Currently viewing the tag: "成功"

成功のコンセプト

 

三木谷浩史の「成功のコンセプト」を読みました。

三木谷さんの考える成功のコンセプトを以下の5つの大項目で説明した一冊。

・1)常に改善、常に前進
・2)Professionalism の徹底
・3)仮説→実行→検証→仕組化
・4)顧客満足の最大化
・5)スピード!!スピード!!スピード!!

 

強いコトバが盛り沢山の一冊です。
平凡な日常から脱却したい人にパワーを与えてくれると思います。

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで、
興味がわいた人は、ぜひ本を手に取って読んでくださいね。

 

 

改善は凡人が天才になる方法

僕たち日本人にとって「改善」は、
別に新しい概念ではない。

ある人からこんな話を聞いたことがある。
江戸時代の剣術のある流派の奥義書を開いてみたら、
たった一言こう書かれていたそうだ。

「今日の我は、昨日の我に勝つ」

なるほどなと思う。

もし本当にそれができたなら、
人はいつか超人になれるのだ。

(中略)

1.01の365乗はいくつになるか計算してみるといい。
一日1%のわずかな改善であっても、
一年続ければ元の37倍以上になるのだ。

 
——————————————
 

自己否定というと、
ネガティブな言葉のように感じるかもしれない。
けれど改善していくためには、自己否定する視点が必要だ。
仕事が上手くいっている時ほど、このことは意識して
考えた方がいい。

たとえば、河原で拾った石ころを、机の上に置いて
ペーパーウェイトとして使っているとしよう。
2年、3年も使っていれば、きっと愛情が湧いている。
それが一日、河原を歩き回って探した石ころなら
愛着はさらに大きいはずだ。

石ころだってそうなのだ。
自分の仕事の方法論への愛着は、おそらく自分で思っている
よりもずっと大きいと考えるのが自然だ。
ましてや、その方法論で仕事が上手くいっているなら、
改善しようなんて気が起こるはずもない。

 
——————————————
 

絶対に不可能な目標を設定してはいけない。
目標を達成する喜びが、そこには存在しないから。

成功の喜びは、仕事の大きなモチベーションになる。
成功の喜びを知って初めて、
人は仕事に人生をかけられるようになるのだ。
仕事に人生をかけるだなんて、
つまらない人生だと言う人もいるかもしれない。
僕はそう思わない。
僕たちは結局のところ、人生の時間の大半を
仕事に費やしているのだから。
自分の全存在をかけて仕事に挑めるということは、
自分の人生を目一杯楽しめるということだと思う。

 
——————————————
 

仮説は右脳と左脳のキャッチボールから生まれる

 
——————————————
 

ひとつの文化圏で爆発的にヒットしたモノは、
他の文化圏でもヒットする可能性があるという推理が成り立つ。

そして実際この推測に基づいて、様々な「流行」が
輸出されたり輸入されたりするようになった。

これは別に最近だけの現象ではない。
日本は有史以来、ずっとそれを続けてきたのだ。
仏教も漢字もそうだ。
ましてや第二次世界大戦後はどれだけの欧米文化を
輸入してきたことか。

(中略)

歴史を振り返ってみれば過去にいくらでもヒントがあるのに、
先入観や固定概念に左右されてなかなかそこから学べないのが
人間というもののようだ。

けれど、その盲点がビジネスをする人間にとっては
チャンスでもあるわけだ。

だれも気がついていないからこそ、アイディアの源泉になりうる。

 
——————————————
 

理念などなくても、短期的中期的には大きな利益を
挙げることができるかもしれない。

けれど正しい理念がなければ、
長期的な繁栄は絶対に望めないのだ。

 
——————————————
 

現在では、全国の様々な商店街が、大きな駐車場を確保したり
イベントを開催したりと、賑わいを取り戻すための努力をしている。
その時にポイントになるのが魚屋さんなのだそうだ。
新鮮な魚を扱う魚屋さんは、大型店舗に対抗する切り札になる存在だ。
魚はスーパーの新鮮コーナーではなく、信頼できる魚屋さんで
買いたいとという人がやっぱり多いからである。

魚屋さんが元気になれば人の流れができるから、
商店街そのものが賑わうというわけだ。

ただし鮮魚を扱うだけに、毎日ある程度のお客さんがこなければ
魚屋さんの商売は成り立たない。
だから商店街が寂れると、真っ先に影響をうけるのも魚屋さんだ。

売りがなければロスになってしまうから、
仕入れを控えざるを得ない。
品数が減って魅力がなくなれば、お客さんはさらに減るという、
悪循環に陥ってしまう。

魚屋さんが元気になれば商店街が賑やかになる、けれど商店街が
賑やかにならなかれば魚屋さんは元気にならない。

これは大きなジレンマだ。
そして考えてみれば、このジレンマは全国の商店街が抱える
ジレンマでもある。

 
——————————————
 

従業員がどれだけ満足していても、
彼らが仕事に当事者意識を持って取り組んでいなければ
意味がないと僕は思うのだ。

仕事とは、他のだれかのためにするものではなく、
自分のためにするものだ。
自分の仕事の主人公が自分でなくてどうするのだろう。
自分の人生はいったい誰のものか。
そのことをよく考えるべきだ。

これは極端な言い方かもしれない。
しかし、仕事に限らず、環境問題も教育問題も
当事者意識が足りないから、現在のような問題を
抱えているのだと思う。

 
——————————————
 

普通の人間が垂直な崖を見上げたら、登れるわけがないと思う。
登ることのできない理由は、それこそ星の数ほどみつかるはずだ。

けれどフリークライマーは、その崖をカラダひとつで登ってしまう。
奇跡のように見えるが、それは奇跡でもなんでもない。

彼らが普通の人間には不可能にしか見えない崖を登ることが
できるのは、崖の見方が違うからだ。
フリークライマーは登れない理由など探しはしない。
彼は登るための手がかりになる、岩の突起や隙間だけを見ている。

ビジネスでも同じことが言える。

できない理由を探すから、不可能に思えるのだ。
できる理由を探していけば、不可能を可能にする方法が必ず
見えてくる。

(中略)

目標を達成するのにかける時間は、常識から計算してはいけない。

常識等は忘れて、まず最終目標をいつまでに達成するかを決めてしまう。
そこから逆算し、ここの小さな目標をクリアするのにかける時間を
割り出すんだ。
当然のことながら、割った時間は常識で考えればあまりに短いはずだ。

けれどそれが自分の登るべき断崖なのだ。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

Link: 三木谷浩史の「成功のコンセプト」
BOOK LOG一覧はこちら

booklog


Tagged with:
 

ハワイに暮らすことを決意する前に、何となく手にして読んでいたはたせいじゅんの「ハワイ暮らし成功物語」を、ハワイから日本への出張の際に再読しました。

当時は、ハワイに住むことはまだ夢物語でしたので、この本を読みながら「いいなー」、「羨ましいな」、「自分もいつか」、と思う反面、「でもビザとか学校とか大変そうだな」、「ずいぶん大胆だなー」という到底真似できないなという気持ちが含まれていました。

しかし、実際ハワイに移り住んでから(一年経過してから)この本を改めて読み直すと、今度は、「えっ?はたさんの移住の方が、僕の経験した移住よりずいぶん楽だったんじゃないかな?」という印象に変わりました。はたさんの本では、ハワイ移住に向けての家族の心情が巧みに表現されていていて、読者にとってもとてもドラマチックに感じとることができます。これがハワイ移住を実際しないとしてもそれでも本を楽しむことができる所以です。でも、僕の場合のハワイ移住は、いま振り返って考えてみると、全然もっと無鉄砲で無計画にひとしいものでした。つまり、はたさんの本のような「教本」的な位置づけにはなり得ない訳ですね。はたさんと僕との大きな違いはそのビザの形式にあります。ちゃんとした企業のバックアップがあるかないかでスタート時の苦労は全然違います)

とはいえ、僕のこの特殊な経験も何かの形として残したいと思っていますので、僕も本を書こうと思っています。今回日本出張中に、出版に繋げてくれるキーマンがでてきましたので(今思えばとても灯台下暗しだったのですが)戻ってから本格的に執筆を開始します。

テーマを「ハワイという離島でいかにしてソーシャルメディアを駆使しながら、クリエイティブの仕事をしていくか」にしようと思っています。そして間にハワイ移住のコラムを挟んでいくイメージです。読者の人の背中を(いつの日か)後押しできる一冊に仕上がることを願いながら書いていこうと思っています。

Link:はたせいじゅんの「ハワイ暮らし成功物語」
Link:はたせいじゅんの「ハワイ暮らし成功物語2」(デジタル)

BOOK LOG一覧はこちら

Tagged with:
 

博報堂ブランドデザインの「2回以上、起業して成功している人たちのセオリー」を読む。

2回以上起業して成功している7人の起業家のインタビューから、成功している人の共通セオリーを見つけ出すことを趣旨に構成さらた博報堂ブランドデザインの最新作。

7人の起業家の言葉はそれぞれの特性を含んでいて、どれもとても興味深く読めました。以下のとおり、気になった言葉も多くありました。

ただ、後半の起業家の言葉から共通する8つのセオリーを導き出す箇所(本書のそもそもの目的ですね)は、残念ながらあまり参考になりませんでした。博報堂ブランドデザインとしては、これら起業家の言葉を何らかの共通概念としてテンプレート化し、これをグループの共通ガイドラインにするのが仕事なので仕方がないのでしょうが、セオリーの括り方が強引な印象を受けました。

どちらかというと共通のセオリーは「皆無=存在しなかった」というのが僕の受けた印象でした。むしろ、彼ら起業家に共通していることは、自分のことを良く分析して理解している人、または、自分のことを分析しようと努力し続けてきた人、ではないかと。そして、彼らは誰一人として、他人のセオリーを真似して仕事をしているのではなく、あくまでも自分の内なる声に耳を傾けて行動し続けている人たちだと思いました。

以下、気になったメモ。

・ぼくはなにかがおこるかどうかわからないという状況を、おそろしいものととらえるのではなく、よりおもしろいものととらえる傾向があります。だからそれまでも、なるべく「決めない」人生を歩んできたんです。いま真実と思われていることも、ロングスパンで考えれば真実であるとはかぎらないんじゃないかという仮説をもっているから、選択肢を狭めたくない。状況に対して八方美人なんです。

・結局のところ、運ってタイミングだと思うんです。新規事業のアイディアが10個あったとしても、それだけを見て、当たるかどうかを判断するのは難しい。それを「いつ、誰がやるか」という文脈が大切です。ベンチャーにとって新規参入のベストタイミングは、6ヶ月くらいしかないんじゃないかと僕は思う。

・「自分になにができないか」を理解することも大切です。そのうえで、できないことは、どんどんできる人にお願いしていく。やっぱり、ひとりの力はあくまでもひとりの力でしかないんですよ。いい意味での貸しをつくり、いい意味での借りをつくるというリレーションをきちんとしておくことで、ひとりの力が十人力になり、百人力になる。そうやってリレーションの力が膨れあがったときこそ、ビジネスは加速しはじめるんです。

・きっと私は、使命感がないと動かない人間なんだと思います。逆にいえば、使命感が湧けば動いてしまうところがあって、20代のころはそれが行きすぎていたんですよね。上司のためだ、仲間のためだ、辞めた人たちを見返すためだと、そのつど自分に使命を課して、営業として必死で数字を上げてきたのだけど、やっぱりそれは自分の心の底からのモチベーションではなかったのんです。「人のためにやらなきゃいけない、やるべきだ」という義務感や焦燥感のほうが強くて、結局、疲弊してしまっていたのだと思います。

・経営者の気持ちなんかも、その状況に身を置いてみないとわかりません。例えば、給料日は「給料をもらう日」なのかもしれませんが、それは雇われる側の視点であり、雇う側からしたら、「給料を支払う日」です。

・起業家育成を目的としたプログラムで、事業化をめざすアイディアを公募して、すぐれていると判断したら即座に500万円出資します。選考はシンプルで、プロダクトタイプのデモと人物の評価だけ。手の込んだプレゼン資料や事業計画はいりません。事業のアイディアがすぐれているかどうかは、プロトタイプのデモを見れば直感的にわかります。おもしろいものはおもしろいし、つまらないものはつまらない。小難しい理屈をいくら並べても、なんだかよくわからないものはダメなんです。映画でも、音楽でも、なんでもそうなんですよね。複雑で難しいテンションコードを使って、転調しまくっても、これが通好みのしゃれた曲です、と自己申告しても、耳に残らなかったら売れません。それと同じです。

・わかりやすくいえば、「運」とはタイミングだと思うんですよ。要するに結果論なんです。運がいいから成功した、というより、成功したから運がよかった、ということ。でも「運」をつかんだ人をみていると、やっぱりつかむべくしてつかんでいると感じるところがあります。おそらくチャンス自体は、みんなに公平に訪れてくるはず。それをつかめている人は、事前に徹底的に準備をしているんです。やるべきことをやっているだけではなく、事業の成功のために、つねに必死で努力しているということ。ふだんから動いて準備運動ができているから、いざというタイミングを逃さずにつかみにいけるんです。チャンスがやってきてから準備していたら、絶対にまにあいません。

・「会社をつくったから、ちょっと来ない?」というノリでは、優秀な人は来てくれません。この商品ですごいことをやろうとしているとか、世の中に革命を起こそうとしているとかということを、相当なエネルギーで話していかないと、人はリスクを取ってくれない。

・モチベーションというよりはテンションが大切かもしれない。起業して成功している人のなかには、テンンションをきちんと維持できている人が多い。そのために、かならず毎日決まったことをやるという人もけっこういます。

・人は成功するから幸福になるのではなく、幸福だから成功する。気持ちがポジティブな状態のときの脳は、ネガティブな状態のときの脳より、31パーセントも生産性が高くなる。

Link: 博報堂ブランドデザインの「2回以上、起業して成功している人たちのセオリー」
BOOK LOG一覧はこちら

Tagged with:
 
Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.