Currently viewing the tag: "creative check BRANDING"

 

アロハ〜

先日、日本から友人が遊びに来て、一緒に近所のスーパーに行ったときのこと。
私のある行動がどうやらショッキングだった模様。

それは、
卵を買う前に、パックを開けて、中身が割れていないか確認する、という行動。

 

ママ ハワイ

 

もう今じゃ当たり前なんだけど、確かに日本にいたときはしなかったなー笑

だって本当に割れてるんです、見事に。それもかなりの確率で。
2個3個は当たり前。ぱっと見て割れていなくても、下半分が割れていることもしばしば。
なので、パックを開けて、ひとつひとつちょっとだけ動かして、動けばOK。
動かなければ、下が割れてるということで、アウト!笑

他にもあります、ハワイのスーパーあるある。

 

あるある①
パイナップルが99c!?やっすぃ!!!と思ったら、野菜や果物の値札は1lb(パウンド)あたりの値段表記。ひとつ99cというわけではありません。あーびっくり。

 

あるある②
ハワイのぶどう、おいしいんだけど、時々びっくりするほど酸っぱいのがあったりします。なので、ぶどうを買う時は、袋から一粒試食して一番おいしいのを買うべし。大体「試食してください♪」と言わんばかりに袋が開いているので、簡単に試食できます。笑 大丈夫。怒られませんよー。

 

あるある③
こんなに野菜やら果物やらを直に積んじゃって大丈夫なのか??と思うような陳列。
このゴロゴロ陳列されている感じがアメリカンでワクワクするんですけどねー。でもやっぱり絶対に下の方は傷んでいる、、と思います。笑

 

ママ ハワイ

 

あるある④
通路に人がいて、何も言わずに後ろをそーっと通ったら、その人にちょっと当たっちゃった・・・”Sorry”と普通に謝ったけど、「Say “EXCUSE ME”(エクスキューズミーって言いなさいよ)」と怒られた・・。そう。日本だったら、小さい声で「すみませぇん・・」と言いながら後ろをそーっと通る、のが何となく当たり前ですよね。こちらは、通る前にきちんと「Excuse me.」と言ってどいてもらってから通るのがマナーのようです。

 

あるある⑤
レジが結構混んでいる、、のに、レジのおばちゃんとお客さんがずーっと楽しそうにしゃべってる・・・・よくある光景です。けど、ここでイライラしちゃぁいけません。なんなら、その会話に入り込んじゃって。笑
ハワイアンタイム♪

レジの人がお客さんに必ず声をかける決まり文句があります。それを知っておくと、レジの人と会話ができて、なんかちょっとローカル気分を味わえるのでちょっとご紹介♪

 レジの人  Hello, how are you doing today?
 あなた Good, thank you. How are you?
 レジの人 Great! Everything find OK?
 あなた Yes, I think so.

 → レジ打ち終わって、最後に・・・

 レジの人 You need help out?
 あなた ヘルプ必要な時 Yes, please.
 要らない時 No thanks. I’m fine.

 

あるある⑥
そして何と言ってもやっぱり大きな大きなカート!
小さな子供用のこんなカートもあります。ふたりでドライブできるから、兄弟で乗ることもできて結構便利ですよー。ただ、思ったより長いので、人にぶつからないように注意してくださいね。

それから、カートの荷物乗せるところに子供を乗せちゃっても、誰にも怒られない。ってのも日本とちょっと違うかも。

カートが大きいから、乗れる子供の数も多い。笑 
この間は高校生くらいの女の子が中で座って携帯いじってましたよ。笑

 

ママ ハワイ

 

と言った感じで「ハワイのスーパーあるある」知っとくと、ちょっとローカル気分で買い物できるかも??

なんかまだまだありそうな、スーパーあるある、また気づいたらアップしまーす♪

今日もまたいい日になりますように♪

Mahalo!!

 

banner

*ハワイ好きママ達のための新企画「Mama’s Hawaii」を展開中です

 » Mama’s Hawaii ホームページ

 

 

A 15 seconds breeze of Aloha, brought to you from Hawaii.
ハワイからお届けする、15秒のアロハの風

 


Contact Aloha Branding for Contents Production in Hawaii.
ハワイのコンテンツ制作ならアロハブランディングまで。
http://alohabranding.com/

 

Tagged with:
 

川島蓉子の「ブランドのデザイン」を読む

仕事でちょうど大きなブランディングのプロジェクトに関わっているので、再び読みなおした本。
多少、本書籍で取り上げているブランドに偏りがあるこで(一つずつ掘り下げるからしょうがないのだけど)、広告屋さんの実績本みたいな印象を受けたものの、今でも共通する気になるポイント多々あり。今回のプロジェクトに活かしてみようと思う。

「パッケージと商品はセットになって記憶される」

(ブランドとは)「一貫した美学を提案し続けるべき・・・ロジックだけで詰めていくと、誰からも文句が出ないつまらないものになってしまう」

「今の時代における「なるほど」を提案する・・・モノの有り様に変化が起きている。モノと人の関係性、あるいはモノと空間の関係性の中に、新しい必然を見つけようとしているのが、今という時代」

また同時に思ったのが、やはりブランディングは企業のブランドマネージャー程度のレベルとの会話では成立しない(厳密に言うと継続が難しい)くらい、社会性を問う仕事な訳であって、長く続くブランドを作る為には、企業のトップと直接向き合って、精神を繋げることが必要不可欠なんだと。

BOOK LOG一覧はこちら

Yep! That’s one way to Brand the strength of Newspapers. You won’t realize what is happening outside when you have a newspaper in you hands.

新聞の持つ強みを伝える一つの演出方法。新聞って「集中」して読むよね〜、ってことを演出して伝えるとこうなる訳ですね(笑)

Tagged with:
 
Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.