Currently viewing the tag: "言葉"

「私たちの住む家は大きくなったが、家族は小さくなった。ますます便利になったが、時間はますますなくなった。学位は多くなったが、分別は少なくなった。知識は向上したが、判断能力は衰えた。専門家は増加したが、問題が増加した。薬は増えたが、健康な人は減った。私たちははるばる月までも往復したが、新たな隣人に会うために通りの向こう側にすらなかなか行けない。私たちは複製品を作るためにこれまでないほどに情報を保有するコンピューターを作ってきたが、それでもコミュニケーションは減っている。量は十分増やせたが、質は不足している。ファーストフードの時代で食べるのは早いが、消化は遅い。男女とも背丈はかっこよく伸びたが、性格には欠点がある。利益は大幅に増えたが、その人間関係は少しも深くない。今の時代は、窓の外側には多くがあるが、部屋の内側には何もない。」

 by ダライラマ

Tagged with:
 

千田琢哉の「ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉」を読む。

15のテーマで分類され(例えば、仕事、恋愛、お金、決断など)、合計101の言葉とその紐解きの解説からなる構成。
シンプルではるものの、ピンときた言葉が結構あった。

・迷ったなら、すぐに評価されないほうを選ぶ。
 辛い選択肢にもかかわらず、甘い選択肢とあなたの心の天秤では同等に釣り合っているからだ。

・一緒に仕事をするか否かは、100%好き嫌いできめていい。
 企画の調整なんて後からいくらでもできるが、パートナーの変更は困難だ。

・仕事が早い人ではなく、早くスタートする人が成功する。
 
・同じ会社から3人以上でゾロゾロやってくる人は二流。
 伸びる会社の訪問者はいつも一人。

・人間にとって一番かけがえのないものは、圧倒的な自由。
 古今東西問わず、自由を得るために今まで人間は多くの命を犠牲にしてきた。

・「いい出逢いがない」と言う人は、いい出逢いの前で相手にされない。

・「自分には守るものがある」というセリフは、大統領になってから言う。

・あなたの過去は、未来で上書きすることができる。

・どんな大きな悩みでも、すでに誰かが経験している。

BOOK LOG一覧はこちら

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.