Hawaii Living | イルカと泳げる水族館 – “Sea Life Park”

 

 

子供たちのリクエストに応えて、Sea Life Parkに行ってきました。

海に囲まれたハワイにあるSea Life Park、やっぱり来たら一度は行ってみたい場所!

 

料金は、大人$29.99、こども$19.99 (3~12歳)、3歳以下は無料。
家族全員で行ったら、、ん?高くない?そうなんです。高い!んです。

そこで! 行く前にぜひSea Life Parkのホームページを見て、ディスカウント情報をチェックしてみましょう。結構頻繁にディスカウントクーポンが発行されているようです。たとえば、コカコーラ社のジュースの空き缶を持って行くと入場料半額、とか、セブンイレブンで割引クーポンが配られている、とか。

今回私は、ハワイ在住割引(Kamaaina)を利用してみました。ハワイ州のIDを見せると割引が受けられます。大人$20、こども$15でした。

 

さて、いよいよSea Life Park入場!

入るとまず新しくできたShark Tankがあります。大きな水槽で鮫と一緒に色々な魚が泳いでいます。この水槽の中に入って鮫と一緒に泳いだり、魚達にエサをあげたりするプログラムもあるようです。

 

 

で、屋根があるのはここだけ。あとはすべて屋外。
とにかく暑い、あづい、あづいぃい!!です。日焼け止め、水分、帽子は必ず持って行きましょう。ショーを見るところも日陰は少ないので、日傘などあるとすごく便利かもしれません。

このShark Tankの他はと言うと、ウミガメ、エイ、アザラシ、ペンギン、小さな亀がいる池、そしてメインのイルカプール。ん~、こんなもんでしょうか。

 

 

大小様々な種類の生き物が展示されているわけではないので、日本の水族館をイメージして行くと、「え。これだけ?」という感じになってしまうかも。笑

それに、9歳の息子曰く、「ショーも日本の方がすごい」だそうで。苦笑

確かにイルカショーの完成度は日本の方が確実にすごいし、アシカショーは「え。これで終わり?」って感じが否めないし、ペンギンショーに至ってはちょっと前に流行ったPSYのGangnam StyleをBGMに、ペンギンが観客の目の前をただ歩く、、だけ。笑

 

 

席がなくなるといけないから、と、ショーが始まる10分前にはスタンバッてみたけど、全然時間通りに始まらないし、席取りなんて全く必要なーし。

江の水の方がすごくないか?
色々と、、と思う瞬間も多々ですが、でもこのおおらかさがなんともハワイらしいわけで。笑

 

 

それでもSea Life Parkがこんなに人気があるのは、イルカやアシカ、鮫と一緒に泳いだり、アシカや魚にエサをあげられたり、そういった素晴らしいプログラムが充実しているからでしょう。

どのプログラムもそれなりに費用はかかりますが、2頭のイルカと一緒に泳いだりなんかしちゃったら、そりゃぁもう一生忘れられない思い出になること間違いなし、です。

8歳になればほとんどすべてのアクティビティに参加できるようですが、詳細はwebsiteをチェックしてくださいね。

 

そう言えば。無料で楽しめるアクティビティもあります。

その名もSeabird Sanctuary。

名目としては“海鳥”ですが、実際の所はインコやオウムが飼われている広いおりに入って、鳥にエサをあげられます。うちの子供たちは結局ここで一番楽しんでいたかも。笑

 

 

なんだかんだで閉園間近までのんびり過ごし、なんだかんだで「楽しかった~!また来たい!」と言う子供たちの笑顔。

やっぱり楽しいSea Life Park!

 

Sea Life Park
Address: 41-202 Kalanianaole Highway #7 Waimanalo, Hawaii 96795
Phone: (808) 259-2500

 


Hawaii Living TOPへ

 

One Response to Hawaii Living | イルカと泳げる水族館 – “Sea Life Park”

  1. […] 参照元 ハワイ、オアフ島にあるシーライフパークでは、イルカ、アザラシ、アシカやエイやペンギン達とおもいっきり遊べます。 実際に触ったり出来るプログラムが用意されているのです。 専門トレーナーが付いて、プールの中でイルカと触れ合えるプログラムはいくつかあり、中には1歳のお子様から参加出来るものさえあります。 家族の最高の思い出になりますね。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.