夏休みひたすら遊べ!
ホノルル市が主催する – Summer Fun! プログラム(2013)

 

summer fun

 

ハワイの小学校の夏休みは長い! 5月末~8月はじめまで、2ヶ月強・・。

 

このながーい夏休みを体力持て余しキッズ達と全力で一緒に過ごすのは、絶対ムリ! ってことで、学校が主催するサマースクールがあったり、ホノルル市が管轄する公園で主催するSummer Funと呼ばれるプログラムがあったりします。

 

サマースクールの1ヶ月はいわゆるお勉強の1ヶ月。1年間のおさらいをします。

大体同じ地域にある複数の学校が毎年持ち回りでやるみたいです。なので、違う学校の子供たちが夏休みの間だけ同じクラスで勉強をします。

費用は学校によって、かなり差があるみたいですが、息子が参加したサマースクールは1ヶ月で120㌦でした。

 

そして、Summer Fun。

こちらはサマースクールとは違って、朝から昼過ぎまでただただ遊ばせてくれるプログラム。ホノルル市が各地域の公園にある公民館のようなところで行うものです。

学年ごとにグループ分けされ、各グループごとに大人のリーダーと中学生、高校生くらいのジュニアリーダーというお兄さんお姉さんのリーダーがついて世話をしてくれます。

 

7週間で100㌦というリーズナブルな価格ということもあって、このSummer Funへの申し込みはかなり競争率が激しい!

申込日には多くの人が朝早くからコーヒーとアウトドア用の折りたたみイスを持って並びます。

ここで頑張れば夏休みの7週間、子供たちが思い切り遊べる場所が確保されるということで、みんな気合いが入ります。笑

 

無事申し込みが終了すると、あとは期間中子供を公園まで送り迎えするだけ。

時間は8:30~14:00ですが、夏休みの間の遊びプログラムなので、かなり自由でゆるい感じです。遅く行ってもよし、早めにピックアップに行ってもよし。

 

朝から昼過ぎまでとにかく遊びまくります。

体育館でバスケをしたりドッヂボールをしたり、外の通路にチョークで落書きしたり。

 

summer fun

summer fun

 

しかも、ただ預かってくれて遊ばせてくれるだけではありません!
市が主催しているからか、イベントもたくさんあって、プログラム自体とても充実しています。

みんなで水遊びをするWater Day、大きなバウンサーハウスで遊ぶBouncer Day。

遠足という名目で毎週色々な所にも連れて行ってくれます。

Dave & Buster、Chuck E. Cheese’sというゲームセンターのような所、映画館で映画鑑賞(しかもスナックとジュース付き!)、コミュニティカレッジのプラネタリウムや科学館、牧場や植物園・・・。

movie

これで100㌦!?とびっくりするほどの充実っぷり。

 

1ヶ月のプログラムが終わる頃には”Finale”というイベントがあって、子供たちがグループごとに練習したダンスを披露してくれます。

 

dance

summerdance

 

子供たちの世話役をしてきた高校生くらいのお兄さんお姉さんがすべて企画してきたこのイベントもなかなか楽しいです。とにかく子供たちが恥ずかしがったりせずに、思いっきり楽しむ! その雰囲気がとってもよかったです!

 

うちの息子はハワイに来て1年が経とうとしていますが、このSummer Funに参加した1ヶ月でグン!!と英語力がアップしました。子供はやっぱり遊びながら学ぶのが一番なのかもしれませんね。

 


Hawaii Living TOPへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.