Currently viewing the tag: "ドラマ"

 

vlog162は、
「アマゾンプライムの「しろときいろ」で作詞家デビュー」です

 

 

Music by The Dukes of Surfのリンクはこちら
http://thedukesofsurf.com/japanese/

アマゾンプライムの「しろときいろ」のリンクはこちら
https://goo.gl/WsZH3G

映像に使ってるドローンは、DJIのMavicProとPlatinum
http://amzn.to/2iNL604
http://amzn.to/2docYqS

ーーー

Keywords:
#アマゾンプライム #しろときいろ #エッグスンシングス #川口春奈 #横浜流星 #jokerfilms #amazon #prime #ドラマ

 

Mahalo for another beautiful day.

 

Please like and share!

https://www.youtube.com/c/hirokinagasawa
チャンネル登録をお願いします。

 

» 4年間にわたる Hawaii DAYZはこちら
» その他のVLOGはこちら

»「思いが伝わる! 心を動かす! アイデアを 「カタチ」にする技術」

 

 

ついに、はじまりました!
アマゾンプライムビデオ 「しろときいろ 〜ハワイと私のパンケーキ物語〜」

Aloha BRANDING も制作に加わっています。
オープニングのドローン映像と、The Dukes of Surf の曲の「Life is a Beach」のコーディネイトと作詞部分です。

かなり思い入れの強いドラマとなりましたので、ぜひご覧ください。
毎日15分配信、全25話です。

関係者のみなさん、お疲れ様でした!

 

» アマゾンへのリンクはこちら

» The Dukes of Surfはこちらから

 

しろときいろ 長澤宏樹

しろときいろ アロハブランディング

しろときいろ 長澤宏樹

 

Mahalo for another beautiful day.

 

Please like and share!

https://www.youtube.com/c/hirokinagasawa
チャンネル登録をお願いします。

 

» 4年間にわたる Hawaii DAYZはこちら
» その他のVLOGはこちら

»「思いが伝わる! 心を動かす! アイデアを 「カタチ」にする技術」

 

 

久坂部羊の「第五番」

 

久坂部羊の「第五番」を読みました。

 

フジテレビ系水10ドラマ「無痛〜診える眼〜」として、西島秀俊、伊藤淳史、伊藤英明等の出演でドラマ化された「無痛」の続編です。

舞台を海外に移し、新たな強烈キャラの登場が印象的。

白神の復活は、やはり、といった感じ。

 

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

それまで彩美は学校は休んではいけないと思いこんでいた。靴を隠されたり、筆箱に土をいれられたり、友だちに無視されたりしても、我慢して登校していた。そんなとき、「不登校」という言葉を聞いたのだ。目からウロコだった。病気でもないのに、学校を休むのもありなんだと。

 
——————————————
 

彼らは単純に、その場かぎりの視聴率を上げることしか考えていない。
あいつらのうち、だれか一人でもカポジ肉腫になればいいのに。そうすればもっと真剣になるだろう。菅井はそんなどす黒い想いが胸に渦巻くのを止めることができなかった。

 
——————————————
 

<まったく理解ができません。がんが見つかっても告知しないのなら、検査をする意味がないじゃないですか。事実を知りたくないなら、はじめから検査を受けなければいいのです>

 
——————————————
 

ー 我々の治療を信用してください。
これまで何度となく、患者に言ったセリフだ。確信を込めて、余裕たっぷりに。しかし、今、根拠もなしにとても信じられない。いい加減なことを言うな。

 
——————————————
 

<健康はあくまで手段です。目的ではない。それは金と同じことです。金儲けが目的になってしまうと、人間は金の奴隷に成り下がってしまう。日本語にはたしか、おもしろい言葉があったね。カーロイ、なんと言ったっけ>
<「シュセンド」ですね。「金を守る奴隷」という意味です>
<そう。日本人は健康を大切にするあまり、健康の奴隷になっているのではありませんか>
<健康を守る奴隷、「シュケンド」ですか>

 
——————————————
 

たしかに、オーストラリアには人間ドックやメタボリック症候群の健診はない。いやヨーロッパでもアメリカでも、政府がそんなことを主導している国はない。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 


» 久坂部羊の「第五番」

» BOOK LOG一覧はこちら

 


booklog

 

 

久坂部羊の「無痛」

 

久坂部羊の「無痛」を読みました。

 

フジテレビ系水10ドラマ「無痛〜診える眼〜」として、西島秀俊、伊藤淳史、伊藤英明等の出演でドラマ化された原作本。

ドラマではそこまで感じ取ることのできなかった、医療の矛盾について深く切り込んでいるのが印象的。

 

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

犯人はなぜそんなことをしたのか。狩猟家がするように、獲物を並べて狩の成果を誇示したかったのか。

 
——————————————
 

「むかしの医者はみんなこうやって診断していたのです。レントゲンがなくても結核はわかったし、胃カメラをしなくても胃がんの診断はついていた。今はすぐ血液検査だ、エコーだ、CTだと検査に頼るでしょう。だから医者の五感がトレーニングされてないんですよ」

 
——————————————
 

「でも、病気は自然現象なのです。だから手強い。一生懸命やれば必ず解決するわけでもない。雨乞いでは、雨は降らないでしょう。じゃあ、わたしはこれで」
菜美子は車から降りる為頼を、呆然と見送っていた。自分の努力を雨乞いといわれながら、反論したくてもできないもどかしさに、その瞳は端いでいるようだった。

 
——————————————
 

白神はシャウカステンの蛍光灯を消し、薄暗がりの中で答えた。
「先天性無痛症です」
「無痛症?」
「そうです。彼は生まれてから、痛みを感じたことがないんです」

 
——————————————
 

イバラは、身のまわりに危ないものがあまりに多いことを知り、おびえた。何が危険で何が安全かを、痛みなしに判断するのはむずかしい。

 
——————————————
 

佐田の脳裏に幼い日の恐怖がよみがえる。自分の叫びに発狂しそうになったあの日…。
佐田は必死でもがいたが、すぐに意識が遠のいた。頭の中で暗黒の渦巻きがオレンジ色に輝き、やがて色を失い、すべてが暗転した。

 
——————————————
 

「これまでに見て来た医者の欺瞞、高慢さ、それに患者の弱さといじましさ。それを舞台に演出される医療幻想。そんなものに虫酸が走るんでね」

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 


» 久坂部羊の「無痛」

» BOOK LOG一覧はこちら

 


booklog

 

ハワイにいながらも、けっこう日本のドラマをチェックしています。「半沢直樹」メチャクチャ面白いですね〜。完全はまってます。そんな、プロダクションの仲間から面白いラブレターを受け取りましたのでこれをシェアします。(一応ラブレターということにしておこうかと 笑)。

次回9月1日OAからは、BBQの話になるらしいよ・・・

Tagged with:
 
Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.