書籍代より送料の方が高くつく離島 – ハワイで日本語の活字に飢えたら

 

僕はクリエイティブディレクターという、広告業界意外の人にとっては少し聞き慣れない仕事をしています。

簡単にいうと、企業の広告やブランド、コンテンツを作る仕事をしています。
これらを作るための設計図を企画書にするのが主な役割です。

そのため、僕にとって、良質な情報のインプットは必要不可欠なのです。

あらゆる種類の情報を体の中に一度しみ込ませ、これを自分なりののフィルターを通じてアウトプットすることで、新たな解釈や付加価値が生み出されることを常にイメージしています。

*興味あるひとは「Book LOG - 良きインプットが、良きアウトプットを作る」をご覧ください。

 


堀江貴文の「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」


内藤誼人の「秋元康の発想は、なぜ人の心に「刺さる」のか?」

 

ネットからも最新の情報やソーシャル動向をリサーチしますが、個人的には書物からのインプットが好きです。

僕のインプットのメディア比率としては、
本=40%、ネット検索=30%、ソーシャル=20%、テレビ、本=10%
といった感じでしょうか。

僕にとって、良質な本との出会いは大切なインプットリソースなのです。

 

日本では、情報のインプット方法として複数の書籍を乱読してきたのだが、ハワイに来てからと言うものの、これがなかなか出来ずにいました。

と言うのも、アマゾンで書籍を購入した場合、ここは離島、書籍の送料だけでも書籍の倍の値段がかかってしまいます。一冊の本が3000円する状況におかれると、仕事とはいえ、やはり気軽に乱読ができなくなってしまいます。

しかしながら、活字への渇望感は日々高まっていきます。どうしよう?と思っていたところ、ふとAla MoanaのShirokiyaの中にブックオフがある事を思い出しました。

 

Shirokiya Book Off
1450 Ala Moana Blvd., #2250 Honolulu, Hawaii 96814
Ph: (808) 973-9111 Fax: (808) 973-9160
http://www.shirokiya.com/

 

Shirokiyaのブックオフには、日本のそれと比べるとサイズ感では劣るものの、それでも充分の本、CD、DVD、ゲームが所狭しと並んでいました。

考えてみたら、日本人観光客が置いて行ったものや、日本へ帰国する人たちがその本を売りにくるのですね。タイムリーな新刊もあり、想像以上に充実したラインアップです。

 

さらには、一冊1ドルコーナーもあります。日本で言う100円コーナーですね。

まずは活字渇望を満たすために自分のアンテナに引っかかった本を片っ端から手に取っても、合計13冊で13ドル!これは助かります〜(笑)

bookoff

これなら気軽に乱読ができますね。
1日1冊のペースに戻すことができそうです。

 

ハワイで日本語の活字に飢えたら足を運んでみてください。

 


Hawaii Living TOPへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.