えていくべく、
ビジネスモデルの再構築を行なっている真っ最中です。

そのため、この本の与えてくれた気付きは、大変役立ちました。
「漠然とした恐怖」を、「具体的な課題」に変えるには
「学び」という行程が必要不可欠ですので助かりました。
ありがとうございました。

メモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバです。

 

 

「このくらいなら自分にも書ける」という自惚れが、最高の才能。
根拠などなくてもいいから、「チョロイ」と直感した分野で勝負することだ。
自分の直感で「チョロイ」と確信できるものこそ、あなたの才能だ。

 
——————————————
 

プロの作家として生きていくためには、
プロフィールはとても重要になってくる。

「この著者から学ぶ価値があるか否か」をシビアに判断されるのだ。
年齢・学歴・職歴・実績といった著者の情報を総動員し、
自分より格下の相手だと判断されればサヨナラである。

「内容が面白ければ売れる」というのは、甘いのだ。
読者は「自分が尊敬できる相手に」面白い内容を教わりたいのだ。

換言すれば、魅力的なプロフィールを書ける人生を歩むことだ。

 
——————————————
 

一冊目に、一点の曇りもなく自分のすべてを注ごう。

「作家は処女作を超えられない」とよく言われる。

作家は自分が処女作で書いた内容を、将来の数十冊や数百冊に分離して
掘り下げながら綴っていくのだ。
だからこそ、処女作を出来る限り高い位置まで持っていかなければ後が続かない。
処女作に10冊分の魂を込めた著者は、この先10冊は書ける。

 
——————————————
 

処女作は、好きなことではなく得意なことを書く。

あなたのこれまでの人生で一番の武器を惜しみなく披露することだ。

 
——————————————
 

10万部突破は印税1億円への登竜門。

 
——————————————
 

10万部セラーには一般には公にならないある秘密が一つある。
それは初めから出版社内で「今年の勝負本リスト」に入っていたということだ。

それが露骨に表れるのが、初版部数である。
無名著者なら5000部刷ってもらえれば御の字だが、
実績ある著者だと初めからその何倍も刷ってもらえる。
初版部数は出版社の本音が露呈されると考えていい。

 
——————————————
 

10万部セラーの後は、10冊で10万部を目指す。

20年前と比較して本は3分の1しか売れなくなったという。
今の10万部セラーは昔の30万部セラーに匹敵する難易度であり、
今の3万部セラーは昔の10万部セラーに匹敵する難易度だ。

1万部突破する新刊は、甘く見積もっても全書籍の1%はない。

 
——————————————
 

不安になっても、中途半端同士で群れない。

ピークを過ぎると、同じくピークを過ぎた者同士で
群がりたくなる衝動に駆られる。

あなたがまだ成長中の実力80なのに衰退中の実力80の相手と
群がれば一緒に衰退していく。
群がった瞬間、群れの中で最下位の相手に合わせなければならないのは
周囲を観察していれば明らかである。
群がってランチをすると、一番ノロマにスピードを合わせなければならない。
チームで仕事をすると、一番ノロマのスピードに収束していく。
群れないだけで、最悪の事態は免れるのだ。

 
——————————————
 

10万部セラーでピークを迎えたら、
その後に5年で50冊を出すことを目標にしたらいい。

5年で50冊というと驚かれるかもしれない。
だが5年で50冊というのはミリオンセラーを出す難易度と比較するまでもなく、
10万部セラーをたたき出すより難易度は低いというのが私の実感だ。

 
——————————————
 

職業作家として寿命を延ばすためには、
不安定な著者より安定した著者を目指すことだ。

スポーツ選手に限らず「ホームランか三振」という作家は、
一時的なカリスマにはなれるかもしれないが、いずれも短命に終わる。
それよりは、とりあえず塁に出る選手のような作家を目指すことだ。
作家にとって、ホームランは初期の1発でいい。

現在の出版業界においてざっくり目安を示しておくとこんな感じだ。
1万部セラーがシングルヒット。
3万部セラーがツーベースヒット。
10万部セラーがソロホームラン。
100万部セラーが逆転満塁ホームラン。

一万部セラーをコンスタントに出し続けるということは、
確実に塁を踏めるということだ。
出版社にとってこれほど助かる存在はない。

 
——————————————
 

ビジネスをしていく上で、あなたが威張る必要はないが
少なくとも対等に見られる努力は必要だし、それが礼儀だと私は思っている。
目安として、20社の取引実績があることが伝わる相手は一目置く。

 
——————————————
 

長期間にわたって顧客が途切れない一流コンサルタントは、
中毒性のある人間的魅力を備えていたのが共通項だった。
「何となく、もう一度会いたい」
「会うだけでいつも元気がもらえる」
という魅力は、経営理論をいくつも知っているより遥かに重要だ。

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

Link: 千田琢哉「印税で一億円稼ぐ」
BOOK LOG一覧はこちら


Tagged with:
 

インプット

 

千田琢哉の「1日に10冊の本を読み3日で1冊の本を書くボクのインプット&アウトプット法」を読みました。

個人的には、千田琢哉さんの本は、腹落ちし易い内容が多いので、1時間もあれば充分読めてしまいます。気になった箇所を付箋でマークして、後日も定期的に読み返すことが多いです。そうすることで体に浸透し、自分の型ができていくイメージに繋がります。

メモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバです。

 

 

社会人になってから100点でスタートしようと考える人は、不合格なのだ。
30点でスタートできることが、社会人のエリートの必須条件なのだ。
30点でスタートすると、当然失敗する。
周囲から非難されて、笑いものにされる。

反省して改めて作戦を練って再チャレンジすると、次は70点を獲得できる。
70点を獲得した人は、今度は周囲から応援される。

100点でスタートしようとしてグズグズしている連中は、
おい、いつまでもそうんなことやってないで、
70点のアイツを手伝ってやれ!
」と上司に命令される。

こうして30点でスタートした勇者は、周囲に応援されて見事、
最終的には100点を獲得できるのだ。

30点でスタートした人は出世して、
100点になるまで動かなかった人は窓際になる。

 
——————————————
 

時間を忘れて没頭できるものが、本当にあなたに向いている本なのだ。

うっかり寝食を忘れて読破した本の山は、あなたの将来そのものなのだ。

 
——————————————
 

本気で出世したいなら親元から飛び出すことだ。

まず第1ステップは、両親や故郷と距離をおくことだ。

第2ステップとしては、師匠と距離をおくことだ。

師匠はとてもありがたい存在で生涯尊うべきだが、
いつまでもべったりしていてはいけない。
それでは師匠を超えることはおろか、師匠の超小粒バージョンで終わってしまう

執着や固定観念を手放したところからが、ブレイクの第一歩なのだ。

 
——————————————
 

人脈が豊富な人に限って、人脈を深めようとしていた。
人脈が乏しい人に限って、人脈を広げようとしていた。

人脈が豊富な人は、毎月1人と知り合い、
年間で12人と知り合えば御の字と考えていた。

人脈が乏しい人は、毎月100人と名刺交換することを目標にしていたのに、
年間を通して誰とも知り合いになれなかった。

 
——————————————
 

自分の一番好きなことを10年間深堀していくと、必ず魅力的になる。
10年間深堀りするためには、様々な分野と繋がっていかなければならない。

 
——————————————
 

人脈には二通りある。
本を読む人脈と、本を読まない人脈だ。

本を読む人脈は、年齢とともに謙虚になって富んでいく。
本を読んで勉強すればするほど、自分の無知に気づかされて努力するからだ。

本を読まない人脈は、年齢とともに傲慢になって乏しくなっていく。
本を読んで勉強していないから、自分の経験だけが唯一の拠り所になっており、
視野の狭い頑固者
で人に嫌われるからだ。

 
——————————————
 

仕事を継続的に受注するコツがある。

今のプロジェクトが終わるまでに、次の企画を仕上げておくことだ。

 
——————————————
 

童話「うさぎとかめ」は、器用なウサギが油断して途中で昼寝してくれたおかげで
不器用なカメが追い抜いて勝ったことになっている。
それも一つの教訓ではあるが、最初からカメは泳ぎで勝負に挑んでもよかった。

戦略とは、「自分が勝てると確信を持てる土俵で、確実に勝つこと」なのだ。

 
——————————————
 

自分が満たされて初めて、他人に本心から気くばりができるのだ。
弱者の分際で「世のため人のため」と唱えるのは、単なる戯言だ。
「世のため人のため」は唱えるものではなく、成功してから溢れるものなのだ。

 
——————————————
 

人生の時間を倍増させる方法がある。
いちいち下書きをしないことだ。

いきなり清書すると、失敗することもある。
いきなり清書して失敗すると、ボロクソに批判される。
だからこそ、最速で実力をつけることができるのだ。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

Link: 千田琢哉の「1日に10冊の本を読み3日で1冊の本を書く
ボクのインプット&アウトプット法」

BOOK LOG一覧はこちら


Tagged with:
 
Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.