Currently viewing the category: "creative check BRANDING"

 

 

スピーチの中身が何もなくても、TEDのスピーカーのような知的な印象を与えることができる、というプレゼン。

Link: TED

 

Other Creative CHECK posts
Facebook Creative CHECK

 

Tagged with:
 

 

現代の情報過多社会において、情報伝達を行なうためには、いままで以上に「分かり易く・直感的に情報を伝える」ことが求められるようになりました。

 

ピクトグラム映像

 

佐々木圭一著の「伝え方が9割」でも記されています通り、世の中の情報量は10年で約530倍になりました。

 

info

 

現代の社会において情報の受け手は、情報を「遮断する」ところからはじまります。

情報に耳を傾けてもらうためには、知人やアンバサダーを通じて情報がシェアされることが必要不可欠となりました。

われわれ企業としては、伝えたい情報を限りなく削ぎ落とし、可能な限り「直感的に伝達する」ことが重要になってきました。

 

navigator

 

そんな背景の中、アロハブランディングでは、制作ニーズが大変な勢いで高まってきているより分かり易く・直感的に情報を伝える「ピクトグラムを用いた映像制作」をパッケージ化いたしました。ぜひ、ご活用ください。

 

 

Link: アロハブランディング Slide Share

 

 

 

タグラインを「Hungry?」 から 「Hungry to win?」 に変えるだけで、表現の幅が広がります。

 

Other Creative CHECK posts
Facebook Creative CHECK

 

 

 

大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2014年4月26日、東京都千代田区の東京本社敷地内に戸建住宅体感施設「TRY家Lab(トライエ・ラボ)」をオープンします。

 

当社は、2002年4月に、当社の技術や最新住宅設備を体験できる施設として「D-TEC PLAZA(ディーテックプラザ)」をオープンさせ、のべ13,000名(※1)のお客さまにご来場いただくなど好評をいただいていました。

そしてこのたび、「注文住宅の『試着』」を新たなコンセプトに、「D-TEC PLAZA」を改装し、日本で初めて(※2)戸建住宅の体感型施設へ導入されるヴァーチャル技術を用い、お客さまへ提案中の間取りを体感できたり、住宅の技術・知識などを楽しみながら理解できる施設として「TRY家Lab(トライエ・ラボ)」をオープンすることになりました。
※1.2002年4月27日~2012年4月末までの延人数。
※2.当社調べ。

 

●コンセプト 

5つの展示で注文住宅を「試着」する

 

●ポイント

1.ヴァーチャル技術で住まいの疑似体感「トライエ ヴァーチャル」
2.未来と過去の地震体感シミュレーション「トライエ シミュレーション」
3.エコな暮らしの理解を深めるスペース「トライエ エコロジー」
4.各種テクノロジーの比較体感ブース「トライエ テクノロジー」
5.各種商品の構造躯体を一挙に展示「トライエ ストラクチャー」

 

●コンセプト背景

「注文住宅は一生のうちで一番大きな買い物」と言われているにも関わらず、お客さまの理想の家をゼロから創るという商品の特性のために、衣服の「試着」や自動車の「試乗」のように、建てたいと思う住宅を試すことができませんでした。

そこで、いままで世の中に存在しなかったマイホームの「試着」を実現し、これからの家づくりの常識に変えていくことが、今の時代の注文住宅に必要であり、様々な価値を提案してきた当社がやるべきことと考えました。

 

●施設の特長

 

1.「トライエ ヴァーチャル」
ヴァーチャル技術で「住まいの疑似体感」スタジオ

 

TRY家 トライエ

 

「トライエ ヴァーチャル」では、戸建住宅の体感型施設への導入は日本初となるMR(Mixed Reality)技術(※3)により、お客さまは、当社が提案中の間取りの中にいるような疑似体験ができます。

スタジオ内に多数設置したセンサーにより、ヘッドマウントディスプレイに映し出されたヴァーチャルプランとお客さまの動きを融合させることで、まるで自分が家の中で動き回っているように見え、部屋の広さや内装の色などを体感できます。スタジオ全体を「緑」にすることで、CGと実写を合成する演出が可能となり、提案中の住宅の前でご家族の記念撮影をしたり、擬似体感中の映像にお客さま自身やご家族を映しだすことが可能です。

また、建設予定地での季節や時間帯による日差しの変化・カラーバリエーション・間取りの変更もその場で反映させることができます。

さらに、3Dプリンタを導入し、ご提案中の住宅の模型(1/100サイズ)を製作し、お客さまへプレゼントします。これにより外観デザイン及び間取りの立体的な確認ができます。

これらにより、お客さまのそれぞれ異なるケースに対応したオンリーワンの体感が可能です。

※3.キヤノン株式会社が提供する現実世界と仮想世界をリアルタイムで融合する3D映像技術。

 

2.「トライエ シミュレーション」
未来と過去の地震体感シミュレーション 

 

release_20140422_05

 

「トライエ シミュレーション」は、お客さまの住所を入力することで、お住まい付近(※4)で将来発生する可能性がある地震を、揺れだけでなく映像や音と共に体感することができる、日本初のシミュレーションシステムです。これにより、お客さまそれぞれのお住まいの環境に合わせた地震を体感できます。

また、過去に発生した地震では、阪神淡路大震災の際にJR鷹取駅で記録された、観測至上最大の地震波(震度7に相当)も再現し、体感いただくことができます。

※4. 関東圏の場合、「丁目」まで絞り込むことが可能です。関東圏以外の場合は「県庁所在地」のみになります。

 

3.「トライエ エコロジー」
エコな暮らしの理解を深めるスペース 

 

release_20140422_06

 

「トライエ エコロジー」では、エコな暮らしに関するクイズに答えながら、断熱性能効果や環境アイテムの効果などを、理解することができます。お子さまでも理解できる内容となっており、どなたでも楽しんで学ぶことができます。

また、当施設のパンフレットに記載したサイトにアクセスして、「環境アイテムナビゲーター」の簡単な質問に答えるだけで、太陽光発電システムやリチウムイオン蓄電池など、お客さまの住まい方にあった環境アイテムを診断することができます。

【環境アイテムナビゲーター URL】
http://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/kankyonavi/

 

4.「トライエ テクノロジー」
各種テクノロジーの比較体感ブース 

 

release_20140422_07

 

「トライエ テクノロジー」は、当社住宅の断熱・防水・遮音・耐震性能についての展示と、性能の特長がわかる簡単な実験を通して、住宅を検討するお客さまが「性能を選ぶ基準」を理解できるスペースです。

 

5.「トライエ ストラクチャー」
各種商品の構造躯体を一挙に展示 

 

release_20140422_08

 

「トライエ ストラクチャー」では、2階建商品「xevo(ジーヴォ)」「xevo Σ(ジーヴォシグマ」、3階建商品「xevo03(ジーヴォ・ゼロサン)」、4・5階建て商品「skye(スカイエ)」、木造商品「xevo GranWood(ジーヴォグランウッド)」の実物大の構造を展示しています。

当社の多様な商品バリエーションを構造躯体から比較することができます。

 

●施設概要
名  称  :「TRY家Lab(トライエ・ラボ)」
所 在 地  :東京都千代田区飯田橋3-13-1
営業時間  :10:00~18:00(火・水曜日定休)
予約方法  :全国の住宅営業所へご連絡ください。(予約制)
敷地面積  :8,749㎡ (大和ハウス東京ビル含む)
延床面積  :1,579㎡
構  造  :SRC造 地上2階建
駐 車 場  :有り
見学時間  :団体向け約90分、個人向け約60分
来場目標  :年間5,000名

 

Link: ダイワハウスのプレスリリース記事
Link: プレスリリースのPDFはこちら
Link: テレビ東京紹介
Link: 日本経済新聞
Link: 時事ドットコム

rollgifs

http://rrrrrrrroll.tumblr.com/

・Vine の出現によって、短い映像やループ映像に注目が集まる。
・GoProなどによって、1秒60フレーム等のコマ撮りが容易になった。

そんな背景がこういうトレンドをつくるのかもしれませんね。
普通の静止画像よりインパクトありますよね。

 


Creative CHECK

Tagged with:
 
Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.