Currently viewing the tag: "術"

レバレッジ時間

 

本田直之の「レバレッジ時間術」を読みました。

「人生は、公平だ」とか、昔は良く聞いたような気がします。
時代だったのでしょうか?それとも自分が幼いだけだったのでしょうか?

でも(とても残念ではあるのですが)少し考える(大人になると)
「人生は、まったくもって公平ではない」ことが分かってきます。

公平でない世の中で、たった一つ公平なものがあるとしたら
それは一瞬一瞬刻まれるていく「時間」なのだと思います。
その「時間」を、(寿命はさておき)どう使うかは、本人次第です。

同時に、「時間」とは、自分のみならず他人に大きく影響を与える
絶対的な存在であり、最小単位のモノでもあります。
だからこそ、人は「時間」についてもっと勉強すべきだと思うし、
僕は時間について学ぶことが好きなのです。

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで、
興味がわいた人は、ぜひ本を手に取って読んでくださいね。

 

 

増やした時間は「再投資」に回す

お金の投資の場合も、例えば株の売買で上げた利益を、
旅行や趣味、飲み代に使ってしまえば、それきりです。
継続的資産を増やしていくには、上げた利益を元手にして、
さらに買い増ししたり、新しい銘柄に投資したりして
運用していくことが必要です。

時間投資も同じこと。
増えた時間は原則として、新たな仕組みづくりや新しい事業、
さらには自分の能力を高める自己投資など、
再投資に回すべきだと思います。

これを繰り返していけば、
年間で何百時間も時間資産を生み出せることになり、
しかもそれは福利で雪だるま式に増えていくので、
投資効果がどんどん大きくなります。

 
——————————————
 

スピードだけ上げてもムダになる

意味のないところでスピードを上げても、
労力のムダです。

かのPFドラッガーも
「まったくすべきでないことを能率的にする。
これほどむだなことはない」

と述べています。

必要な同じ成果をより短い時間で上げること、
そのために最短ルートはどこかを考えて行動することが
重要なのです。

そして、単に最短ルートを見つけて終わりではありません。
次からも常に同じルートを通れるようにすること、
すなわち再現性を持たせることができて初めて、
「仕事を効率化できた」と言えるのです。

 
——————————————
 

俯瞰し、ゴールから逆算する

「アクティブ・スケジュール」とは逆算型、
多くの仕事量をこなして成果を上げつつ、
プライベートを楽しみ余裕もある人たちの
スケジューリングです。

アクティブ・スケジュールに必要なのは、
まず明確なゴール設定です。

○月○日に新規事業を立ち上げる、
売上を20%アップする、新規顧客を獲得する、
本を出版する、といった成果につながる重要な課題を
だいたい三ヶ月先まで見通します。
そして、私の場合は、これをカレンダーに書き込みます。

その上で目標達成のためにやらなければいけないことを、
何段階かのステップに割り振り、
他の予定とのバランスをとりながら
スケジュールに落とし込んでいきます。

具体的には、目標が売り上げアップであれば、
目標の数字をクリアするには何社から注文をとる必要があるか、
そのためには○日までに何社にアプローチする必要があるのか、
そのためにはどんなリストや資料が必要か、
リストや資料はいつまでにそろえる必要があるのか、
と考えていくわけです。

 
——————————————
 

時間家計簿でダラダラ時間をチェック

時間の使い方を、大きく四つのカテゴリーに分類します。

一つ目は自己投資である「インプット」の時間
この内容は人によって変わってきますが、私の場合は、
人に会う時間、読書の時間などがこれにあたります。
二つ目は仕事をしている「アウトプット」の時間
三つ目は食事や風呂や睡眠なのど「生活」の時間
そして、四つ目は自由に使う「プライベート」の時間です。

そして、イに地に24時間を、30分〜1時間単位くらいで、
四つのカテゴリーに分類して記録するのです。

(中略)

ポイントは、
まず「インプット」の時間を「天引き」することです。

「インプット」の時間を最優先で決めて、
次に、「アウトプット」「生活」、
最後に「プライベート」の順で割り当てていきます。

 
——————————————
 

私にとってタスクリストをつくる作業は、
地図を見て目的地へ行くための
最短ルートを探すようなものです。

毎朝、これをつくるためにかかる時間は、
せいぜい5分程度ですが、
これによってゴールに到達できるかどうかが
決まるわけですから、
きわめて重要な時間投資と言えます。

 
——————————————
 

「習慣化」で集中力も高まる

ルーティーンワーク化するということは、
無意識化するということ。

無意識の記憶を司る線条体が関与していると
考えられます。

繰り返すことで体が覚える。
無意識だから苦にならない。

そういう状態を一般的には「集中している」と
呼んでいるのです。

(中略)

面倒なこと、苦手なことほどパターンかさせてしまうのが、
ストレスをためずに処理する方法です。
ほかにも「イヤだな」と思う作業をリストアップし、
それぞれについてパターン化してみるといいと思います。

 
——————————————
 

「仕事90分、休憩10分」で頭を活性化

 
——————————————
 

自分のKSF(key Success Factor)を見つけているか

「やらないこと」を選択する力とは、
「KSFを見つける力」と言い換えることができます。

働いた時間ではなく成果が評価される知識労働の時代においては、
個人レベルの仕事においても、KSFをみつける力が強く求められます。

(中略)

最悪なのは情報不足のまま迷い続けること

 
——————————————
 

よく言われることですが、
そもそも「学ぶ」の語源は「真似る」にあります。

よほどの天才でないかぎり、自分でゼロから始めるのと、
すぐれた先輩のやり方を学んで、そこからスタートするのでは、
時間効率が圧倒的に違います。

 
——————————————
 

自分の時間を守る強い人は、
相手の時間も尊重しようとします。

逆に言えば、
他人のペースに合わせてしまいがちな日本人は、
相手の時間を邪魔することに対して、
少し鈍感であるように思います。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

Link: 本田直之の「レバレッジ時間術」
BOOK LOG一覧はこちら

booklog


Tagged with:
 

クリエイティブ・マネージメント―「デザイン」を広げるプロデュース術を読みました。

本書は、クリエイティブの「プロデューサー」にフォーカスした一冊です。日本をリードする7社のクリエイティブブティックの現場を支えるプロデューサー達のリアルなコトバが豊富に含まれていました。こうやって見てみると、カイカイキキの笠原ちあきさんの言葉はとっても分かりやすくて、「世界で戦うアスリートの変化にいかに気がつくか」ということに尽きるのだと思いました。こいった観点で支えてくれるパートが近くにいるということは実に羨ましい。

メモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバです。

クリエイティブなビジネスをマネージメント、プロデュースするということ。

それは、クリエイターによってものが生み出される現場に立会い、ベストなかたちで世に送り出す道筋をつけ、ゴールまで導いていく「力」そのものである。彼らは、クリエイターのように目に見える何かをつくっているわけではない。目にみえないエネルギーで、作品の一部を担っている。プロジェクトのゴールを見定め、そこに向けてスケジュールを管理し、スタッフが働きやすい環境を整え、問題点を見つけ、解決にあたる。ミクロとマクロの視点を同時に持ちながら、クリエイティブを牽引しているのだ。

——————————————–

左脳的働きでデザインの可能性を広げる good design company 水野由紀子

gdcのプロデューサーは単なるマネージメント的立場ではなく、クリエイティブ自体にも積極的に介入しているのが大きな特徴だ。
「普段からプロデューサーは、デザイナーやクリエイターの”フォロー”役という立場ではなく、プロデューサー自身も完全に”クリエイターの一人”という意識で振る舞い、考え、仕事をしています」と由紀子氏。

「水野は常々”アートディレクターとは、経営者の右脳である”と言っています。優秀な経営者の方は、右脳的なことも実はやれたりするのでしょうけど、左脳的な部分(経営や数字のこと)だけでも大変なのに、右脳部分までを全て一人でやるのは非常に大変。そこでアートディレクターが右脳部分を専門に引き受け、二人三脚でブランドを構築していくべきである。また、クライアントからいわれたものだけをつくるのではなく、求められている以上のものを提案したいというのが水野の考え方です。」

組織図にいえば、水野氏、その下にプロデューサー、さらにその下にデザイナーがいるという図式だ。
「デザイナーがプロデューサーの下、という意味ではないのですがアートディレクターとプロデューサーがチーム。プロデューサーとデザイナーがチーム、という意識で仕事を進めています。もちろん、アートディレクターとデザイナーとの距離が遠い、という意味ではありません。社内打ち合わせでは必ず3者で話をしますが、そこに至るまでの進行はプロデューサーが潤滑油となって進めています」

——————————————–

クリエイターの権利を守る GRAPH 鶴見樹里

GRAPHには、ほかのデザイン事務所におそらくあまり見られないであろう知的財産権(以下、知材)管理部門という部署が存在する。
「この部署は、CIやロゴマークなどデザインしたものが世の中に出た時に、クライアントのビジネスツールとして最大限活用できるかどうか知財面から見ていくセクションです。クリエイターがデザイン作業に入る前に、クライアントが考えているブランド名や商品名に法的視点で問題があれば、その解決策をこちらから提案させていただく場合もあります」

アパレルの分野において商標登録を取らずにロゴをつくってしまえば、類似品が出回るケースが容易に考えられる。”color”に込められたコンセプトを活かしたまま登録できる方法はないものか、三者でブレインストーミングを重ねていき、ある結論にたどりついた。
「”color”の頭文字 ”c”を”k”にしてはどうかと提案しました。”k”にすれば読み方は希望通り”カラー”のまま、表記のみ”kolor”にすれば造語なんおで識別性のある文字になり、商標権か得られる可能性がでてくるという発想です」

著作権は本来、文化の発展のためにつくられたものです。そしてクリエイターは自分たちがつくったデザインに著作権があるのかどうか、把握しておくことは必要なことだと思います。

——————————————–

クライアントとゴールを共有するために SAMURAI 佐藤悦子

サムライがロゴマークのみの依頼を受けていないのは、ロゴマークは単に形をデザインするだけのものではないと考えているためだ。ロゴマークとは、企業や団体のあるべき姿をビジュアル化したものであり、その具体的な形をつくり上げるまでには、クライアントと議論を重ねてゴールイメージを共有していく必要がある。さらに、出てきた課題をクリアにしていき、実際にゴールに向かっての施策を重ねながら、その活動や理念の最終的なアウトプットとしてのロゴマークに仕上げていくのだ。

サムライの仕事は、クライアントと真のパートナーとなり、「結果に対しても誠実に向き合う」というスタイルで行なう。クライアントがクリエイティブの必要性を感じ、サムライの考え方に共感してもらえるのかどうかを悦子氏は丁寧に見極めていくのだ。

通常サムライに仕事の依頼があった場合、まず悦子氏が窓口となる。一人でクライアントに会い、サムライが引き受けるべき仕事であるかどうかを見極めるのだ。このプロジェクトの内容や納期、予算、クライアント側の体制などの諸条件。さらに、先方が考えているビジョンなどを理解し、それに対してサムライがお手伝いできることがあるのかどうかを慎重に見極めていきます。

「多くの方は、デザインされた表面的な形だけを見て、”売れる形”や”ヒットする形”を求めます。でも、それは最終的なアウトプットの一つであり、重要なのはそこに至るまでのプロセス。それがいかに長い道のりでも、大きい比率を占めているかきちんと理解していただくことも重要なポイントです」

——————————————–

世界で戦うクリエイティブに添うマネージメント カイカイキキ 笠原ちあき

「村上は若いアーチストの養成をアスリートに例えますが、村上自身は、テニスならウィンブルドン、ゴルフならマスターズの優勝争いをつねにしているようなトップアスリートなんです、。なので、”集中する” “リラックする” “ミーティングする” そんなアーティストの変化にこちらもきちんと対応し続けないと、アーティストの活動のバランスを崩してしまいます。マネージメントにも独自のコツが必要なんです」
が、村上氏の求めるクオリティにスタッフがすんなりついていけるわけでもないという。ゆえに、村上氏は外部から見ると異常とも思えるほどのマイクロマネージメントを行い、日々苛立ち、叱咤しながらスタッフ全員を引っ張っているそうだ。
「村上は、全責任を負って表舞台に立ち続けています。”自分は猿回しの猿として踊っている”と言うことがありますが、これは自嘲的な言葉ではなく、目先の見栄やプライドは捨てて、踊るべき時には踊ってやるという、覚悟を持った言葉なんです。そういった姿が日本では誤解されて見える部分もあるのですが、彼が見ているのは未来への革命であり、そのために自分が何をやるべきなのかがブレなく分かっているんです」

業務は原則的に全て村上氏の判断を経て進行するのだが、村上氏へのプレゼンルールも徹底されているという。「ビジュアル付きシート」の作成をしなければならないのだ。
「展示のパターンなどはもちろんですが、村上が判断・確認する項目は全てビジュアルで表現していなければなりません。文字もPCの打ち文字ではなく、手書きでなければいけない。うまい下手は関係なくて、相手にわかりやすく伝える努力をしているか、村上はその人の姿勢を見ているようです。口頭で補足説明しなければいけないようなレベルでは駄目で、とにかく見ただけで全てが理解できるように考えて工夫してつくらなくてはならないんです。

Link: クリエイティブ・マネージメント―「デザイン」を広げるプロデュース術
BOOK LOG一覧はこちら

矢部正秋の「プロ弁護士の思考術」を読む。

7つの章から構成されるプロ弁護士の思考術。
本のタイトルにひけを取らない具体的な対処法やアドバイスが
ぎっしり詰まっている一冊。

海外のクライアントに悩まされることが多いなか、
本書が与えてくれた様々な「気付き」はとても有り難い。

以下気になったメモ:

・プロ弁護士の思考術を大きく7項目に整理すると以下の通り
 1)具体的に考える「話の根拠を選りすぐる」
 2)オプションを発想する「考えもしなかったことを」考える
 3)直視する「疑うことで心を自由にする」
 4)共感する「他人の正義を認めつつ制する」
 5)まさかを取り込む「不運に対して合理的に備える」
 6)主体的に考える「考える力」と「戦う力」を固く結ぶ
 7)遠くをみる「教の実りを未来の庭に植える」

・具体的に考えるということは、曖昧を排除していくこと。
 様々な概念を結合して判断し、推理することをいう。思考する能力は、知性、理性と呼ばれ感情や意思とは区別される。われわれが「考え」と称するものの多くは、漠然としたアイディアや雑念にすぎない。アイディアなどは誰でも浮かぶものである。具体案を発想することこそ難しい。考えることは人間の本性の自然な発露ではなく、むしろ反する行為なのである。考えるためには、精神の飛躍が必要である。

・日本流の契約書は一般に極めて短く、いわば取引の大枠にすぎない条項しか盛られていない。「双方協議して定める」「相互に協議する」「互譲の精神で解決する」旨の記載がある契約書を、日本人は特段不思議とも思わない。このような曖昧な日本流の契約は、相手が完全に信用できる場合でないと無意味である。

・米国流の(ライセンス契約)では、(ライセンスする特許の番号、ライセンス地域、ロイヤリティーの額、ライセンス期間に続き)、つぎのようなこまかい条項が続く。
 1)対称製品の製造数、販売するの報告義務
 2)ライセンシーの営業所への立ち入り調査権
 3)ロイヤリティー報告に虚偽があった場合のペナルティー
 4)ロイヤリティーを送金する場合の為替の換算法
 5)当事者間に争いがあった場合の管轄裁判所
 6)英文契約書と翻訳文に齟齬があった場合に英文を正文とする旨の定め

・手順を考えることは理性で考えること。
 人間は一般に、理性より感情に基づいて行動する。感情は具体的思考となじまない。従って、具体的な手順を考えることは、理性の入口に立っているということである。感情は具体的に物事を考えることで整理される。具体的に考えると、現実的になる。精神論のような粗雑な思考が入り込む余地がない。

・イエス・ノー思考を頭に居着かせない。
 世間は短絡的で、単純を好む。単純化の最悪が「ヒトラーの二分法」である。二分法は、デマゴーグが大衆を操作し、反対社を排除・粛正するために、歴史的にも繰り返し使われてきた。敵か味方か。右か左か。白か黒か。善か悪か。改革か抵抗か。物事を二者択一の、いずれかに分類してしまう。二分法は人間の本能に強烈に訴えるので、俗受けがしやすい。大衆にアピールしやすいため、あらゆる世界において、あらゆる人間が陥る病理現象である。

・オプションを発想する −ひらめかない時の処方箋 -感情の縛りを解く方法
 人は困難に直面すると、他人を責めるか、自分を責めるか、運命を呪うかのいずれかである。大切なのは、他人を責めることでなく、自分を責めることでもない。多数のオプションを発想することに意識を集中することである。オプションを考える際に最も大切なのは、組織的、体系的に発想することである。
 1)極端なオプションから現実的なオプションまで、
   網羅的に多くのオプションを出す
 2)常識も価値観も一度は捨てて、極端なオプションも発想する
 3)自然に頭に浮かんだ対応策だけでなく、
   上下左右のあらゆる角度から考える
問題に成功裡に対処するには、この手順を踏んだ上で、優先順位をつけ、対策を実行することが必要である。

・共感する「他人の正義を認めつつ制する」
 自分の意見も多くの意見の一つに過ぎず、「正しい意見」とはいえない。そう自覚するのは、自信がないからではない。いや、自分の考えに自信を持っているからこそ、他人の意見に耳を貸すことができるのである。自信のない人ほど、他人をあしざまに非難したり、自分が正しいと声高に叫んだりするものである。

・遠くをみる「教の実りを未来の庭に植える」
 転機は3ヶ月ごとに訪れる。事件でも同様である。私の経験からいうと、おおむね3ヶ月、6ヶ月が転機となることが多い。最初の3ヶ月以内に決着できないと、紛争は長期化する。さらに、その後3ヶ月(合計6ヶ月)をへても解決しない紛争は、泥沼化する危険性が高い。だから、3ヶ月後を見通すことが大切である。「今ここで妥協しなければ3ヶ月後にはどうなるか」を考える。紛争が長期化、泥沼化した場合の不利益をあらかじめ考えておく事が有益である。

Link: 矢部正秋の「プロ弁護士の思考術」

BOOK LOG一覧はこちら

Tagged with:
 
Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.