Currently viewing the tag: "ログ"

 

ユヴァル・ノア・ハラリの「サピエンス全史」

 

2018年のベストセラーから今年の14発目! 14/52
ユヴァル・ノア・ハラリの「サピエンス全史」を読みました。

全世界で500万部を突破、ビジネス大賞受賞と、何かと話題になっているアノ一冊です。

実はこの本、もう数ヶ月前に入手していたのですが、なかなかページが進まず、いまごろのbooklogへのアップとなりました。なぜ時間がかかったかというと、とにかく、この本は「歴史の遡り方が半端じゃない」んです(笑)まあ、それが趣旨の本なので当たり前ではあるのですが、自分の中に知識の貯蓄のないところまで話題の中心点がタイムスリップすると、人間どう対応していいのかわからないものですね。まさに未知との遭遇。

人によっては、その未知との遭遇を楽しく感じるひとももちろんたくさんいるのですが、僕の場合は、脳みそのスイッチがオフになる傾向にあるようです。特に、序盤のサピエンス史の部分は、読んでは寝落ちし、読んでは寝落ちし、の繰り返しでした。後半、第2部の農業革命後や、第3部の人類の統一が興味深く読めました。

本としては、上下巻あるのですが、上巻でお腹いっぱいになってしまいました。m(_ _)m ごちそうさまでした。

とはいえ、この手の話が好きな人には、たまらない一冊だと思いますので、以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

わずか600万年前、チンパンジーとゴリラとオランウータンがいる。なかでも、チンパンジーが一番近い。わずか600年前、ある一頭の人類猿のメスに、二頭の娘がいた。そして、一頭は、あらゆるチンパンジーの祖先となり、もう一頭が私たちの祖先となった。

ーーー

じつは、約200万年前から一万年前ごろまで、この世界にはいくつかの人類種が同時に存在していたのだ。
10万年前の地球には、少なくとも六つの異なるヒトの種が暮らしていた。

ーーー

なぜ人は高カロリーなの食品をたらふく食べるのか?
三万年前の典型定期な狩猟採集民族が手に入れられる甘い食べ物一種類しかなかった。熟れた果物だ。もし石器時代の女性が、たわわに実ったイチジクの木を見つけたら、あたりに住むヒヒの群れに食べ尽くされる前に、その場で食べられるだけ食べるのが最も理にかなっていた。今日私たちは高層アパートで暮らし、冷蔵庫には食べ物があふれているかもしれないが、DNAは私たちが依然としてサバンナにいると思っている。だから私たちは、冷蔵庫にアイスクリームの容器を見つけると、空になるまで中身をせっせとスプーンで口に運び、ラージコークで胃袋に流し込む。

ーーー

歴史上の痕跡を眺めると、ホモ・サピエンスは、生態系の連続殺人犯に見えてくる。

ーーー

人類は農業革命によって、手に入る食料の総量をたしかに増やすことはできたが、食料の増加は、より良い生活や、より長い余暇には結びつかなかった。むしろ、人口爆発と飽食のエリート層の誕生につながった。平均的な農耕民は、平均的な狩猟採集民よりも苦労して働いたのに、見返りに得られる食べ物は劣っていた。農業革命は、史上最大の詐欺だったのだ。

ーーー

たいていの人は、自分たちの生活を支配している秩序が想像上のものであることを受け容れたがらないが、実際には、誰もがすでに存在している想像上の秩序の中へと生まれてきて、その人の欲望は誕生時から、その秩序の長澤で支配的な神話によって形作られる。したがって、私たちの個人的欲望は、想像上の秩序にとって最も重要な砦となる。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

*Amazonへのリンク→ ユヴァル・ノア・ハラリの「サピエンス全史」

» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

 

吉野源三郎の「漫画 君たちはどう生きるか」

 

2018年のベストセラーから今年の9発目! 9/52

先日のBookLOG 263|吉野源三郎の「君たちはどう生きるか」につづき、今度は、漫画版、吉野源三郎の「漫画 君たちはどう生きるか」を読みました。

 

小説版とは構成が若干異なっています。
漫画版では、小説でのクライマックス部分から入り、これの紐解きを行なっていく構成になっています。
全体を通して、より説明的になっている印象を受けました。

本来のターゲトである子供でもより手に取りやすくなったということですが、実際読んだ我が子に聞いてみると、一番読んでほしいキモとなる「おじさんのNOTE」部分は、がっつりスキップしていたようです。

子供の心情としては、漫画だけ読んで、活字で書かれている「おじさんのNOTE」は付録的なものなので読まなくてもいいでしょ?という印象の様です。これでは本末転等じゃないのかなあ?と (汗)

また、これはあくまでも個人的な感想ですが、やはり、この漫画版であっても、小説版で受けた印象と同じで、「果たしてこの本は、子供向けの本なのだろうか? それとも、子供に教育を施す大人向けの本なのだろうか?」という疑問は依然として拭い去れないままでした。

とはいえ、興味がわいた人は、ぜひ手に取って読んでくださいね。

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

*Amazonへのリンク→ 吉野源三郎の「漫画 君たちはどう生きるか」

» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

 

いとうせいこうの「想像ラジオ」

 

いとうせいこうの「想像ラジオ」 を読みました。

 

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

つまり、この放送では同じ時間に別の曲をかけられるんですよ。それどころじゃなく、モンキーズがもっと聴きたいなと思った人にはなんなら全音源かかる。逆に音楽聴いている気分じゃない場合は無音で、あるいは続くしゃべりに直結しますからね。こちら変幻自在、二十一世紀型のラジオですんで、どうぞお好きなようにお付き合いしなさい。

ーーー

ちょうどあのライブから一年後ぐらいの初夏の日曜日、西新宿の飲み屋で知らない男と喧嘩になってビール瓶で相手の頭を殴って逃げて、なぜかその夜にプロポーズしたって言ってました。逮捕されると思ったんでしょうね。特に届け出もなかったらしいんで、髪だけ緑色に染めて人相変えたつもりで奴は今もメートルズやってます。

ーーー

あなたは霊があの世へ去ってしまえば、あとはお盆にだけ帰ってくると思っているんだろうけど、彼らはいつだって好きな時に行き来するんですよ。
もし彼女が狂人なのだとしても、彼女の世界観、それから彼女の考え出した鎮魂の方法に僕は感銘を受けていた。

ーーー

「あはは。その素直さがあなたの長所だな。そういうこと言う時の声を聴いていると、わたしはおなかの下の方がツンとしてくる」
「今も?」
「まさに今も」
「触りたいなあ」
「触って欲しいな」
「会いたいね」
「いつ会えるかな」
「今はまだちょっとわからないな」
「会いたい?」
「うん、会いたい」
「・・・・・」
「僕は向こう十年くらい、あちこちの家やビルの前に黒い旗が掲げられていてもいいと思ってる。もちろん反旗になっていてもいいし、僕自身喪章を巻いて暮らしたっていい」
「え、いきなり話が変わっているけど?」
「僕にとってはつながっているよ」
「そうなの?じゃあ続けて」
「死者と共にこの国を作り直していくしかないのに、まるで何もなかったかのように事態にフタをしていく僕らはなんなんだ。この国はどうなっちゃったんだ」
「そうだね」

ーーー

「生き残った人の思い出もまた、死者がいなければ成立しない。だって誰も亡くなっていなければ、あの人が今生きていればなななんて思わないわけで。つまり生者と死者は持ちつ持たれつなんだよ。決して一方的な関係じゃない。どちらかだけがあるんじゃなくて、ふたつでひとつなんだ」

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

 

奥野宣之の「人生は一冊のノートにまとめなさい」

奥野宣之の「人生は一冊のノートにまとめなさい」

 

奥野宣之の「人生は一冊のノートにまとめなさい」を読みました。

 

過去と現在、未来を行き来する一つの方法として着目したのがこの奥野宣之の「人生は一冊のノートにまとめなさい」でした。

スケジュール帳とは異なり、本ログでは「予定」ではなく「済んだこと」を書くこと。そして、日記とは異なり、感想ではなく「ファクト」を一定のルールに基づいてコマメに記入していくこと。

なるほど。とても合理的なアイディアに基づいたナレッジ本だと思いました。
僕も早速、実行に移しはじめました。気軽にはじめることができるところがいいですね。

 

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

何気なく過ぎ去っていく日々を、「確固とした体験」にすること。

これがライフログをつける意味です。
言い換えれば、時間とともに薄れていく体験を風化させず、より確実に自分の中に刻み込んでおくことができる。

 
——————————————
 

ルール1 一元化
ルール2 時系列
ルール3 牽引化

 
——————————————
 

「予定」ではなく「済んだこと」を書いていく

ライフログには、今済ませた行動、買ったもの、今読んだ本、今聞いた話など「過去のこと」を書いていきます。
「過去のこと」を書かないと、ノートを「自分の分身」にしていくことができないからです。

自分の行動ベースで記録するので、現実と記録の間に租借をきたしません。

 
——————————————
 

書いてみることで「しっかりやっている自分」を認める

行動記録を積み重ね、ライフログノートの冊数を増やしていくことは、非常にわかりやすい「生きてきた実績」であり、自信に直結します。

ライフログをうまく使いこなせば、わずかな前進を「成長の一歩」と捉えやすくなる。

 
——————————————
 

たった一枚の紙切れがすべてを語る

「欲しかったブーツを高島屋で買った」とメモしてあるだけの行動記録より、「高島屋で買った」と書いてある横に、ブーツの「商品説明タグ」を糊で貼っておく。

 
——————————————
 

過去のさまざまな体験が合わさって、新たな発見ができるということです。

読み返すだけで、仕事や生活をする上での「傾向と対策」のようなものが、だんだんとでてくるのです。

 
——————————————
 

「軸足」は必ずノートに置いておく

 
——————————————
 

ノートに向かうことで自分の「つくり直し」をする

日常から離れることで、心配や焦り、イライラといった気持ちを整理し、自分をつくり直すことができるからです。

 
——————————————
 

「行動の切れ目」でなく「ふとしたとき」に書く

 
——————————————
 

時間情報は「までログ」「いまログ」「からログ」で管理する

 
——————————————
 

ポラロイドTWOでお手軽育児日記

子供のいる部屋に「ポラロイドTWO」を置いておき、毎日必ず写真を撮って貼る。

「割り付けプリント」で一日の流れを残す。

 
——————————————
 

「いい過去」=「自分の歴史」を持っておく安心感

僕は、こういった「いい過去」をきちんと持っておくことが、人間が生きていく上で、意外と大切なことだと思っています。

わたしたちが過去の充実した生活のなか、豊かな経験のなかで実現し、心の宝物としていることは、なにもだれも奪えないのだ。

 
——————————————
 

読み返しの真髄は「マーキング&タイミング」

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

Link:奥野宣之の「人生は一冊のノートにまとめなさい」

BOOK LOG一覧はこちら

booklog

 

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.