Currently viewing the tag: "警察"

 

 

いまから20年以上前の1999年8月1日渋谷。

当時ミュージックビデオ制作を担当していたストリートバンドTomiyaStのパンクなハプニング。

渋谷でストリートライブを行うものの、警察に止めに入られる。

その時TomiyaStが取った行動に観客が沸いた‼️

そんな模様をファインダー越しに淡々と撮影していた、これまたパンクな映像ユニットSusllerz。熱い夏だった

 

関連映像
【記録映像】1999年の渋谷「とみやSt」〜まだハチ公前でストリートライブができた時代のこと

 

 

#とみやSt #1999年の渋谷ハチ公前 #ストリートライブ

 

今野敏の「最前線」

 


今野敏の「最前線」
を読みました。

 

久しぶりの今野敏の東京湾臨海署安積班シリーズ

男気溢れる作品
ところどころに気になるフレーズが散りばめられている

 

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

村雨はただ優秀なだけなのだ。ただそれだけだ・・・。
事件のあらましを読んで、暗澹とした気分になった。被害者と高野たちのグループは過去に何の関わりもなかった。

 
——————————————
 

「子供を遊園地に連れて行ったり、旅行に連れて行ったりするのは大切かもしれない。でも、もっと大切な父親の役割ってあると思う。それを最近の父親は果たしていない」
「何だ、それは」
「生き様をみせること」

 
——————————————
 

竹の塚署ができて、綾瀬・西新井署が楽になったかというと、実はそうでもないといいう話を、桜井は聞いていた。どういうわけか、警察署が増えると犯罪もまた増える。つまり、それまで手が回らなかった犯罪が表面化してくるわけだ。警察官の仕事は、増やそうと思えばいくらでも増えるのだ。

 
——————————————
 

「そんなに大変ですか?」
「一日で嫌になった」
大橋は言った。「二日で、ここは地獄だと思った。三日で辞めようと思った。だが、一週間いると慣れてきた。人間というのはおそろしものだな。一ヶ月が過ぎると、他の部署が退屈そうに見えてきた」

 
——————————————
 

もしかしたら、演技なのかもしれないと、安積はときどき思う。彼はある時期、振る舞いをテレビドラマや映画から学んだのかもしれない。
彼の反応はときに、大げさで類型的だ。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 


» 今野敏の「最前線」

» BOOK LOG一覧はこちら

 


booklog

 

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.