Currently viewing the category: "creative check CONTENTS"

 

この感動はどこからくるのだろう?

不思議な感覚になる

絵に奥行きが生まれる

 

 

 » Other Creative CHECK posts
 » Facebook Creative CHECK

 

 

Trailer just debuted.
Star Wars Episode 7- The Force Awakens

スターウォーズ、エピソード7のトレイラーが公開されました!
The Force Awakens

 

 

このトレーラーの主役は、もはや完全にハリソンフォード(笑)

 

» Other Creative CHECK posts
» Facebook Creative CHECK

 

 

12月も半分きましたね。

もう日本は完全に師走に突入ですか?
忘年会と称してどうどうと飲める、いいじゃないですか〜。

さて、僕はと言えば、こうして常夏ハワイ(一応、雨期と乾期はありますが)にいながら、基本的にはオフィスに籠って仕事をしているので、本当に季節感がない、というか、時間の流れ自体をあまり感じない生活が続いています。

あるプロダクションの社長に、その生活はまるで、ドラゴンボールの「精神と時の部屋」ですね、と例えられて、その時は二人で笑ったのですが、後で振り返ってみると妙に腹落ちして、そのあと一人でちょっぴり反省しました。ハワイにいるのにもったいない・・・。

確かにこういった「季節感のなさ」、「時間の経過感のなさ」は、すでにテーマが決まっている作品を執筆する時間に使ったり、クライアントの企画づくりに集中する時間に使ったりするにはとても良いのですが、たまに没入感が深すぎて、ふと気がつくと何か大事なことをどこかに置き忘れてきているような感覚に陥ることがあります(苦笑)

そして、今年も懲りずにそんな「精神と時の部屋」の中で諸々の制作に没頭しているうちに、今年も残りあと数週間となっていることにいまさらながら気がついて、焦りまくっているのですが、皆さんにとってはどんな一年でしたか?

そして、年末感を再確認するためにも教えてほしいのですが、何を目にすると「今年も終わるなー」と年末を実感しますか?

やっぱり、紅白とかレコード大賞といったテッパンどころですかね?

あと、流行語大賞、ヒット商品番付なんかも、あった、あった、と興味深く一年を振り返ることができますよね。

個人的には、世相を人文字で表現する、そうです、あのなんとも「強引」な企画感の振り返り方も嫌いではないです(笑)
毎年、何らかの驚きを与えてくれます。
今年に至っては「税」・・・ですからね。。。
書を揮毫(きごう)する清水寺の森清範貫主の高尚な印象でかろうじて企画として成立していると思うのは、僕だけでしょうか?(笑)

 

ということで前置きがかなりながくなってしまいましたが、今日のクリエイティブCHECKでは(先日の過去記事:2014年を振り返り「YouTube Rewind: Turn Down for 2014」)に続き、2014年の洋楽POPの25曲をマッシュアップで振り返る、DJ Earworm Mashup – United State of Pop 2014 (Do What You Wanna Do)をピックアップします。

 

 

秀逸です!

このマッシュアップの精度の高さもそうですが、好きなことをやる続けた結果、目覚めた特殊技能的な感じが好きですね〜。

 

マッシュアップに含まれたのは、以下の25曲

A Great Big World feat. Christina Aguilera – Say Something
Ariana Grande feat. Iggy Azalea – Problem
Bastille – Pompeii
Dj Snake & Lil Jon – Turn Down For What
Hozier – Take Me to Church
Idina Menzel – Let It Go
Iggy Azalea feat. Charli XCX – Fancy
Iggy Azalea feat. Rita Ora – Black Widow
Jason Derulo feat. 2 Chainz – Talk Dirty
Jeremih feat. YG – Don’t Tell ‘Em
Jessie J feat. Ariana Grande & Nicki Minaj – Bang Bang
John Legend – All Of Me
Katy Perry feat. Juicy J – Dark Horse
Lorde – Team
Magic! – Rude
Maroon 5 – Animals
Meghan Trainor – All About That Bass
Nico & Vinz – Am I Wrong
One Direction – Story of My Life
Passenger – Let Her Go
Pharrell Williams – Happy
Pitbull feat. Ke$ha – Timber
Sam Smith – stay with me
Taylor Swift – Shake It Off
Tove Lo – Habits

 

専用ウェブサイトはこちら

mushup

http://djearworm.com/

 

ちなみに2013年は版はこちら

 

2012年版もついでにピックアップ

 

Other Creative CHECK posts
Facebook Creative CHECK

 

Tagged with:
 

 

本日のクリエイティブCHECKは、2014年に拡散した人や出来事、コンテンツを一本のマッシュアップビデオにした「YouTube Rewind:Turn Down for 2014」をピックアップします。

 

この一年を振り返る「YouTube Rewind」では、2014年話題になったセルフィー、HIKAKIN、ファレル、ice bucketから、WORLD ORDER、First Kiss、Devil’s Dueにアナ雪、PENTATONIXまで、様々なトレンドが詰め込まれています。

映像制作の観点から見ても、マッシュアップ演出が年々進化してきていますね。今年のはかなり秀逸な仕上がりです。まだ見ていないひとは必見です!(過去数年分のリンクも文末に記載しておきました)

また、なんでこういった人たちがでているのだろう?と思う場合は、最後でてくる出演者のリンクからそのチャンネルにジャンプすることができます。こうやって、上位概念でコンテンツを束ねておいて拡散させつつも、興味あるものは下位層へ誘導するといった、この仕掛け自体もうまいなー、と感心してしまいます。

 

 

*映像をみてもあまりピンと来ない人は、大きなトレンドをあらためて確認するという意味で、この記事を一緒に読んでおくと分かり易いかもしれません。
Link: 2014年最も世界でシェアされたCM トップ10

 

Youtuberを中心にYouTubeのあり方が本格的に見直されはじめた2014年でしたが、こうしてみると日本人がたくさん活躍していることがわかります。そしてこの勢いは2015年に引き継がれていくのだと思います。

企業としても、自社のブランドを訴求していくための主力メディアがTVからネットに移行していく日は近いのでしょうね。かつてBMWの映像から始まったブランデッドコンテンツの流れが、一周して戻ってくるのでしょうか。

これからは、世界へ配信へコンテンツを届けていくには、個人がブランドの起点、媒介となっていくのかもしれませんね。

 

ちなみに、こちらは 2013版 

なんだか既に遠い昔のような気がします。
毎年をこの方法で振り返るのは、直感的に分かり易いかも。

そして、2012年版

2011版

2010

 

Other Creative CHECK posts
Facebook Creative CHECK

 

Tagged with:
 

 

岩井俊二さんの、アルバイト情報誌「タウンワーク」用作品。
いわゆる(懐かしい響きの)ブランデッドエンターテインメントですね。

ロトスコープという実写をトレースしてアニメ化する技法を用いているのですが、会話のやり取りと音楽の入り方だけでもしっかり岩井俊二作品なんですよね。こういう「切り取り方」、やっぱり好きですねー。

 

第1話「初めての潮の香り」

 

第二話「君の夢を読む」

 

第三話「この遠い道程のため」

 

Other Creative CHECK posts
Facebook Creative CHECK

 

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.