Currently viewing the tag: "ファンファーレ"

 

佐藤航陽の「お金2.0」

 

2018年のベストセラーから今年の5発目! 5/52

佐藤航陽の「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」を読みました。

今の資本主義経済の限界、そして次世代のお金や経済のあり方(の理想や予測)がとてもわかりやすくまとまっている一冊でした。

ビットコインしかり、FinTechしかり、ここ最近、急激な勢いで資本主義から、次の新しい秩序へと移行している感があります。
先日ブックログで書いた西野さんの「革命のファンファーレ」も、この本を読んでおくと、より良く理解できます。

本書のポイントを大きく2つのポイントに絞ると、以下2つが挙げられます。

 

 

知識は完全にコモディティ化します。「物知り」であることに価値はなくなりました。

今日のテクノロジーによって「経済の民主化」が進み、万人が経済を自らの手で作れるようになると、今私たちが考えている以上に社会は大きく変化していくでしょう。現代で「知識」そのものがコモディティ化されたことと同様に、「お金」そのものもコモディティ化し、今ほど貴重なものとは考えられなくなることが予想されます。

ーーー

資本主義から「価値主義」へ

今後は、可視化された「資本」ではなく、お金などの資本に変換される前の「価値」を中心として世界に変わっていくことが予想できます。
私はこの流れを「資本主義(capitalism)」ではなく「価値主義(valualism)」と呼んでいます。2つは似ているようで別のルールです。資本主義上で意味がないと言われる行為も、価値主義上では意味がある行為になるということが起きます。

 

 

この二つのポイントを意識しながら読み進めれば、すーっと内容が腹落ちしやすくなると思います。

このほかにも、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

本書では現在の経済やお金の起源、そのメカニズムを紹介して、それがテクノロジーによってどのように変化していっているのかを扱い、最後に資本主義の欠点を補った考え方として、価値を軸として回る「価値主義」という枠組みを提案しています。

ーーー

現実はおおよそ3つの異なるベクトルが併存し相互に影響を及ぼしており、それらが未来の方向性を決めている、という構造です。もちろん実際はもっと複雑で無数の要素があるのでしょうが、中でも影響力の強い3つに絞りました。「お金」「感情」「テクノロジー」の3つです。

ーーー

こうして遡ってみると、中央銀行が本格的に普及したのはこの100年ほどです。

ーーー

世界経済で言うと、上位1%の富裕層が世界全体の富の48%を所有しており「上位80人」と「下位35億円」の所有がほぼ同じだとされています。

ーーー

ただ、実際に会社が数百人規模になってくると、自分たちの存在を「情報」として定義する、つまり「ビジョン」や「理念」を策定する重要性が身に染みて理解できるようになりました。
ギリシャ神話に「テセウスの船」という有名な話があります。ボロボロになった船を修理するためにバーツを取り替えていき、最後には、すべての部分を取り替えてしまいました。その船は元の船と同じ存在と言えるのか?という疑問を投げかけた話です。

ーーー

今起きているのはあらゆる仕組みの「分散化」

これまで力を持っていた代理人や仲介者はどんどん価値を提供できなくなっていき、力を失っていきます。分散化が進んでいくと情報やものの仲介だけでは価値を発揮できず、独自に価値を発揮する経済システムそのものを作ることができる存在が大きな力を持つようになっていきます。

ーーー

ビットコインは、ほぼ完全に分散化が進んだ経済システムとして機能し始めており、まるで自然界の生態系のように有機的であり柔軟なネットワークになりつつあります。今後、シェアリングエコノミーやトークンエコノミーも進化していくと、中央に一切の管理者が不在で自動的に回り、改題し続ける有機的なシステムとして存在するようになることが予想されます。

ーーー

中国ではSNSやスマホの決済に紐づいた信用スコアが存在していて、悪事を働くとこのスコアが下がり、SNSやスマホ決済の利用が凍結される可能性があります。

ーーー

あらゆる「価値」を最大化しておけば、その価値をいつでもお金に変換することができますし、お金以外にものと交換することもできるようになります。お金は価値を資本主義経済の中で使える形に変換したものに過ぎず、価値を媒介する1つの選択肢に過ぎません。

ーーー

既存の経済 ではマネーキャピタルを増やすことがうまい人(経営者・投資家)が大きな力を持っていましたが、これからはソーシャルキャピタルを増やすのに長けた人も大きな力を持つようになると思います。

ーーー

人間は、自分が生まれた時にすでに存在したテクノロジーを、自然な世界の一部と感じる。15歳から35歳の間に発明されたテクノロジーは、新しくエキサイティングなものと感じられ、35歳以降になって発明されたテクノロジーは、自然に反するものと感じられる。

ーーー

近代の学校教育は兵士を作るためのものだったので、枠組みの中で画一的に働いてくれる人を育てるように作られています。今後のAI化された社会では、兵士も不要になりますし、学校で教わるような単純作業は全て機会に取って代わられてしまうでしょう。
日本の学校教育とは反対の、「モンテッソーリ教育」という、子供の興味をとことん伸ばしていくという教育法が注目されています。グーグル、アマゾン、フェイスブックの創業者はいずれもこの教育を受けていたと言われています。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

*Amazonへのリンク→ 佐藤航陽の「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」

» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

 

西野亮廣の「革命のファンファーレ」

 

2018年のベストセラーから今年の3発目! 3/52

西野亮廣の「革命のファンファーレ」を読みました。

 

この本を読む上で、そして、キングコング西野さんを理解する上で、最初の時点でしっかりとインプットしておきたい前置きが二つあると感じた。

これをインプットなしに、炎上しているようなコメントから入り、この西野さんを表面的に理解したつもりでいると、大きな勘違いにつながってしまう。それではあまりにも勿体無い。この人は、そんな小さな次元で動いてはいないからだ。

では、事前にちゃんと読んでおきたいその前置きとは、何か。
それは「はじめに」に書いてある、この2点だ。

 

 

動物であろうと、植物であろうと、いつの世でも種として優秀なのは「年下」で、これは抗いようのない自然界のルールだ。

ーーー

革命のファンファーレは鳴った。
農業革命よりも、産業革命よりも、大きな革命が、よりによって僕らの時代を直撃した。情報革命だ。
インターネットより、距離や時間の壁がなくなった。
当然、距離や時間に結びついていたいくつかの仕事もなくなる。加えてロボット技術もグイグイ伸びてきている。
ものの売り方が変わり、働き方が変わり、お金の形が変わり、常識が変わり、道徳が変わっていく。超高速回転で。

そして残念なことに、経験したことを僕らに教えてくれる存在であったハズの親や先生は、この革命を経験していない。
たとえば、あなたの親は、あんたにこんなことを言うだろう。
「好きなことをして生きていけるほど、世の中はあまくない」と。
親世代の常識は「お金=ストレスの対価」だ。

(中略)

ここからは、「好きなことを仕事かするしか道が残されていない」時代だ。
多くの親や先生は、この変化をとらえていない。
彼らは、この大波の乗り越え方を知らないのだ。

 

 

この「はじめに」に書かれている2点は、つまりは本全体のベースとなるコンセプトだ。ここを明確にしておくことで、その後の作者の溢れるように流れてくる経験談や物事に対するインサイト、発見を説明する文書がスーッと入ってくるようになる。

アイデアを最初にカタチにしていく人は、どんなに上手にそれを説明しても、必ずどこかで誤解が生じてしまう。周囲にとっては、それはいままで見たことなものだから、自分が想像できる範囲を超えてしまうのだ。でも、だからといって、そこに屈してはいけない。自分が見えているものを、見えていない人からの影響で、止めてしまうのはナンセンスだ。それはいつの時代も同じだ。

西野さんには、これからもドンドン実験的な企画を実行に移し、そこから得た経験をシェアしていってほしいと思った。

僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

肩書きを変える程度のことで炎上してしまう(「肩書きは一つに絞れ」という)世間の風潮が、職業に寿命がやってくる、これからの時代を生きる上で極めて危険

ーーー

売れている作品が更に売れる理由の一つは、売れている作品がニュースにしやすい数字を持っているからだ。

ーーー

現代でモノを売るなら、当然、現代人の動きを読まなければならない。
・どこで寝泊まりしているのか?
・何にお金を使っているか?
・1日のスケジュールはどうなっているか?
・1日に何時間スマホを見ているか?
・どこでスマホを見ているか?
・スマホを使う際、親指はどの方向に動かしているか?目はどの方向に動かしているか?

ーーー

結論、やるしかない。
何があろうと、自分に時間を使うしかない。
指が変形するまでペンを握るしかない。
無料公開が常識となった今、実力が可視化されるようになった今、一番の広告は「作品のクオリティを上げること」だ。

ーーー

これまで僕らは「いかにお客さんを増やすか?」の競争をしてきたけれど、そんなことはしなくてよくて、「作り手」を増やしてしまえばいい。作り手は、そのまま消費者になるから。

ーーー

広告の連鎖

広告を作る時は、自分の手から離れても尚、こういった「広告の連鎖」が自然発生する基盤を作ることが大切だ。

(中略)

これからの時代は、このセカンドクリエイターのクリエイター心をいかに揺さぶるか。いかに「作ってみたいな」と思わせるか。
そこがヒットの鍵になってくる。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

» 西野亮廣の「革命のファンファーレ」

» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.