Currently viewing the tag: "表現"

 

阿川佐和子の「タタタタ旅の素」

 

阿川佐和子の「タタタタ旅の素」を読みました。

 

文書から読み取れる阿川佐和子さん、とてもステキな感じの方だなあ、と。

 

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

たしかにおっしゃるとおり。
旅先で得た情報というのは、とかく大袈裟な場合が多いものである。にもかかわらず、大袈裟ゆえに、あとあとまで記憶に残り、固定概念となって定着してしまう。

 
——————————————
 

いつのまにやら椎茸もタケノコも蕗(ふき)も好物となった。人間の味覚はみごとに変化するものだ。釜めしを食べるたびにそう思う。

 
——————————————
 

シンガポールへ行った。日本と時差が1時間しかないのに、成田から飛行機で7時間近くかかるなんとなく近いというイメージがあるけれど、案外遠い。

 
——————————————
 

普段、社内で紳士に見えた人々が、浴衣姿で酔ったとたんに、すっかり本性を表すものかと驚いた。考えてみれば、『みんながやれば怖くない』国民が、『旅の恥はかき捨て』と思いつつ、お酒をたっぷりゆっくり召し上がるのだから、どういうことになるかは、おのずとわかりきっている。

 
——————————————
 

思い立ったが吉日である。思い立つ日は、人生でそう多くない。
「よし、行こう!」

 
——————————————
 

私は思いの外ケロリとしている兄の姿と、その兄をなかなか見所があるといった風情で受け入れる父の様子を見比べながら、少しだけ嫉妬したのを覚えている。

 
——————————————
 
家元を離れてしまった今、したくてもできない旅が、家出である。

 
——————————————
 

「はい、奥から順につめてください。席を空けないように、どんどんつめて」
拡声器で先生が呼んでいる。なんだか養鶏場のにわとりになった気分で、与えられた食事を胃袋に突っ込み、これを京都の味というにはあまりにみじめと思いつつ、お寺見学開始の覚悟を決める。

 
——————————————
 

「いやあ、岡山って思っていたよりずっと近いですねえ」
目的地で感想を述べると、
「そりゃアンタ、新幹線でずっと寝てたんでしょ。寝てたら近く感じるよ。起きてた時間しか距離を感じないからねえ」
図星を指されて驚いた。そういうものらしい。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

» 阿川佐和子の「タタタタ旅の素」
» BOOK LOG一覧はこちら

 


booklog

 

Tagged with:
 

 

“Dye: She’s Bad” by Dent de Cuir

 

 
映像のストーリーはさておき、この表現方法、紙モノでは使い古された表現ですが、動画になるとなんだか新鮮に感じませんか?

 


link: NOWNESS

 

Other Creative CHECK posts
Facebook Creative CHECK

 

Tagged with:
 

佐々木圭一の「伝え方が9割」を読みました。久しぶりにオススメ度の高い本に出会うことができました。本の内容のみならず、その書かれた目的、そして本の構成も上手くまとまっているなー、と関心してしまいました。

今まで以上に個人の伝え方を磨く必要性が高まった時代において、プロのコピーライターが苦労して身に付けた方程式をたった1400円で習得することができると考えると、とっても安い!これはお買い得でっせ〜、旦那!必ずしもクリエイティブの仕事をしている人でなくても充分日常生活で役立つと思います。ということでぜひ、手に取って読んでください。

以下、「引っかかり」のあった言葉と本の構成メモ:

世の中大勢の伝え方は、温泉でお気軽ピンポンをやっているレベルです。つながるし、一応ピンポンにはなっている。その状態をチャンスととらえ、あなたがコツを身につけることで、温泉のピンポンとは明らかに一線を画すことができます。(中略)この本の目指すところは、狙って毎回(言葉のスマッシュを)打てる人になることです。人生の決めどころで、狙ってスマッシュを打てるようになる。しかもそれは、現実にできることなのです。今こそ学ぶチャンスです。他の人はまだそこに気づいていません。

————————————–

この現代ほど、個人発信が力をもった時代もかつてありません。変化を一番実感しているのはあなた自身ではないでしょうか。あなたは今まで受け手だったのが、とつぜん発信者になったのです。この変化には2つの理由があります。「組織へのうたがい」「情報の洪水」です。

「組織へのうたがい」は、企業や政府などの組織はいいことしか言ってないのではないかと疑う気持ちです。震災での政府や一部企業の対応も「組織は信じられない」という世の中の空気に拍車をかけました。人はどんどん裏読みするようになり、「企業が語ることを、そのまま信じないぞという空気が世の中にでてきました。

「情報の洪水」は、WEBの普及により、あまりにも情報が増え、人が処理できる量を超えてしまったことをさします。人は自分の周りにあるすべての情報を追うことができなくなりました。そこで知っている人、特定できる個人のコトバ以外をシャットアウトする状況になったのです。

————————————–

「ノー」となるはずだったお願いを「イエス」に変える3つのステップ

・1)頭で思ったことをそのまま口にすることはやめる
・2)相手の頭の中を想像する
・3)相手のメリットと一致するお願いをする
 =「驚くほど旨いパスタの店があるんだけど、行かない?

————————————–

「相手の頭の中を想像する」ときの、とっておきの7つの切り口

・1)相手の好きな事 
  「デートしてください」→「驚くほど旨いパスタどう?

・2)嫌いなこと回避 
  「芝生に入らないで」→「芝生に入ると、農薬の臭いがつきます

・3)選択の自由
  「デートしてください」→「驚くほど旨いパスタの店と、
   石釜フォカッチャの店とどちらがいい?

・4)認められたい欲
  「残業お願いできる?」→「きみの企画書が刺さるんだよ。
   お願いできない?

・5)あなた限定
  「自治会のミーティングに来てください」→「他の人が来なくても、
   斎藤さんだけにはきてほしいんです

・6)チームワーク化
  「勉強しなさい」→「いっしょに勉強しよう

・7)感謝
  「トイレを汚さないで」→「トイレをキレイに使っていただき、
   ありがとうございます

————————————–

世の中の情報量は10年で役530倍になった。感動のないコトバは無視される時代。ただでさえ溢れている情報の中で、個性のない普通のコトバは無視されるどころか、なかったものとして扱われます。そんなコトバは深夜に通り過ぎる貨物船です。(省略)同じ内容であっても、強いコトバと弱いコトバがあるのです。(省略)「強いコトバ」=心を動かすエネルギーのあるコトバ、をどう生みだすか?その方法はジェットコースターの原理と同じです。コトバに高低差をつけてあげればエネルギーは生まれるのです。例えば「あなたが好き」より「嫌いになりたいのに、あなたが好き」の方が高低差があります。

————————————–

<強いコトバをつくる5つの技術>

1)サプライズ法:サプライズ「!」でエネルギーを増やす。
 超カンタンだけどプロも使っている技術。
 「京都へ、行こう。」→ 「そうだ 京都、行こう。

2)ギャップ法:スタート時点を下げてギャップをつくる。
 オバマ氏、村上春樹氏も使う心を動かす技術。
 「あなたが好き」→「嫌いになりたいのに、あなたが好き。」
 「これはあなたの勝利だ」
  →「これは私の勝利ではない。あなたの勝利だ。

3)赤裸裸法:体の反応を赤裸裸にコトバして心を動かす。
 あなたのコトバを、プロが書いたように変える技術。
 「あなたが好き」→「くちびるが震えている。あなたが好き。

4)リピート法:リピートでエネルギーを増やす。
 相手の記憶にすりこみ、感情をのせる技術。
 「毎日、ぼくらは鉄板の〜」→「毎日 毎日 ぼくらは鉄板の〜♬

5)クライマックス法:いきなりメインの話でエネルギーを増やす。
 寝ている人も目を覚ます。
 →「これだけは覚えてほしいのですが、

Link: 佐々木圭一の「伝え方が9割」
BOOK LOG一覧はこちら

Tagged with:
 

恩田陸の「Q&A」を読む

Q&Aの形式だけで進行していくミステリー。
大型商業施設で発生した重大死傷事故の原因解明を、ほぼQ&Aの形式だけで進行していく表現方法は確かに興味深い。

Q&Aだけの会話進行を読者に分かりやすく伝えるために、質問をするQ側はカッコなしで表現、A側はカッコありで表現されている。この文体を実現するために色々な工夫がなされていることが読み取れる。

でも、やっぱり個人的には、この形式は読みにくくて、特に前半部分はイライラした。普通の小説なら一気にプロットの説明を済ますことができるのに、Q&Aの制限の中ではかなりの遠回りを強いられるのがその理由だと思う。

とはいえ、実験的な映像として、1対1のやり取りを(例えばシメトリーな空間の中で)淡々と、でもテンポ良く演出していけば、面白い映像ができあがりそうな気がしないでもない。

Link: 恩田陸の「Q&A」
BOOK LOG一覧はこちら

Tagged with:
 
Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.