Currently viewing the tag: "子供"

 

吉野源三郎の「君たちはどう生きるか」

 

2018年のベストセラーから今年の6発目! 6/52

吉野源三郎の「君たちはどう生きるか」を読みました。

読み終えて、最初に芽生えた疑問、それは、「果たしてこの本は、子供向けの本なのだろうか? それとも、子供に教育を施す大人向けの本なのだろうか?」というもの。

読み進めると「そうそう、そういう感情が確かに子供のころあったなあ」とノスタルジーに浸る場面が多々でてくるのだが、それと同時に、「自分が子供のころ、この本の中で言われているようなことを、身近な大人から言われたらよかったのにななあ」という感情が芽生えてくる。でもこれは、大人になってからわかる「昔こういうことを言われたらよかったのになあ」であって、子供の当事者としては、これを素直に聞く耳をもつだろうか?というか、そもそもそういう話に興味を持つだろうか?と思った次第。(ヒューマンドラマの映画を見させられて喜ぶより、アクション映画やSFを好む子供の方が多い理由に近い)

主人公のコピルくんと、その父親がわりにコペル君を育てる叔父さんとのやり取りは、誠実であたたかく、非の打ち所がない。このやり取りを描ける事自体はとても素晴らしいことなのだが、これを子供が読んで面白いと思うのだろうか?というのが正直な感想。

でもやっぱり、大人としては子供に読んでもらいたいがために、よりライトに読みやすい漫画版が出ているのだろうなあ、とこれまた勝手に推測する。

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

コペル君は、ぐったりした格好をして見せた。北見君も、腕を投げ出して一休みしました。それで、水谷君も、あああと言って黙ってねころんでいました。
もう、お互いに口をきく必要もありません。黙ってねころんでいるだけで、どんなに楽しかったでしょう。

ーーー

ニュートンが偉かったのは、ただ、重力と引力とが同じものじゃないかと、考えついたというだけじゃあない。その思いつきからはみまって、非常な苦心と努力とによって、実際にそれを確かめたというところにあるんだ。これが、普通の人にはとてもできないような難しい問題だったのだね。

(中略)

だからねえ、コペル君、あたりまえのことというのが曲者なんだよ。わかり切ったことのように考え、それで通っていることを、どこまでも追っかけて考えてゆくと、もうわかり切ったことだなんて、言ってられないようなことにぶつかるんだね。こいつは物理学に限ったことじゃあないけど…。

ーーー

これだけいえば、もう君には、勉強の必要は、お説教しないでもわかってもらえると思う。偉大な発見がしたかったら、いまの君は、何よりもまず、もうりもり勉強して、今日の学問の頂点にのぼり切ってしまう必要がある。そして、その頂点で仕事をするんだ。

ーーー

君は、毎日の生活に必要な品物ということから考えると、たしかに消費ばかりしていて、なに一つ生産していない。しかし、自分では気がつかないうちに、他の点で、ある大きなものを、日々生み出しているのだ。それは、いったい、なんだろう。
コペル君。
僕は、わざとこの問題の答えをいわないでおくから、君は、自分で一つその答えを見つけてみたまえ。
別に急ぐ必要はない。この質問を忘れずにいて、いつか、その答えを見つければいいんだ。

ーーー

しかし、この人々は、自分たちの唱えていることが正しいと信じると同時に、自分たちの判断もいちいち正しいと思い込んでしまっていました。そして自分たちの気に喰わない人間は、みんな校風にそむいた人間であり、間違った奴らだと、頭からきめてかかるのでした。
だが、それよりも、もっと大きな誤りは、この人々が、他人の過ちを責めたり、それを制裁する資格が自分たちにある、と思い上がっていることです。同じ中学生に、そういう資格はないはずです。

ーーー

卑怯者、卑怯者、卑怯者

聞くまいとしても聞こえてくるのは、この無言の声です。
正月の五月、あの水谷君の部屋で、殴られるならいっしょにと、あれだけ固い約束をしたのを、コペル君は破ってしまったのでした。親友の北見君が殴られるのを目の前に見ながら、何一つ抗議せず、なに一つ助けようとしないで、おめおめと見過ごしてしまったのです。

ーーー

そんなこと、そんなこと、何も考えるまでもないじゃないか。いま、すぐ手紙を書きたまえ。手紙を書いて、北見君にあやまってしまうんだ。いつまでも、それを心の中に持ち越してるもんじゃないよ。

ーーー

だから、だからね、コペル君、ここは勇気を出さなきゃいけないんだよ。どんなにつらいことでも、自分のした事から生じた結果なら、男らしく耐え忍ぶ覚悟をしなくちゃいけないんだよ。

ーーー

僕、ほんとうにいい人間にならなければいけないと思いはじめました。叔父さんのいうように、僕は、消費専門家で、何一つ生産していません。浦川君なんかとちがって、僕にはいま何か生産しようと思っても、なにもできません。
しかし、僕は、いい人間になることはできます。自分がいい人間になって、いい人間を一人この世の中に生み出すことは、僕にもできるんです。
そして、そのつもりにさえなれば、これ以上のものを生み出せる人間にだって、なれると思います。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

*Amazonへのリンク→ 吉野源三郎の「君たちはどう生きるか」

» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

 

vlog157は
「簡単!インスタ風料理動画の作り方」です。

 

 

・バレンタイン当日です
・キッズのチョコ作りの模様を料理動画風動画に仕上げてみる
・機材と撮影時セットアップについての説明
 といったお話です

 

<本編で紹介したもののリンク>

HELINの三脚はこちら
http://amzn.to/2nWWBVr

一脚はこちら
http://amzn.to/2nZqDb6

キヤノンのコンデジG7Xはこちら
http://amzn.to/2BYovt5

リングライトはこちら
http://amzn.to/2BXqNbG

インスタ風料理動画はこちら
https://youtu.be/NTHhV4bLKrg

 

Mahalo for another beautiful day.

 

Please like and share!

https://www.youtube.com/c/hirokinagasawa
チャンネル登録をお願いします。

 

» 4年間にわたる Hawaii DAYZはこちら
» その他のVLOGはこちら

»「思いが伝わる! 心を動かす! アイデアを 「カタチ」にする技術」

 

 

vlog #87は、
「DJIのSPARKが、ミニドローンの市場を書き換える! #87」について😲

・期待の新ドローン、DJI SPARKSについて
・気になるフィッシングドローン、パワーレイ
・自転車に乗る特訓など

 


 

今回紹介した、ペダルがとり外せる子供用自転車はこちら
http://amzn.to/2rwVTSb

 

Please like and share!

 

Mahalo, for another beautiful aloha day!

 

» 4年間にわたる Hawaii DAYZはこちら
» その他のVLOGはこちら

»「思いが伝わる! 心を動かす! アイデアを 「カタチ」にする技術」

 

 

今日からALBION CUPがキックオフ!

 

tournament

 

ハワイから遠征中のHonolulu BULLS SC
04boys are all fired up!

 

abion

 

まずは、大事な一戦の結果は2-2の引き分け…
やっぱり島のレベルは本土に通用しないのか?

と思いきや、、、
夕方の第二戦は、BULLSの2番と12番のコンビが大爆発!
なんと、5-1の圧勝という結果に
この先どうなる?

 

一方、ガールズチームは、今日はシーワールドへ

seaworld

 

shachi

 

アトラクション満載のテーマパークなのに
テーマパーク慣れしてないハワイの田舎者ガールズが楽しめるのは
派手な乗り物ではなく、動物とのふれあう素朴系

今日はイルカに触れなかったのがとにかく悔しかったらしい
明日再トライ

 

ところで、、、
テッちゃんと語り合ったのだけど、
サンディエゴの夕日は長い!
ハワイと比べて、影の長い時間が長い
なんでだろう?

 

shadow

 

でも、この影の長い時間こそ、
大気にマイナスイオンが出ていて癒される気がするんだ

大事な時間だね

 

Mahalo, for another beautiful aloha day!

 

 » 「思いが伝わる! 心を動かす! アイデアを 「カタチ」にする技術」

 

Tagged with:
 

 

サン=テグジュペリの「星の王子さま」(訳:谷川かおる)

 

サン=テグジュペリの「星の王子さま」(訳:谷川かおる)を読みました。

 

昔から幾度と読み返している作品。
その時々の心境によって、受ける印象が変わるのが面白い。

今回は、谷川かおる訳バージョン。

 

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

そんなわけで、六歳にして、ぼくは絵描きというすてきな職業をあきらめることになった。ぼくは、ぼくの絵第一号と第二号が認められなくて、すごくがっかりしたんだ。おとなは、いつだってひとりじゃなにも理解できない。子どもにしてみれば、いつもいつもおとなになにか説明しなくちゃならないのって、うんざりなんだ…。

 
——————————————
 

「ねえ、ぼくに羊を一匹描いてよ!」
えぇ!?
「羊を一匹描いてよ…」

 
——————————————
 

つまり、こんな風に質問したりしないんだ。
「その子の声って、どんな感じ?」「その子が好きな遊びはなに?」「蝶々を集めてる?」
その代わり、おとなたちはこう訊くだろう。
「その子は何歳なの?兄弟は何人?体重は何キロ?お父さんはどれくらいお金持ち?」
おとなは、こういうことを知りさえすれば、その子のことがわかった気になる。

 
——————————————
 

「ねえ、あんまり悲しいと、夕日が好きになるよね…」
「じゃあ、四十四回夕日を見た日、君はそんなに悲しかったのかい?」
王子さまは、なにも答えなかった。

 
——————————————
 

「誰も愛したことがない。やることといったら、計算だけなんだ。そして一日中、あなたみたいに言いつづけているんだ、わたしはまじめな人間だ、まじめな人間だって!それでうぬぼれでいっぱいになってるんだ。でも、そんなの人間じゃない、そんなのはキノコだ!」
「そんなのは何だって?」
「キノコッ!」

 
——————————————
 

かくして、心から愛していたにもかかわらず、王子さまは、じきにはなが信じられなくなった。取るにたらない言葉を真にうけ、かえってひどく不幸せになってしまったのだ。

 
——————————————
 

「”賛嘆する”とは、わたしがこの星で一番ハンサムで、一番おしゃれで、一番お金持ちで一番頭がいいと認めることなのです」
「でも、この星にはあなたひとりしかいないじゃない!」
「それdめおいいから、とにかく賛嘆していただきたいのです!」
「賛嘆しますよ」と、王子さまは肩をすくめながら言った。

ーー

「自分が酒飲みなのが恥ずかしくって、それをわすれるために酒を飲んでいるんだ!」
 
——————————————
 

「ねえ、ぼくと遊ぼうよ」と、王子さまは誘ってみた。
「ぼく、すごく悲しいんだ」
「オイラはあんたと遊べないよ」とキツネは答えた。
「だって、オイラ、あんたになついてないもの」
「あ!ごめんなさい」と、王子さまは答えた。

 
——————————————
 

「さようなら」と、キツネも言った。

「さあ、オイラの秘密を教えよう。すごく単純なことなんだ。それは、心でしかものはよく見えないってことなんだよ。いちばんたいせつなものは、目には見えないんだ」
「いちばん大切なものは、目には見えない」と、王子さまはキツネの言葉を繰り返した。よく覚えておけるように。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 


» サン=テグジュペリの「星の王子さま」(訳:谷川かおる)

» BOOK LOG一覧はこちら

 


booklog

 

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.