Currently viewing the tag: "堀江貴文"

 

10年後の仕事図鑑

 

2018年のベストセラーから今年の13発目! 13/52
堀江貴文×落合陽一の「10年後の仕事図鑑」を読みました。

この本、かなり売れているみたいですね。どこへいっても平積みされてます。

堀江さんに加え、最近「現代の魔法使い」と言われている落合陽一さん。この二人を掛け算できれば、それは間違いなくヒットになる。そりゃそうだ?
でも、これぞ、言うは易し行なうは難しで、相当編集が大変だったんじゃないかな?と勝手に推測する。
ちなみに、本書の編集担当は、多根由希絵さん。僕も本を出版させてもらう際に、何度かやり取りをさせて頂いたことがあるのだけど、とても優秀でクラバーな方という印象。本書における彼女の功績もかなり大きいのではないかなと。

この本の基本コンセプトは、堀江さんや落合さんが普段から言っていることを「10年後の仕事図鑑」という切り口で一冊にまとめたもの。
その構成が実にうまい。対談ではなく、いちテーマごとにごとに交互に入れこむことで、お互いの伝えたいことをそれぞれ邪魔ぜずに、十分な時間をとって説明できる工夫がされている。

あとは、題名でもあるとおり、2章と3章では、それぞれ「なくなる仕事・変わる仕事」と「生まれる仕事・伸びる仕事」について、結構なページを割いて言及している。
しかし、次の瞬間、これに対して、「『なくなる仕事リスト』なんて血液型占いくらいの精度しかない」と言ってみたり、とにかく、発言が「自由」なのだ(笑)

その自由さももちろんあって、結果、読む価値のある素晴らしい本に仕上がっているのだけど、編集担当にとっては大変だったのだろうなあ、と、なんとなく思った次第。

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

こうして社会システムが変化したことを鑑みれば、それまで我々が普通だとおもっているものは、大抵誰かが言い出した「発明」にすぎないことがわかる。「こんな職業になりたい」、あるいは「会社にいかなければならない」といった願望や感覚も、ある種の「発明」なのだ。
「普通」という擬態は一見社会にとって正しそうに見えるか、実は正しさ自体は更新され続ける発明だ。不正解ではないにせよ、「普遍」の意味で「普通」ではない。社会のあり方が変わるなら、普通を定義しなおした方がいい。

ーーー

くら寿司は、従来人がやっていたサービスの半分を機械がオートメーションで行い、人間は機械と機械の間に入る調整役になっている。

ーーー

「新しい仕事」で成功している人たちには、共通点がある。
一つ目は、まず「作業にハマっていること」だ。

自分でルールを作ることで、ものごとに没頭でき、好きになることができる。

ーーー

一番良くないのは、10年修行したこと自体を「ありがたがる」ことだ。「10年修行をして作った卵焼きなのだから、そこに価値がある」と思ってしまう。同様に、「苦労して何かの資格を取りました」というのも自分の中で「価値」だと思ってしまう。価値は、「苦労」したことにあるのではなく、ユーザーが決めるものだ。

ーーー

米国無人機協会という団体は、「ドローン市場規模は2025年までに米国内で820億ドルに達し、それによって10万人以上の雇用を生み出す」とも提唱している。

ーーー

戦後、所得倍増計画の一環として「持ち家信仰」が唱えられ始めた。所得倍増計画とは、池田勇人内閣政権下で実施された長期経済計画だ。これは実は非常に単純な仕組みで成り立っている。住宅が1棟売れると、資材や設備が売れ、大工には給料が入り、そのお金は生活費として使われるなどして、お金がどんどん世の中を駆け巡る。この経済波及効果があるため、特に住宅は効率よくお金が回ると考えられていた。ローンを使って家を建てさせれば、金は余すことなく世の中を回る。するとGDPが拡大していくというロジックだ。だから、国も民間もこぞって家を建てるように推奨した。

ーーー

近年、ボストンダイナミックスは、その骨格と油圧の伝達系を3Dプリンタによって一気に造り上げることに成功した。このことによって、組み立ての工数とパーツの数が劇的に減少され、強度と運動的な制約が大幅に改善された。大雑把にいうと、3Dプリンタで設計したものがそのままロボットになって出てきたようなものだ。

ーーー

未来を判断するために

僕の大好きな言葉に、思想家であるリチャード・バックミンスター・フラーの「自分の時間をより有効な探査的な投資に開放すれば、それは自分の富を増やすことになる」というものがある。この言葉は、万人に開かれた「未来」に対してのアービトラージ(裁定取引)を判断するために、今何をしていくべきかを常に考え続けることの大切さを説いている。

ーーー

9年間があっという間に陳腐化する時代

他人と違うことを恐れる必要は、もはやまったくないといえるだろう。むしろ他人と同じであることは競争以外の何物でもないのだ。同じ土俵でしのぎを削りあう「レッド・オーシャン」戦略は、これからの時代にそぐわない。もちろん、レッド・オーシャンの攻略はレバレッジが効き、もし寡占することができれば大きな利益を得られることは間違いないが、そのリスクテイクに関する議論は千差万別だ。

ーーー

よく若い人たちから「年金はもらえるんでしょうか」「今後の日本はどうなっていくんでしょうか」と質問を受けるが、すべての答えは「知らない」だ。
みんな問いが間違っている。あなたが問うべき対象は未来ではなく他でもない、「自分」だ。

ーーー

モチベーションを勝ちに落とし込むのに重要なのは、「言語化する能力」「論理力」「思考体力」「世界70億人を相手にすること」「経済感覚」「世界は人間が回しているという意識」、そして「専門性」だ。専門性は、どんな小さいことでもいい。「自分にしかできないこと」は、他人から必要とされるのに十分な理由になる。ポジションを取り、他の誰でもない「個」の価値を叫ぶのだ。

ーーー

最後に、IBMの初代社長トーマス・J・ワトソンの言葉を贈ろう。
「不確かな持論を持つ思想家の道を辿れ。自らの考えを論争の脅威にさらけ出せ。率直に意見を述べ、変わり者のレッテルよりも、従順という汚名を恐れよ。そして、自分にとって重要に見える問題のために、立ち上がり、どんな困難にも立ち向かえ」

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

*Amazonへのリンク→ 堀江貴文×落合陽一の「10年後の仕事図鑑」

» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

1000冊

 

堀江貴文の「ネットが繋がらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた」
を読みました。

ちょうど読みたい本を探しているところだったので、本をオススメする本
という位置づけの本書は魅力的な一冊となりました。

しかも堀江さんが特殊な環境下で読破したそのときの心情がコメントとして
加わっているので、違う角度での感情移入が働き、ここで紹介されている本を
すぐにでも読みたくなります。早速アマゾンで注文です!

メモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバです。

 

 

「やりたいこと」をやれる環境は整った!

これだけ環境が充実しているんだから、みんな、
もっとやりたいことをやればいいと思う。

今「やりたいことが、できない」なんて言ったら、
それはもはや自分は情弱だと言っているようなものだと僕は思う。

特別な才能や頭脳ではない。
やりたいことをやるための環境は、適切な情報さえ持っていれば、
今や誰でも簡単に整えることができる。

 
——————————————
 

「新装版 こんな僕でも社長になれた」家入一真

いかに素晴らしいアイデアを思いついても、
世界中で同じ事を考えている奴なんていっぱいいて、
そのことがインターネットで瞬時に共有される。

そうなると、アイディアそのものの価値は、
限りなくゼロに等しくなっていく

この状況で成功できるかどうかは、いかに速く、あるいはタイミング良く
実装できるかどうか
にかかっていると言えるだろう。

 
——————————————
 

「理系の子 – 高校生科学オリンピクの青春」ジュディ・ダットン

別にアメリカを褒め称える気はないけれど、
そもそも大統領が「国家の科学力を向上させるために、
科学者を芸術・スポーツ同様にスター化させねばならぬ」と説く国は、
少年少女の段階で桁違いのスケールがあることをやってしまう。

 
——————————————
 

「バイオパンク – DIY科学者たちのDNAハック!」マーカス・ウォールゼン

本作を読めば、ヒトゲノム・プロジェクトによるDNAコードの解読に
端を発した「生命の情報化」が、どこまで進んでいるのかが、
ありありとわかる。

これからの時代は、自分の運命を遺伝子から自由に知り、
インターネットで共有することのできる時代なのだ。
つまり、生命が情報化され、オープンソースの時代に突入するわけである。
そして、その担い手こそ、彼女のようなバイオハッカーなのだ。

 
——————————————
 

「ロケットボーイズ」ホーマー・ヒッカム・ジュニア

いずれにせよ僕は、「時代の転換点」を誰よりも身近でみていたくて、
ロケットを飛ばしている。

いろいろなことを、自分でやってみて、そこから自分だけに見える風景を
目に焼き付けること。それが人生で一番楽しいことじゃないかな。

 
——————————————
 

「A3」森達也

森氏が書いている通り、特に最近の日本における、魔女狩り的に厳罰化を
求める世論は、間違いなく地下鉄サリン事件が起点になっている。

 
——————————————
 

「外資系金融の終わり – 年収5000万円とレーダーの悩ましき日々」藤沢数希

女性は本能的に「変化率」を見過ぎる傾向があるという。
例えば年収が1000万円から1500万円に伸びている男性がいるとする。
女性は、この男性を、年収1億円から5000万円に落ち込んだ男性よりも
高く評価するというのだ。
冷静に考えると、年収5000万円は1500万円の3倍超だ。
前者の伸び率を考慮しても、あまり割に合う判断とは思えない。
しかし、女性は、後者の男性の「落ち度」に過剰反応してしまい、
この男性を選ばない。
ゆえに、結局モテるのは前者の上り調子の男性ということになる。

 
——————————————
 

読む前と読んだ後で、何かが変わる。
自分の中の何かが書き換えられてしまうのだ。
それがいいのか悪いのかは、一概に言えない。

しかし、その超絶的な人生を知ることで、自分が持っているもの、
持っていないもの、自分がどれだけ幸せか、あるいは不幸かが、
読む前よりも見えてくる。

超絶的な人生は、今の自分の立っている場所と意味を、
少し分かり易くしてくれる
のである。

 
——————————————
 

「成り上がり How to be BIG」矢沢永吉

実際に読みはじめてみると、と・・・止まらない。
まさに矢沢永吉、伝説的(?)な書だ。
しかも構成を担当しているのは、あの糸井重里さん。
面白くないわけがないのだ。

 
——————————————
 

テレビはハードディスクレコーダーと一緒に買うようになってきている。
すでにハードディスクが内蔵されている機種も多い。
よって、放送内容自体は以前と変わらないが、視聴者は、
録画で見ることがほとんどだろう。

もちろんテレビ自体はこれからも存在するだろうが、従来の視聴習慣を
ベースとしたテレビというものはなくなる。

(中略)

ガラポンTVには、最大8チャンネル分のワンセグを24時間、
90日分以上録画できる。
(加えて)「ロケーションフリー」という機能がある。
これは、出先などからスマホで、家にあるガラポンTVに録りためられている
映像を見ることができるというもの。
レコーダーがインターネットに繋がれているのだ。

今は、テレビ視聴の時間は、どんどんスマホに奪われている。
家にテレビがない人もいるわけだから、それに合わせてテレビも変化して、
新しい楽しみができるべきだ。その一つが「ガラポンTV」というわけ。
これからは、テレビもネットで検索して見る時代になるだろう。
その時に、ユーザーが一番良く使うインターネット端末と
テレビの距離は限りなく0になっているのが好ましいのは当然のこと
だ。

 
——————————————
 

科学の知識は世を見通す千里眼になる

都市に生きる人が身の回りを見渡してみたとき、その中で科学的な方法を
介さずに生まれているものなど、限りなくゼロに近い。
現代社会は、言い換えれば科学の魂だ。
科学的な手法で生み出され、大量生産されるモノによって、
僕たちの生活は支えられている。
それゆえに、科学は金になる。簡単な図式だ。

そして科学といえば理系である。
よく「僕は文系だから」「理系は難しくて」なんて言っている人がいるが、
理系を否定することは科学を否定しているようなもの。
そしてそれは、科学に「使われる」人間になる、と言っているようなものだ。

 
——————————————
 

「最初の一冊!」であるとともに、
「この一冊で100冊分の価値があるといっても過言ではない」
とも言えるくらい重要な2冊。

「フェルマーの最終定理」サイモン・シン・青木薫

「暗号解読」サイモン・シン・青木薫

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

Link: 堀江貴文の「ネットが繋がらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた」
BOOK LOG一覧はこちら


Tagged with:
 

堀江貴文の「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」を読みました。

堀江さんの書籍は、「徹底抗戦」「刑務所なう。」しか読んだことが無かったのですが、「ゼロ」は、明らかに異質な空気を醸し出していてか、手に取らずにいられませんでした。

天変地異を経験した時代の寵児が、どのように思考し、次なる一手をどう表すのか、とても興味深く前のめりな感じで読ませてもらいました。メモを読んで興味が湧いた人は、手に取って読んでくださいね。

以下、自分の中で「引っかかり」のあったコトバです:

ネットユーザーからは「ホリエモン」の愛称で呼ばれ、2005年に出馬した衆議院選挙では、たくさんのボランティアスタッフや若い有権者の熱い支援を実感することができた。選挙には敗れたものの、会社は相変わらず順調で、なにも問題ないように思えた。さらに大きな夢を実現しようと、ひたすら前に進んでいた。ところが2006年の1月。僕は東京地検特捜部から強制捜査を受け、証券取引法違反の容疑で逮捕されることとなる。ライブドアの前進である有限会社オン・ザ・エッヂを設立してから、ちょうど10年後のことだった。

——————–

思えば僕は、ずっと前から知っていた。
働いていれば、ひとりにならずにすむ。
働いていれば、誰かとつながり、社会とつながることができる。
そして働いていれば、自分が生きていることを実感し、人としての尊厳を取り戻すことができるのだと。
だからこそ、僕の願いは「働きたい」だったのだ。

——————–

人が新しい一歩を踏み出そうとするとき、次へのステップに進もうとするとき、そのスタートラインにおいては、誰もが等しくゼロなのだ。つまり、「掛け算の答え」を求めているあなたはいま、「ゼロ」なのである。そしてゼロになにを掛けたところで、ゼロのままだ。物事の出発点は「掛け算」ではなく、必ず「足し算」でなければならない。まずはゼロとしての自分に、小さなイチを足す。小さく地道な一歩を踏み出す。ほんとうの成功とは、そこからはじまるのだ。

——————–

そしてなにより、パソコンは圧倒的に自由だった。ファミコンのように誰かがつくった世界で遊ばされるのではなく、自分が遊ぶ世界を自分の手でつくること(プログラミング)ができる。コンピューターの技術は日進月歩で進化を続け、この先どうなるんだろうというドキドキも強かった。

——————–

「できます!」即答だった。
それなりに大掛かりな、本来なら業者に委託するほどのシステム移植だ。やったこともなく、できるかどうかはわからないけど、大きなチャンスだと直感的に察知した。ここで断るなんてありえない。
そこからおよそ1ヶ月、試行錯誤を繰り返しつつも無我夢中でプログラミングしていった。ご飯のときも、お風呂に入っているときも、ずっとシステムのことばかりを考えていた。中学2年生、14歳のときのことである。
作業が無事終了し、受けとった報酬はおよそ10万円。中学生にとってはかなりの大金だが、金額のことはどうでもよかった。
僕にとってなによりも大きかったのは、自分の能力を生かし、自分が大好きなプログラミングを通じて誰かを助け、しかも報酬まで得ることができた、という事実だ。新聞配達のように、誰にでもできる仕事ではない。クラスの友達にできないのはもちろん、うちの両親にもできないし、学校の先生にも、塾の講師たちにもできない。プログラミングが得意な僕だからこそ、直接使命を受けた仕事だ。
「そうか、働くってこういうことなんだ」。

——————–

こうやって書くと、いかにも血の滲むような努力をしたように思われるかもしれない。しかし、そんな意識はまったくなかった。実際僕は、どんなに追い込まれても毎日10時間の睡眠を確保するようにしていたほどだ。要は起きている14時間をすべて ー これは食事や風呂も含めて ー 勉強に充てればいいのである。

——————–
 
仕事でも人生でも、もちろん異性関係でも、キョドってしまうのは、性格の問題ではない。ましてや、ルックスなど関係ないし、学歴や収入、社会的な地位とも関係ない。これはひとえに「経験」の問題なのである。
そして経験とは、時間があたえてくれるものではない。
(中略)
経験とは、経過した時間ではなく、自らが足を踏み出した歩数によってカウントされていくのである。

——————–

あらゆる人の一生とは、小さな選択の積み重ねによって決まってくるのだと思っている。
チャンスだけは誰にでも平等に流れてくる。
目の前に流れてきたチャンスに躊躇なく飛びつくことができるか。そこが問題なのである。
僕はこの「チャンスに飛びつく力」のことを、向上心とか目的意識とか、そんな堅苦しい言葉で語りたくない。もっとシンプルな、人としての「ノリのよさ」だと思っている。フットワークの軽さ、好奇心の強さ、そしてリスクを承知で飛び込んでいける小さな勇気。それらの総称が「ノリのよさ」だ。
チャンスの見極めかたがわからない?
桃と葉っぱの見分けがつかない?
僕に言わせると、その発想が既に「ノリの悪さ」を表している。チャンスを見極める目なんて、必要ないのだ。少しでもおもしろいと思ったら、躊躇せずに飛び込む。そうしないと、せっかくやってきたチャンスは流れる桃のように過ぎ去ってしまう。

——————–

大切なのは順番だ。
人は「仕事が好きだから、営業に没頭する」のではない。
順番は逆で、「営業に没頭したいから、仕事が好きになる」のだ。

——————–

突き抜けられる人と、そうでない人の違いは、次の一点に尽きる。
物事を「できない理由」から考えるか、それとも「できる理由」から考えるのか。
それだけだ。
突き抜けられるかどうかは能力の差ではなく、意識の差なのである。

——————–

やりたいことは全部やれ!
ストイックにひとつの道を極める必要なんてない。やりたいことは全部やる。節操がないとか一貫性がないとか批判されようと、全部やりきる。ぼくはそうして生きてきた。
なぜなら、人は「ここでいいや」と満足してしまった瞬間、思考停止に突入してしまうのだ。
(中略)
常に新しい分野に目を向け、新しい出会いをつくり、新しい情報を浴びて、思考と行動を繰り返す。止まることなく、動き続ける。

——————–

経営者となって以来、僕は感情で物事を判断しないように、常に自分をコントロールしてきた。感情が揺らぎそうになったときほど、理性の声に耳を傾けた。悩むことをやめ、ひたすら考えることに努めてきた。そう、多くの人は混同しているのが、「悩む」と「考える」の間には、決定的な違いがある。
まず、「悩む」とは、物事を複雑にしていく行為だ。人は悩もうと思えばいくらでも悩むことができる。そしてつい、そちらに流されてしまう。
一方「考える」とは、物事をシンプルにしていく行為である。複雑に絡み合った糸を解きほぐし、きれいな一本の糸に戻していく。それが「考える」という行為だ。

——————–

努力という言葉には、どうしても古くさくて説教じみた匂いがつきまとう。できれば僕だって使いたくない。でも、挑戦と成功の間をつなぐ架け橋は、努力しかない。その作業に没頭し、ハマっていくしかないのである。
成功したければ挑戦すること。
挑戦して、全力で走り抜けること。

Link: 堀江貴文の「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」
BOOK LOG一覧はこちら

Tagged with:
 
Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.