Currently viewing the tag: "医療"

 

久坂部羊の「第五番」

 

久坂部羊の「第五番」を読みました。

 

フジテレビ系水10ドラマ「無痛〜診える眼〜」として、西島秀俊、伊藤淳史、伊藤英明等の出演でドラマ化された「無痛」の続編です。

舞台を海外に移し、新たな強烈キャラの登場が印象的。

白神の復活は、やはり、といった感じ。

 

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

それまで彩美は学校は休んではいけないと思いこんでいた。靴を隠されたり、筆箱に土をいれられたり、友だちに無視されたりしても、我慢して登校していた。そんなとき、「不登校」という言葉を聞いたのだ。目からウロコだった。病気でもないのに、学校を休むのもありなんだと。

 
——————————————
 

彼らは単純に、その場かぎりの視聴率を上げることしか考えていない。
あいつらのうち、だれか一人でもカポジ肉腫になればいいのに。そうすればもっと真剣になるだろう。菅井はそんなどす黒い想いが胸に渦巻くのを止めることができなかった。

 
——————————————
 

<まったく理解ができません。がんが見つかっても告知しないのなら、検査をする意味がないじゃないですか。事実を知りたくないなら、はじめから検査を受けなければいいのです>

 
——————————————
 

ー 我々の治療を信用してください。
これまで何度となく、患者に言ったセリフだ。確信を込めて、余裕たっぷりに。しかし、今、根拠もなしにとても信じられない。いい加減なことを言うな。

 
——————————————
 

<健康はあくまで手段です。目的ではない。それは金と同じことです。金儲けが目的になってしまうと、人間は金の奴隷に成り下がってしまう。日本語にはたしか、おもしろい言葉があったね。カーロイ、なんと言ったっけ>
<「シュセンド」ですね。「金を守る奴隷」という意味です>
<そう。日本人は健康を大切にするあまり、健康の奴隷になっているのではありませんか>
<健康を守る奴隷、「シュケンド」ですか>

 
——————————————
 

たしかに、オーストラリアには人間ドックやメタボリック症候群の健診はない。いやヨーロッパでもアメリカでも、政府がそんなことを主導している国はない。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 


» 久坂部羊の「第五番」

» BOOK LOG一覧はこちら

 


booklog

 

 

クリエイティブチェック アロハブランディング

 

今年も盛り上がってきているクリエイティブの祭典「カンヌ2015」から注目作品を順次ピックアップしていきます。

 


カンヌ!CHECK19
Mexican Red Cross “SOS SMS”

 

自分の携帯と医療関連データを紐づけることで、万が一の時に看護士や医師がアクセスできる仕組み。

ぜひとも普及して欲しい。
ただ、現実的には、医療関係者に高いデジタルリテラシーを求める過度の期待を持たせている側面も否めない。
そもそも論だけど、自分の財布に、自分の持病等を説明する紙を一枚入れておけば良いようなきがしないでもない。。。(笑)
アナログとデジタルの使い分けは大事。

 

https://youtu.be/gWDUNFbDpeI

 

 

まとめ記事は、アロハブランディングのウェブサイトでも紹介していきますので、まとめて読みたい人はこちらをどうぞ~。

 » アロハブランディングのCreative CHECK

 

 » Other Creative CHECK posts
 » Facebook Creative CHECK

 

Tagged with:
 

 

僕の「日本一時帰国中にやらないといかんリスト」にあったもう一つの項目である「歯医者に通う」を、本日クリアー!

合計4回に渡る丁寧な治療をしていただき、すっきりすっきり♫
やっぱり、ハワイ(アメリカ)は歯が命ですからね〜。

 

なぜ、日本での一時帰国中にわざわざ歯医者さんに通う必要があるの?

もちろん、ハワイにも沢山歯医者がありますし、社会的地位がとても高い職業です。

でも、お客さん(患者)の視点としては、どれだけ最新の設備が整っていようと、やっぱり日本語が通じた方が何かと便利で安心です。いくら英語を勉強して身につけたとしても、このような治療や医療のコミュニケーションの中では、言葉の壁がなかなか超えられないことを感じる瞬間が多々あるのです。

そんな満足いかないコミュニケーションを繰り返すうちに、やっぱり日本語の話せる(日本の文脈を理解した)歯医者さんの方を求めるようになります。英語に自信のない人ならなおさらそうなるでしょう。

結果、ハワイに住む日本人のほとんどが、日本人の歯医者さんを求めて通うことになります。そうすると、ハワイに住む人口に対して日本人の歯医者さんが圧倒的に不足してきます。この完全なる売り手市場の中では、当たり前ですが、なかなか親切丁寧に治療してくれる日本人の医者さんに巡り会うことはできないですよね。

 

また、ハワイはじめアメリカの医療制度は、よくテレビ等で報道されている通り、とても高額で、システム(仕組み)としては、完全に破綻しているようにも見受けられます。医療制度にひっぱられ、必然的に歯医者さんの治療費もバカにならない金額になってしまっています。(ハワイでは歯の治療ができずに、文字通り歯抜けになっているローカルの人たちを沢山見かけるほどです)

とても感覚的ではありますが(今回ハワイであらかじめ聞いていた金額と、日本での治療の費用を比べると)ハワイは日本に比べて、おそらく3倍額くらいかかるような印象をうけました。(あくまでも今回の治療費での二国間の比較ですが)

と、そんな背景があり、とにかく日本で全部一気に治そうと、と思っていたわけです。だからこそ、余計にすっきりすっきりなのです〜♫

 

その後、午後は、すっきりした歯で、渋谷で打ち合わせを2本。

一つは新たに始まった映像制作の事前打ち合わせ、もう一つはメイクアップアーチストのホームページ制作。

ということで、今日も、SMILE 0円キャンペーンを掲げながら、世の中の良いものをより分かりやすく伝えるために戦うのでした〜。

 

Tagged with:
 

先月からハワイのバカ高い保険に加入したので、ようやく子供たちのチェックアップ。長男の耳のチューブがまだ残っていることを確認し、娘たちに予防接種を打ってもらう。しかしここで有り得ないミス。次女に打つはずの予防接種を長女に打ち間違えた・・・。それに気がついた看護婦がSHIT!と部屋を慌てて出ていく。色々問いつめたところ結局問題はないと言い張るものの、当然こっちとしては不安が残る。
何ともずさんな、次回からはその場で都度確認することを決めた。

Tagged with:
 

歯が痛くてハワイで初めて歯医者に行く。
体調はイマイチなのだけど、事前に予約していたのでしょうがない。結果的に今日は診察だけだったのだけど、改めて米国の医療制度の問題を痛感することとなった。
先日ハワイの健康保険HMAAに加入したのと、そもそもAIUの海外渡航保険に入っているので(二重で入っているなら)歯の治療はどっちらかで充分カバーできるだろうと考えていたが、読みが甘かった。

・まず、診察に115ドル(まあまだこれは良いとしよう)
・歯の被せものに関する治療は300ドルくらい(まあまあこれも良しとしよう)
・親知らずを抜く場合は3〜400ドル
・歯の神経を取らないと行けない場合は、なんと2800ドル!
 しかも神経部分は専門分野となり、紹介状をもらい別の場所で治療・・・
・さらに、歯の根の治療に2800ドル!
 これまた、専門分野となり別の歯医者で治療が必要とのこと・・・

歯の根の治療、高っ!しかも、なんで一カ所で全部できないのかねー。絶対キックバックもらう制度でしょ!これ?更に、後で分ったのだけど、海外渡航保険のAIUは、歯の治療に関しては最初の1ヶ月しか適用されないとのこと。よって今回の治療では使えないらしい・・・。結局HMAAの保険に後ほど差し替えてもらうことで対応する。しかし!! HMAAは毎月1000ドル近く払っているにも関わらず、歯の根や神経の治療は最初の1年間はカバーできないとのこと・・・。もうー、なんなんだかな〜・・・(しかも一年後も最大カバーできて70%〜50%)。こっちに住む人が、日本に帰るたびに治療する理由が良く分かった。こう言うのって本当に凹む〜!

ハワイに仕事に来ているしんぺいちゃんから電話をもらう。嬉しいな〜。久々に会いたいな〜。でも今日はグッと我慢して体の復活を第一に仕事する。

Tagged with:
 
Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.