Currently viewing the tag: "2014"

 

アップルの懐かしい Think Different のキャンペーンタグラインを思い出させてくれる映像「Apple – Perspective」

そういえば、アップルもすっかり王道になってしまったなー、と逆の気づきを感じたのは僕だけじゃないんじゃないだろうか?

 

 

アップルがこの手法を使うことで、とてもいい感じに仕上がっているのだけど、どうしてもOK Go の「The Writing on the Wall」の前例の残像がぬぐいきれておらず、映像自体がThink Different になってないんじゃないの?、とちょっと意地悪に思ってしまう自分がどこかにいるからだろうか?

 

 

タグラインが高尚なものだと、演出もそれをしっかりと補完しないといけない、ということなんだろうね。

ネットに存在する作品を閲覧する時間軸のコントロールはもはや不可能。
作品の個人の印象は何を先に見るかで変わってくるわけだ。
リニアな時間軸の既成概念は取っ払ってしまった方が良さそうだ。

 

 » Other Creative CHECK posts
 » Facebook Creative CHECK

 

Tagged with:
 

 

本日のクリエイティブCHECKは、ちょっと古い情報ですが(うまくまとまっているサイトを見つけたので)Instagram キャンペーン事例をピックアップします。

 

aloha branding の クリエイティブCHECK

 

http://smmlab.jp/?p=35780

 

まとめられているのは SMM Labさん。

ファッション、コスメ、ブライダル、旅行、スポーツ、小売、食品業界の事例をまとめてくれています。

 

» Other Creative CHECK posts
» Facebook Creative CHECK

 

 

 

On December 6, 2014, SURFER Magazine will host the 44th Annual SURFER Poll Awards on the North Shore of Oahu.

サーファーマガジンにより、12/6にハワイのノースで開催された第44回サーファーアワードの模様です。
レジェンドから新進気鋭の若手まで。
手作り感満載で面白いですね。

いよいよ時代はスレーターからジョンジョンへ。
オッキーやポッツも年をとったなぁ。
それにしてもジェリーは変わらない。

 

Tagged with:
 

 

Good bye 2014, and hello 2015!
Happy New Year!

明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願いします

 

2015

 

昨年2014年は、映画「アナと雪の女王」から、「あるがままに」というキーワードが、これでもかというくらいのスピードで世を駆け巡り、浸透していった年となりました。

現代のソーシャルメディア情報環境社会では、人々の「共感」アンテナにひっかかったモノは、ソーシャルメディアを通じて、容易に「シェア・拡散」されていきます。情報の受け手のキュレーション能力を媒介としながら、知人やフォロワーにレコメンド(共有)情報をバトンタッチしていくこの情報伝達方法は、どんなCMや宣伝よりも効果があり、さらにgoogleの自動翻訳などを介すことで言語バリアーすら乗り越えることができるようになってきました。

これは、同時に、世界中の様々な問題の「顕在化」にも寄与することとなりました。

その結果、人々はますます物事における「透明性」を求めるようになってきました。(2014年は透明性を求めすぎる「過剰」な動きも多々ありました)

 

そして、いま、人々は「透明性」を社会に求めるのと同様に、「自分自身」に対しても「透明性」を求めるようになってきているように映ります。

・「ハッタリ」や「偽り」(または、ハッタリを必要とする根性論より)、「あるがまま」の自分探しを重要視する傾向が強くなってきている。

・そこで見つけた「あるがまま」の自分を、あえて他人に(ソーシャル上で)公開。(「あえてサトラレ」とでも言いましょうか。*映画「サトラレ」から)

・そして、ありのままの自分マインドを、ネット上で開示することで他人から「共感」や応援を受け、自分の成長に繋げていく。

こういった「透明性」の上に築かれた新しいタイプの「自己実現」が、2015年に引き継がれていくのだと考えます。

 

その結果、2015年は、
「あるがまま」の自分を選択するか否かの分岐点から、マインドの二極化の加速が進む一年になるでしょう。

簡単にいうと、
・ポジティブを選択した人は、とことんポジティブにいく
・ネガティブを選択した人は、とことんネガティブにいく

 わけです。

 

2015年は、まずは自分自身の「気持ち」を正しく、楽しく、透明に保ちつつ、その上で様々な「夢実現プロジェクト」を実際実行に移していきたいところですね。

皆さまにとって、実りのある一年になることを願っています。

 

Mahalo!

 

 

kids_craft

tree

 

Tagged with:
 
Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.