田口ランディの「モザイク」を読む。

田口ランディの「アンテナ 」田口ランディの「コンセント」に続く三部作の完結編。個人的に前2作がかなりのヒットだっただけに「モザイク」は、期待しすぎていたのか、不完全燃焼に終わった印象。(過去記事
電磁波というテーマが今となっては古く感じてしまうのは自分だけだろうか?

渋谷の底が抜けるより、よっぽど大きな出来事が東日本を襲った前と後では、自分の物事の捉え方が変わってしまったとも言える。

BOOK LOG一覧はこちら

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.