あちゃ〜。まいった。。。

ドローンにトラブル発生。
エラー No.11

 

パロット ドローン エラー

パロット ドローン エラー

 

ネットでリサーチし、
 » Link : パロット社の修理チュートリアル

パロット社に問い合わせた結果、
 » パロット社USA 修理TEL 877-972-7768(月〜金 9時から19時EST)

残念ながら、メンテナンスでアメリカ本土に送らないといけなくなってしまった。

 

詳細は、アロハブランディングのブログから
 » Parrot Bebop Drone|パロット ドローン トラブル発生

 

余談だが、アメリカの商品の保証や修理に関する電話での問い合わせは、当たりばずれがとても大きい

個人の裁量に任せている部分が大きいのだろうか?

 

ごくたまに、超丁寧なオペレーター(当たり)がでると、修理対象の商品をいきなり送ってくれることを約束してくれたりすることがある。
(キャノンのプリンターや、Nike Fuelの対応は当たりだった)

 

でも、大抵の場合が、「はずれ」オペレーター。

その場合は、かなり訛りの強い(なぜか南部訛りが多い)どこかの雇われオペレーターによる、大柄な口調での対応となる。

 

そして、今回は、残念ながら「はずれ」。。。

見事に南部なまりの横柄なオペレーターが教えてくれたのは、

エラー No.11は、
マザーボードに関係してくるとのことで、個人でのリペアは不可とのこと。
ドローンをミネソタの修理工場に(実費で)送らないといけないとのこと。

本当か・・・?

 

さらには、修理完成までに10〜15日のワーキングDAYが必要とのこと。

ハワイから本土に郵送して、修理して、さらにハワイに郵送してもらうとなると、最低でも1ヶ月はかかるという計算。

それにしては長い、でも、それ以外の選択肢はいまはない。

 

ドローン撮影に、色々な可能性が見えてきていただけに、こうした時間的な後退はちょっと凹む・・・。

他に手の打ちようはないのだろうか?うーん

 

今の僕の気持ちをドローン映像で表現するとなると、こんな感じ。

 

 

 » その他 Drone 関連記事

 

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.