Currently viewing the tag: "経済"

 

vlog164は「今読むべき本はこれ!ベストセラー読破52 (2月) 」です。

 

 

今回は以下5冊をご紹介しました!

・佐藤航陽の「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」
 http://amzn.to/2Fqgkrz

・吉野源三郎の「君たちはどう生きるか」
 http://amzn.to/2oY7vux

・今泉忠明の「おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典」
 http://amzn.to/2Fr1l0k

・田中道昭の「アマゾンが描く2022年の世界」
 http://amzn.to/2FqOnjk

・吉野源三郎の「漫画 君たちはどう生きるか」
 http://amzn.to/2Ho1fDn

「今読むべき本はこれ!ベストセラー読破52 (1月) 」はこちら

 

 

*年初にたてた抱負「ベストセラー読破52」についてはこちらのvlogを見てね

 

 

Mahalo for another beautiful day.

 

Please like and share!

https://www.youtube.com/c/hirokinagasawa
チャンネル登録をお願いします。

 

» 4年間にわたる Hawaii DAYZはこちら
» その他のVLOGはこちら

»「思いが伝わる! 心を動かす! アイデアを 「カタチ」にする技術」

 

Keywords:
#ブックログ #読書 #ベストセラー #ビジネス書 #読むべき本 #佐藤航陽 #お金2.0 #経済 #吉野源三郎 #君たちはどう生きるか #今泉忠明 #進化のふしぎ #ざんねんないきもの事典 #動物 #田中道昭 #アマゾンが描く2022年の世界 #amazon

 

佐藤航陽の「お金2.0」

 

2018年のベストセラーから今年の5発目! 5/52

佐藤航陽の「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」を読みました。

今の資本主義経済の限界、そして次世代のお金や経済のあり方(の理想や予測)がとてもわかりやすくまとまっている一冊でした。

ビットコインしかり、FinTechしかり、ここ最近、急激な勢いで資本主義から、次の新しい秩序へと移行している感があります。
先日ブックログで書いた西野さんの「革命のファンファーレ」も、この本を読んでおくと、より良く理解できます。

本書のポイントを大きく2つのポイントに絞ると、以下2つが挙げられます。

 

 

知識は完全にコモディティ化します。「物知り」であることに価値はなくなりました。

今日のテクノロジーによって「経済の民主化」が進み、万人が経済を自らの手で作れるようになると、今私たちが考えている以上に社会は大きく変化していくでしょう。現代で「知識」そのものがコモディティ化されたことと同様に、「お金」そのものもコモディティ化し、今ほど貴重なものとは考えられなくなることが予想されます。

ーーー

資本主義から「価値主義」へ

今後は、可視化された「資本」ではなく、お金などの資本に変換される前の「価値」を中心として世界に変わっていくことが予想できます。
私はこの流れを「資本主義(capitalism)」ではなく「価値主義(valualism)」と呼んでいます。2つは似ているようで別のルールです。資本主義上で意味がないと言われる行為も、価値主義上では意味がある行為になるということが起きます。

 

 

この二つのポイントを意識しながら読み進めれば、すーっと内容が腹落ちしやすくなると思います。

このほかにも、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

本書では現在の経済やお金の起源、そのメカニズムを紹介して、それがテクノロジーによってどのように変化していっているのかを扱い、最後に資本主義の欠点を補った考え方として、価値を軸として回る「価値主義」という枠組みを提案しています。

ーーー

現実はおおよそ3つの異なるベクトルが併存し相互に影響を及ぼしており、それらが未来の方向性を決めている、という構造です。もちろん実際はもっと複雑で無数の要素があるのでしょうが、中でも影響力の強い3つに絞りました。「お金」「感情」「テクノロジー」の3つです。

ーーー

こうして遡ってみると、中央銀行が本格的に普及したのはこの100年ほどです。

ーーー

世界経済で言うと、上位1%の富裕層が世界全体の富の48%を所有しており「上位80人」と「下位35億円」の所有がほぼ同じだとされています。

ーーー

ただ、実際に会社が数百人規模になってくると、自分たちの存在を「情報」として定義する、つまり「ビジョン」や「理念」を策定する重要性が身に染みて理解できるようになりました。
ギリシャ神話に「テセウスの船」という有名な話があります。ボロボロになった船を修理するためにバーツを取り替えていき、最後には、すべての部分を取り替えてしまいました。その船は元の船と同じ存在と言えるのか?という疑問を投げかけた話です。

ーーー

今起きているのはあらゆる仕組みの「分散化」

これまで力を持っていた代理人や仲介者はどんどん価値を提供できなくなっていき、力を失っていきます。分散化が進んでいくと情報やものの仲介だけでは価値を発揮できず、独自に価値を発揮する経済システムそのものを作ることができる存在が大きな力を持つようになっていきます。

ーーー

ビットコインは、ほぼ完全に分散化が進んだ経済システムとして機能し始めており、まるで自然界の生態系のように有機的であり柔軟なネットワークになりつつあります。今後、シェアリングエコノミーやトークンエコノミーも進化していくと、中央に一切の管理者が不在で自動的に回り、改題し続ける有機的なシステムとして存在するようになることが予想されます。

ーーー

中国ではSNSやスマホの決済に紐づいた信用スコアが存在していて、悪事を働くとこのスコアが下がり、SNSやスマホ決済の利用が凍結される可能性があります。

ーーー

あらゆる「価値」を最大化しておけば、その価値をいつでもお金に変換することができますし、お金以外にものと交換することもできるようになります。お金は価値を資本主義経済の中で使える形に変換したものに過ぎず、価値を媒介する1つの選択肢に過ぎません。

ーーー

既存の経済 ではマネーキャピタルを増やすことがうまい人(経営者・投資家)が大きな力を持っていましたが、これからはソーシャルキャピタルを増やすのに長けた人も大きな力を持つようになると思います。

ーーー

人間は、自分が生まれた時にすでに存在したテクノロジーを、自然な世界の一部と感じる。15歳から35歳の間に発明されたテクノロジーは、新しくエキサイティングなものと感じられ、35歳以降になって発明されたテクノロジーは、自然に反するものと感じられる。

ーーー

近代の学校教育は兵士を作るためのものだったので、枠組みの中で画一的に働いてくれる人を育てるように作られています。今後のAI化された社会では、兵士も不要になりますし、学校で教わるような単純作業は全て機会に取って代わられてしまうでしょう。
日本の学校教育とは反対の、「モンテッソーリ教育」という、子供の興味をとことん伸ばしていくという教育法が注目されています。グーグル、アマゾン、フェイスブックの創業者はいずれもこの教育を受けていたと言われています。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

*Amazonへのリンク→ 佐藤航陽の「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」

» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

 

佐藤雅彦の「ヘンテコノミクス」

 

2018年のベストセラーから今年の二発目! 2/52

佐藤雅彦の「ヘンテコノミクス」 を読みました。

 

これまた、僕が地球上で大尊敬するクリエイティブな方の一人、佐藤雅彦さんの本から。
今回は「行動経済学」に対して、人間のとる不可解な行動を「ヘンテコノミクス」と称して、その行動経済をまんがで表現した一冊。

とてもわかりやすい上に、勉強になりました!

以下、全部書き出すと到底キリがないので、ごく一部だけ、気になった箇所を紹介。
僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

報酬が動機を阻害する
アンダーマイニング効果

好きでしていた行動(内発的動機)に、
報酬(外発的動機)を与えられることによって
やる気がなくなってしまう現象のことを、
「土台を壊す・弱体化させる」
という意味の言葉です。

ーーー

基準が判断に影響を及ぼす
アンカリング効果

私たちは、同じ価値の同じ商品でも
基準となる情報に左右されて
価値の大小を判断してしまうことがあります。

このような非合理的な判断をしてしまうことを、
行動経済学では基準をアンカー(錨)にたとえて
「アンカリング効果」と呼んでいます。

ーーー

代表性ヒューリスティック

私たちは様々な物語を見聞きした時に、
既に抱いているイメージに囚われて
偏った判断をしてしまうことがあります。
このような心のはたらきを、
行動経済学では
「代表性ヒューリスティック」
と呼んでいます

*本書では、この説明を文字だけの漫画で表現。
 かなり秀逸でした。

 

佐藤雅彦の「ヘンテコノミクス」1

 

ーーー

プライミング効果

私たちは、事前に与えらる情報によって、
同じものをみても、解釈がガラリと
変わってしまうことがあります。
このような現象を心理学では
「ブライミング効果」と呼んでいます。

*本書では、この説明を漫画を2回読ますことで表現。
 これまた秀逸でした。

 

佐藤雅彦の「ヘンテコノミクス」2

 

ーーー

近い将来の変化の方が、
遠い将来の変化に比べて大きいと感じてしまう心理傾向のことを
行動経済学では「双曲割引」と呼んでいます。

 

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

» 佐藤雅彦の「ヘンテコノミクス」

» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

 

百田尚樹の「海賊とよばれた男」

百田尚樹の「海賊とよばれた男」

 

百田尚樹の「海賊とよばれた男」(上)を読みました。

 

アツい!幾度となく涙がこぼれ落ちました。

2013年の第10回本屋大賞、百田尚樹による歴史経済小説。
主人公は、出光興産の創業者の出光佐三がモデル。

2016年に映画化作品が公開予定だそうです。

 

 

これは読んだ方がいい一冊。
おすすめです

 

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

社員たちの体がかすかに揺れた。
「日本には三千年の歴史がある。戦争に負けたからといって、大国民の誇りを失ってはならない。すべてを失おうとも、日本人がいるかぎり、この国は必ずや再び立ち上がる日が来る」

 
——————————————
 

「昨日まで日本人は戦う国民であったが、今日からは平和を愛する国民になる。しかし、これが日本の真の姿である。これこそ大国民の襟度である。日本は必ずや再び立ち上がる。世界は再び驚倒するであろう」

 
——————————————
 

日本は一刻も早く主権を取り戻し、独立を勝ち取らねばならない。それこそ鐡造の悲願であった。

 
——————————————
 

「無実の者に罪をかぶせて、恥ずかしくないのか。君らは神を信じるというが、その神に恥じることはないのか」
飯田が震えながらさらに伝えると、後方にいた上役らしき男が椅子を立って、鐡造たちのほうにやってきた。

 
——————————————
 

甲賀ははっとした。戦争に負けて占領軍に統治されてから、自分たちはいつのまにかGHQを君主のように思っていたのではあるまいかと思うと、自分たちの不明さを恥じた。しかし、店主は違う。統治はされていても、精神的には常に対等であったのだ。

 
——————————————
 

鐡造は立ち上がって武知に握手を求めた。61歳とは思えぬ力強い手だった。
「今日から、君はぼくの家族だ」
その瞬間、武知の体は喜びで震えた。

 
——————————————
 

今日まで雌伏した店員たちよ。わが国岡商店はついに翼を得た。これからは龍が天に向けて翔け上がる

 
——————————————
 

「怒る必要がありますか」八重は食器を下げながら言った。「あなたがそれほどの人と見込んでのことでしょう」

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

» 百田尚樹の「海賊とよばれた男」(上)
» BOOK LOG一覧はこちら

 


booklog

 

Tagged with:
 
Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.