まるで缶詰の巨匠

長男の手術のため入院。
前回の10日間の入院がトラウマなのか、未だに不安いっぱいの長男。
気持ちを紛らすために病院のベッドで公文をやらせる。
その姿は、ホテルに缶詰になって小説を描く巨匠と編集者。

僕も仕事が山積みなので、病院に延長コードを持ち込んで、そこにPCやらWi-Fiやら携帯やらを充電しながら横で作業。
それはさすがにやり過ぎと看護婦さんに怒られる(苦笑)

無事終わったら外でサッカーでもしよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました