Currently viewing the category: "BOOK LOG"

 

北康利の「福沢諭吉 国を支えて国を頼らず」(下)

 

北康利の「福沢諭吉 国を支えて国を頼らず」(上)に続き、 「福沢諭吉 国を支えて国を頼らず」(下)を読みました。

まさに、「一樹一獲は穀なり。一樹十獲は木なり。一樹百獲は人なり」

 

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

明治11年(1878年)12月、第一回東京府会議員選挙が行われた。当時は選挙権も被選挙権も、年齢と納税額で決められている。この時、諭吉は府下最高得票で選出された。

 
——————————————
 

最初に打診したのが徳川宗家(将軍家)であった。窓口はあの勝海舟である。自尊心の強い諭吉にとって、相当屈辱的なことだったに違いない。しかしそこはぐっと堪えて窮状を訴えた。

 
——————————————
 

明治13年(1880年)、ついに諭吉は廃塾を決意する。
(これからはどこかに隠棲して、悠々自適の生活を送ることにしよう)

 
——————————————
 

身分制を蛇蝎の如くに嫌う彼は、子供たちの間にも上下関係を持ち込ませなかった。上の者が命令口調で目下に接することはなく、しごく平等な関係にした。兄や姉が弟妹の名を呼ぶ時もけっして呼び捨てにはせず、「捨さん」「おさとさん」といった風。

 
——————————————
 

明治14年の政変

心許していたただけに、裏切られたと知った時の怒りは凄まじかった。自分の門下から権力の亡者が出てしまったという情けなさもあって、「心外」だとか「残念」だとかいう生易しい言葉では表現できない感情が胸の中で煮えたぎった。

 
——————————————
 

余談になるが、そもそも諭吉は筆まめで、生涯に1万通を越す手紙を書いたと言われている。

 
——————————————
 

井上(角五郎)の努力から40年ほどが経った1920年頃から、朝鮮では自国の言葉のことを、誇りを持って「ハングル」(偉大な文字という意味)と呼ぶようになった。

 
——————————————
 

諭吉は宗教にはあまり関心をしめさなかった。
(宗教の中にはいろいろな宗派があるが、その違いは普通の茶と紅茶の違いぐらいであって、どちらを飲んでも大した違いはない)という、宗教家が聞いたら怒りだすようなことを、例によってわざと述べている。

 
——————————————
 

臨終はいつの場合も、人間の尊厳が集約される瞬間である。
明治34年(1901年)2月3日午後10時50分、生命の砂時計の最後の一粒が流れ落ちると、忙しく働き続けた諭吉の器官はついにその動きを止め、やすらかな永遠の休息へと入った。享受六六。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

» 「福沢諭吉 国を支えて国を頼らず」(下)
» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

 

福沢諭吉 国を支えて国を頼らず ブックログ 長澤宏樹

 

「福沢諭吉 国を支えて国を頼らず」(上)を読みました。

在学前に読んでおくべきたったなー、と後悔。

すでに40を過ぎながらも、いまからどうすれば、
少しでも近づけるものか? と考えさせられる一冊。

 

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

米を換金しないと味噌も買えない。札差と呼ばれる両替商のところへ行くと、一石がおよそ四両に換金できた。現在の貨幣価値に換算するのは極めて困難だが、大胆にいってしまえば、一両が現在の10万円ほど。ただし幕末近くになるとインフレが進行し、5000円ほどの下落してく。

 
——————————————
 

ちょうど諭吉が生まれた頃、長年探していた「上論条例」という前64巻の本を手に入れることができた。「上論」とは法令の公布文を指し、清の乾隆帝時世下の法令を記載した書である。およそ一般の読書人が手に取るようなたぐいの本ではない。
余程うれしかったらしく、上論条例」から「論」の字を取って、「論吉」という通り名をつけた。

(注釈)

余談だが、彼の姓は本来「ふくさわ」と清音で読む。

 
——————————————
 

狐と狸の化かし合いである。しめしめうまくいったと十学が心中得意になっていると思うと全身の血が逆流しそうになったが、そこはぐっと堪え
(この馬鹿野郎!)
心中そう罵りながら長崎をあとにした。

 
——————————————
 

この出会いが諭吉の人生を決定付けることになる。十字の嫌がらせがなければ緒方洪庵との出会いはなかったわけで、そうすれ後に日本の顔となる福沢諭吉もおそらく誕生していなかったであろう。

 
——————————————
 

一樹一獲は穀なり。一樹十獲は木なり。一樹百獲は人なり

 
——————————————
 

この頃、世の中は大きな変化を見せ始めていた。安政元年、ペリーが再来航して日米和親条約を締結。ロシア、オランダ、英国との間にも同様の和親条約が結ばれ、219年続いた鎖国政策に終止符が打たれた。

 
——————————————
 

早速行動に移した。当時英語のできる数少ない日本人の一人であった爆風通辞の森山栄之助を訪問し教えを乞うた。

 
——————————————
 

初代大統領のワシントンといえば日本、源頼朝か徳川家康に匹敵する人物と思うのだが、その子孫の動向については市民がさして感心を持っていない。

 
——————————————
 

諭吉は人との交際に関して、二つの大きな長所を持っていた。
一つは一度会っただけで顔と名前を覚えることができたこと。もう一つは億劫がらずに手紙のやりとりいを続け、一期一会を大切にしたことである。

 
——————————————
 

結局、「学問のすゝめ」は第十七編まで発刊され、完結したのは初編が出た四年後の明治九年。全部合わせると実に340万部以上が売れ、洛陽の紙価を高めた。

 
——————————————
 

なんとかして師の負託に応えねばならない。省に戻った九鬼は知恵を絞り、「慶應義塾で三等以上の者は、東京英語学校さんんか年以上の教科書を卒業した者と相当類似したるものと認める」

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 


» 「福沢諭吉 国を支えて国を頼らず」(上)

» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

 

三島由紀夫の「命売ります」

 

三島由紀夫の「命売ります」を読みました。

悪い夢でも見ているようなストーリー展開。

狙って書けるような内容ではないようなきがする。

途中、何回か混乱しました(笑

 

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

「あなた、まだ若い。今日のことみんな忘れる。よろしいね。今日あったこと、ここの場所、今日会った人みんな忘れる。よろしいね。忘れれば、それであなた、いい思い出ができる。この言葉、あなたの人生へのはなむけだ。いいですね」

 
——————————————
 

「考えてみると、俺が死体をまともに見たのははじめてだ。おやじやおふくろの死体は、こんな風にまともに見たわけじゃない。死体って、何だか落ちてこわれたウイスキーの瓶みたいじゃないか。こわれれば、中身が流れ出すのは当たり前だ」

 
——————————————
 

いつまでも羽仁男さんに生きていてほしいという気持ちがするんだけど、おふくろも内心きっとそう思っているにちがいないけど…でも、おふくろはますますも羽仁男さんを好きになってるから、きっと近いうちに君を殺すよ。

 
——————————————
 

人生が無意味だ、というのはたやすいが、無意味を生きるにはずいぶん強力なエネルギーが要るものだ、と羽仁男はあらためて感心した。

 
——————————————
 

無意味はヒッピーたちの考えるような形で人間を犯して来るのでは決してない。それは絶対に、新聞の活字がゴキブリの行列になってしまう、ああいう形でくるのだ。
道と思って平気で歩いていると、それが三十六段のビルの屋上の欄干だったりすると。

 
——————————————
 

いいか、玲子。僕は人の命を買う人間、しかもそれを自分のために使おうという人間ほど、不幸な人間はないと思っている。それは人生のどん底で、僕のお客はみんな可哀相な奴だった。そういう奴だから、僕も喜んで飼われてやったんだ。君みたいに、三十歳の子供で、今夜処女を失って、検討外れの空想で人生に絶望して、その実、人間のほんとうのドンづまりに来ていない女なんかに、僕の命を買う資格はないんだ

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 


» 三島由紀夫の「命売ります」

» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

 

遠藤幸三の「作詞本〜言葉が歌になる」

 

遠藤幸三の「作詞本〜言葉が歌になる」を読みました。

作詞の勉強用に手にした一冊

まだまだ分かってないことが多かった

コピーにも生かすことが可能

 

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

言葉は聴かれてはじめて歌詞になる

a.話し言葉で書く
b.瞬間的に解る言葉で書く
 一番だけ聴いても解るような書き方をする

 
——————————————
 

主人公らしさを出せる言葉を選び出す

「頭で考えるな。肌で掴め」
「パンティを冷蔵庫で冷やしているの」

 
——————————————
 

スタンダード曲は最後から読んでも解るように書かれている
これこそが究極の金太郎飴状態の歌詞。

スタンダード曲には聴き手が自分を主人公に出来るアバウトな力強さがある

 
——————————————
 

理想は2の倍数行

1行(言葉のひとつの区切り)が多くても5つのリズムで切れているフレーズとし、それが2行でひとつの意味を持ち、その2行の倍数でひとつのブロックが書かれているということです。

 
——————————————
 

Aメロディーは作詞のエース
 解りやすさはあるか?
 刺激はあるか?
 A’(ふたつ目のA)はAからフォーカスを絞るように作る

Bメロディーは中継ぎのエース
 サイズの膨らみすぎに注意
 次のブロックにつづいてしまうようなフレーズにはしない

Cメロディーは抑えのエース
 書きすぎてリズムを崩さない
 シチュエーション部分との心情的一致の確認

 
——————————————
 

リスナーの歌の聴き方

人は何故歌を聴くのか・・・その答えを一言で言えば、気持ち良くなりたいからということになります。

・賛歌される
 あなたは素晴らしい人だと言うように褒められる。
 あなたのことが好きだと告白される。

・応援される
 あながは間違っていない、私も同じ気持ちだというように味方からの応援を得る。

・理解される
 あなたのしたことは正しいことではないかもしれませんが、あなたの立場であったら、それはそれで仕方のないことだった、というように相手から理解される。

 
——————————————
 

大きなテーマ、大げさななメッセージを伝えたい時ほど、入りは小さなところから

 
——————————————
 

・体言止め(名刺止め)
 フレーズは名刺で止めていくことによってキレの良さを増します。
 ↓
 雨湾岸道路 走り抜けてく750cc(ナナハン)のカワサキ

・繰り返し法(リフレイン)
 フレーズの繰り返しはリズムと力強さを生みます。
 
・倒置法
 語順を逆にすることによってもフレーズに勢いを出すことができます。
 繰り返し法と、倒置法を合わせてフレーズを変化させてみます。
 ↓
 ショットガンがほしい
 ほしい ショットガン
 ほしい ほしい ほしいよ ショットガン

・比喩法
 物事を例えて言うことによってもフレーズをコンパクトにしていくことが出来ます。

・英語
 日本語の持つスカスカ感をなくすためには有効。

 
——————————————
 

検索サイト

http://www.uta-net.com/
http://www.utamap.com/

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 


» 遠藤幸三の「作詞本〜言葉が歌になる」

» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

 

豊臣秀吉

 

小沢章友の「豊臣秀吉 天下の夢」を読みました。

昨日に続き、
子供の本棚から、歴史の基礎勉強。

 

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

(はまぐりひとつで、夢がかなうとは。)
日吉はそのとき思った。
(そうか。夢をかなえるためには、ものおしみしないことだ。)

 
——————————————
 

人の心は、おそろしくかんたんなことで左右されるのだ。好きになれば、相手も好きになってくれる。そして相手の心をいっしょうけんめいに読みとろうとすれば、その心がなにかを欲しているのかが、おのずとわかるのだ。
のちに「人たらしの秀吉」として、どんなに気むずかしい相手であっても、そのふところ深くにするすると入っていって、相手の心を、がしっとつかむという、すぐれたわざを秀吉が身につけたのは、まずは、おそろしく気むずかしい信長に、無心でつかえたことからだった。

 
——————————————
 

(猿め、どのくらい使えるか、ためしてやれ)
そう考えた信長は、藤吉郎をためしに足軽十人の頭にしてみた。
すると、藤吉郎は、まずその十人を自分の長屋に入れた。そして、ひとりひとりの気質をみきわめて、それを巧みにつかった。

 
——————————————
 

こうして、藤吉郎の人たらしの力によって、小六ら野武士たちは藤吉郎の配下になった。
情をつくして、説得する。そして約束したことは、命をかけて守る。このふたつを、藤吉郎はかならず実行した。

 
——————————————
 

藤吉郎は、そうしたやり方ではない新しい戦い方を考えだしたのだ。それは、敵の一部を味方にかえるという、「調略」というやり方だった。まともに戦っては、美濃が容易に落ちないことに気づかされた信長は、戦う前に、敵の有力な武将をときふせて味方にしていくという、藤吉郎の戦法をとりいれたのだ。

 
——————————————
 

秀吉は、人を動かすのは、ありのままの真心であるということを知りつくしていた。いかに小細工をろうしても、人の心は動かない、心情だけが、人を動かすのだ。

 
——————————————
 

ひとつ、城攻めは土木工事である。ふたつ、血よりも汗を流せ。このふたつだった。これが、のちの小田原城攻めにもみられるように、秀吉の城攻めの根本思想となったのだ。

 
——————————————
 

だが、この和議がなった天正十年、六月二日。その日のまだ朝早くに、織田信長はこの世からいなくなった。
明智光秀のむほんにより、本能寺で、炎のなかに消えていったのだ。信長は、光秀に命じたのはずだった。備中へ行き、秀吉をたすけよ、と。だが、光秀は備中へ行かなかかった。かわりに京都本能寺へ向かったのだ。

 
——————————————
 

光秀は腹心たちをひきつれ、近江坂本をめざして、城を脱出した。しかし、とちゅうの山科の竹やぶで、ひそんでいた地元の農民の襲撃をうけ、不覚にも、腹を刺されてしまった。農民たちをなんとか追いはらったあと、光秀は、もはやこれまでと、腹を切った。
6月2日の明け方、本能寺で織田信長を打ったあと、6月3日の深夜、山科で切腹するまで、まさしく「たった十二日の天下人」であった。

 
——————————————
 

秀吉の「美濃返し」

「おのおのの家はたいまつをかかげよ。一升の飯をたいて、兵にあたえよ。あとで、十倍にしてつかわす」

 
——————————————
 

秀吉は京へもどって、従四位下(じゅしいげ)の位をさずかった。
ここに、秀吉の政権が確立したといってもよかった。秀吉は天下に号令するべく、八月に、大阪城をきずきはじめた。それは、黄金の茶室や、雄大な天守閣をもつ、これまでどこにもなかった巨大な城であった。

 
——————————————
 

大阪を中心にして、日本の経済をひとつにしよう。
秀吉は、この壮大な計画を実行しようとしていた。それは鎌倉幕府も、足利幕府もなしえない、経済の全国展開だった。物価の不公平をなくし、日本中にとどこおおりなく物資がまわるようにする。

 
——————————————
 

この二年間に、参議、権大納言、内大臣と昇進していた秀吉は、七月一日に、関白に任ぜられた。農民から、天皇のつぎに貴人とされている、関白の位にまでのぼりつめたのだ。まさしく前代未聞のできごとであった。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 


» 小沢章友の「豊臣秀吉 天下の夢」

» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.