Currently viewing the tag: "ブックログ"

 

今泉忠明の「おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典」

 

2018年のベストセラーから今年の7発目! 7/52

今泉忠明の「おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典」を読みました。

世にはすでに色々な動物図鑑がありますが、この「ざんねんな」といった切り口は実に面白い!

絵本・児童書の理科のカテゴリーでのベストセラー。
動物好きのこどもでなくても、笑いながら読み切っちゃいますね。

色々と言い切ってしまう感じがいいですね。
例えば、「サイの角は、ただのいぼ」とか「ゴリラは知能が発達しすぎて下痢ぎみ」
言葉選びも簡潔でどこかシュール。
まさに編集のチカラここにありといった感じの一冊です。

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

ざんねんないきものとは
一生けんめいなのに、
どこかざんねんな
いきものたちのことである。

ーーー

ウォンバットのうんこは四角い

かれらは自分のなわばりを知らせるためにうんこを使うため、丸いうんこではコロコロ転がって不便なのでしょう。

ーーー

オラウータンはけんかの強さが顔に出る

若いオスがけんかに勝つと、男性ホルモンが分泌され、たった1日でフランジ(顔のおめんのようなひだ)が発達します。つまり、けんかに勝った印です。

ーーー

くじゃくの羽は長すぎてじゃま

強めの風がふくと、転んでしまいます。

ーーー

ワニが口を開く力はおじいちゃんの握力に負ける

かみつく力もはんぱではありません。口全体で小型のトラックくらいの重さをかけられる。
ところが口を開ける力はびっくりするほど弱く、たったの30kgほど。

ーーー

サイの角は、ただのいぼ

サイの角の正体は皮ふの一部がかたくなったもの。つまり、ただのいぼです。

ーーー

ゾウの歯は、年を取るとすりへってなくなる

一生のうちに5回も生えかわる。
60年ほどですべてするへり、最後は何もたべられなくなって餓死するのです。

ーーー

ゴリラは知能が発達しすぎて下痢ぎみ

ゴリラはとても繊細な動物です。
強いストレスを感じたとき、ゴリラはわきの下がくさくなったり、人間と同じように急に下痢をしたりします。

ーーー

テントウムシは鳥がはき出すほどまずい

テントウムシは強い刺激を感じると体から黄色い液体をだします。これが、とんでもなく苦いのです。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

*Amazonへのリンク→ 今泉忠明の「おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典」

» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

 

吉野源三郎の「君たちはどう生きるか」

 

2018年のベストセラーから今年の6発目! 6/52

吉野源三郎の「君たちはどう生きるか」を読みました。

読み終えて、最初に芽生えた疑問、それは、「果たしてこの本は、子供向けの本なのだろうか? それとも、子供に教育を施す大人向けの本なのだろうか?」というもの。

読み進めると「そうそう、そういう感情が確かに子供のころあったなあ」とノスタルジーに浸る場面が多々でてくるのだが、それと同時に、「自分が子供のころ、この本の中で言われているようなことを、身近な大人から言われたらよかったのにななあ」という感情が芽生えてくる。でもこれは、大人になってからわかる「昔こういうことを言われたらよかったのになあ」であって、子供の当事者としては、これを素直に聞く耳をもつだろうか?というか、そもそもそういう話に興味を持つだろうか?と思った次第。(ヒューマンドラマの映画を見させられて喜ぶより、アクション映画やSFを好む子供の方が多い理由に近い)

主人公のコピルくんと、その父親がわりにコペル君を育てる叔父さんとのやり取りは、誠実であたたかく、非の打ち所がない。このやり取りを描ける事自体はとても素晴らしいことなのだが、これを子供が読んで面白いと思うのだろうか?というのが正直な感想。

でもやっぱり、大人としては子供に読んでもらいたいがために、よりライトに読みやすい漫画版が出ているのだろうなあ、とこれまた勝手に推測する。

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

コペル君は、ぐったりした格好をして見せた。北見君も、腕を投げ出して一休みしました。それで、水谷君も、あああと言って黙ってねころんでいました。
もう、お互いに口をきく必要もありません。黙ってねころんでいるだけで、どんなに楽しかったでしょう。

ーーー

ニュートンが偉かったのは、ただ、重力と引力とが同じものじゃないかと、考えついたというだけじゃあない。その思いつきからはみまって、非常な苦心と努力とによって、実際にそれを確かめたというところにあるんだ。これが、普通の人にはとてもできないような難しい問題だったのだね。

(中略)

だからねえ、コペル君、あたりまえのことというのが曲者なんだよ。わかり切ったことのように考え、それで通っていることを、どこまでも追っかけて考えてゆくと、もうわかり切ったことだなんて、言ってられないようなことにぶつかるんだね。こいつは物理学に限ったことじゃあないけど…。

ーーー

これだけいえば、もう君には、勉強の必要は、お説教しないでもわかってもらえると思う。偉大な発見がしたかったら、いまの君は、何よりもまず、もうりもり勉強して、今日の学問の頂点にのぼり切ってしまう必要がある。そして、その頂点で仕事をするんだ。

ーーー

君は、毎日の生活に必要な品物ということから考えると、たしかに消費ばかりしていて、なに一つ生産していない。しかし、自分では気がつかないうちに、他の点で、ある大きなものを、日々生み出しているのだ。それは、いったい、なんだろう。
コペル君。
僕は、わざとこの問題の答えをいわないでおくから、君は、自分で一つその答えを見つけてみたまえ。
別に急ぐ必要はない。この質問を忘れずにいて、いつか、その答えを見つければいいんだ。

ーーー

しかし、この人々は、自分たちの唱えていることが正しいと信じると同時に、自分たちの判断もいちいち正しいと思い込んでしまっていました。そして自分たちの気に喰わない人間は、みんな校風にそむいた人間であり、間違った奴らだと、頭からきめてかかるのでした。
だが、それよりも、もっと大きな誤りは、この人々が、他人の過ちを責めたり、それを制裁する資格が自分たちにある、と思い上がっていることです。同じ中学生に、そういう資格はないはずです。

ーーー

卑怯者、卑怯者、卑怯者

聞くまいとしても聞こえてくるのは、この無言の声です。
正月の五月、あの水谷君の部屋で、殴られるならいっしょにと、あれだけ固い約束をしたのを、コペル君は破ってしまったのでした。親友の北見君が殴られるのを目の前に見ながら、何一つ抗議せず、なに一つ助けようとしないで、おめおめと見過ごしてしまったのです。

ーーー

そんなこと、そんなこと、何も考えるまでもないじゃないか。いま、すぐ手紙を書きたまえ。手紙を書いて、北見君にあやまってしまうんだ。いつまでも、それを心の中に持ち越してるもんじゃないよ。

ーーー

だから、だからね、コペル君、ここは勇気を出さなきゃいけないんだよ。どんなにつらいことでも、自分のした事から生じた結果なら、男らしく耐え忍ぶ覚悟をしなくちゃいけないんだよ。

ーーー

僕、ほんとうにいい人間にならなければいけないと思いはじめました。叔父さんのいうように、僕は、消費専門家で、何一つ生産していません。浦川君なんかとちがって、僕にはいま何か生産しようと思っても、なにもできません。
しかし、僕は、いい人間になることはできます。自分がいい人間になって、いい人間を一人この世の中に生み出すことは、僕にもできるんです。
そして、そのつもりにさえなれば、これ以上のものを生み出せる人間にだって、なれると思います。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

*Amazonへのリンク→ 吉野源三郎の「君たちはどう生きるか」

» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

 

vlog155は「今読むべき本はこれ!ベストセラー読破52 (1月) 」です。
今回は以下4冊をご紹介!どれもかなりオススメです!

・佐藤雅彦の「新しい分かり方」
 http://amzn.to/2EmGmqu

・佐藤雅彦の「行動経済学まんが ヘンテコノミクス」
 http://amzn.to/2FfcVIj

・西野亮廣の「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」
 http://amzn.to/2qJa6Mb

・大前研一の「日本の論点 2018~19」
 http://amzn.to/2EnbkyL

 

 

*年初にたてた抱負「ベストセラー読破52」についてはこちらのvlogを見てね

 

 

Mahalo for another beautiful day.

 

Please like and share!

https://www.youtube.com/c/hirokinagasawa
チャンネル登録をお願いします。

 

» 4年間にわたる Hawaii DAYZはこちら
» その他のVLOGはこちら

»「思いが伝わる! 心を動かす! アイデアを 「カタチ」にする技術」

 

 

大前研一の「日本の論点 2018~19」

 

2018年のベストセラーから今年の4発目! 4/52

大前研一の「日本の論点 2018~19」を読みました。

*Amazonへのリンク→ 大前研一の「日本の論点 2018~19」

 

今年で5年目となる大前研一さんの「日本の論点」シリーズ。

今年2018-19年版では、「デジタル化による破壊」や「キャッシュレス革命」、「東京五輪問題」や「トランプ政権」など、日本を取り巻く環境を、全20の切り口を俯瞰し、問題を指摘する。大前研一さんならではの鋭い切り口で、「結論」をバシッと下してくれるので気持ちが良い。

しっかり読み込んで勉強するのも良いが、なんとなく、ざーっと読んで、日本がいまどういう状況に置かれているのかというのを、一気にアップデートするのもいい。

知識の下地を入れておくことで、日々の情報の捉え方がガラッと変わる。そのためにもオススメの一冊。

僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

近頃、日本企業がこけるパターンはいくつかあるが、やはりトップの経営判断に問題ありというケースが多い。しっかりした経営判断ができない理由として、産業の突然死さえ起こす「デジタル・ディラプション(デジタル化による破壊)」と呼ばれる潮流に対する認識の低さ、感覚の鈍さが挙げられる。

ーーー

日本でもアマゾンの売り上げが1兆円を超えて、大手GMS(総合スーパー)の売り上げを抜く勢いだ。

ーーー

民泊仲介サイトのAirbnbが16年1年間に日本で仲介した宿泊数は90万泊実際には350万泊だったという驚くべき数字もある)。

ーーー

内燃機関のクルマの部品は3万点と言われているが、電気自動車になると部品はその10分の1、3000点で済む。従ってEVが主流になるとクルマの価格は一気に安くなる。従来のクルマに比べてスピードも出ないから、タイヤ性能やブレーキ性能を追求する必要もない。自動運転の技術の進化と相まって、クルマは純粋な移動手段になってくるだろう。

ーーー

風力発電の「風間貸せ」と同じように、太陽光発電にも「お天道様任せ」というウイークポイントがある。日本でいえば、冬場は曇天ばかりの日本海側は太陽光発電に向かない。日照時間が短いからだ。
日本で日照時間の長い地域といえば、瀬戸内海沿岸や山梨県平野部などが挙げられる。その山梨県の北杜市で私の知り合いの会社が25年くらいソーラーの大規模な実験をしているが、太陽光の稼働率は13%程度だそうだ。つまり、発電設備ののいう力を100としたときに、平均13%しか稼動しないということ。日本で一番日照時間が長いエリアでその程度なのだ。

ーーー

そもそも日本人は錯覚しているが、オリンピックの開催単位は都市である。先進国にとっては必ずしも国を挙げて取り組むイベントではない。

ーーー

東京五輪・パラリンピックの予算管理や大会運営には大いに問題がある。だが、それより気になるのは大会日程だ。8月開催など正気の沙汰ではない。もし小池都知事が10月開催にひっくり返せるようなら表彰ものだ。

ーーー

前節でも書いたようにそもそも北方四島(南クリル)はロシアに戦利品として与えられたもので、戦勝国会議でアメリカが言い出したことだ。ところが1950年代、日本とロシアの関係修復を恐れたアメリカは「沖縄返還の条件として、ソ連に四島一括返還を要求しろ」と日本に迫った。北方領土の返還が日本人の悲願のように思われているが、そもそもの発端はアメリカの嫌がらせ。それが今日の日露関係においても大きな「しこり」として残っているのだ。

ーーー

以前にも指摘したが、今後、クルマの世界では2つのことが起こる。
第一はシェアエコノミーだ。パーク24などで見かける簡便なシステムで使いたいときだけ使う、あのやり方だ。これでクルマの所有者は30%減る可能性が指摘されている。
2つ目は電気自動車化である。

(中略)

電気自動化で何が起きるかといえば、クルマの値段が一気に下がる。そして、自動運転の時代になったら、クルマを持つ理由がなくなる。旧来の自動車メーカーにとっては、凍り付くような氷河期がすぐそこまでやってきている。

ーーー

20世紀に入って中東の砂漠の下に莫大な石油が眠っていることが判明すると、西欧列強が石油権利を求めて植民地支配に乗り出してくる。第一次大戦のどさくさに紛れてイギリスとフランスとロシアは機密協定(サイクス・ピコ協定)を結び、衰退期にあったオスマン帝国の領土を分割統治することを勝手に決めた。中東の国境線が直線的なのはこの名残だ。

ーーー

トランプ大統領よアメリカの一人勝ち現象は30年来、進行中だ

図は2016年の時価総額上位10社のランキングである。一目瞭然米国企業ばかりだ。しかも近年ますますその格差が開いている。ランキングをみてお1位アップル、2位アルファベット(グーグル)、3位マイクロソフト、4位バークシャー・ハサウェイ、5位エクソンモービル、6位アマゾン・ドット・コム、7位フェイスブック、8位ジョンソン・エンド・ジョンソン、9位JPモルガン・チェース、10位GEでトップテン(12位まで)を米国企業が独占。ちなみに日本企業はトヨタの29位が最上位。この30年間で進行したのはアメリカの一人勝ち現象である。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

*Amazonへのリンク→ 大前研一の「日本の論点 2018~19」

» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

 

西野亮廣の「革命のファンファーレ」

 

2018年のベストセラーから今年の3発目! 3/52

西野亮廣の「革命のファンファーレ」を読みました。

 

この本を読む上で、そして、キングコング西野さんを理解する上で、最初の時点でしっかりとインプットしておきたい前置きが二つあると感じた。

これをインプットなしに、炎上しているようなコメントから入り、この西野さんを表面的に理解したつもりでいると、大きな勘違いにつながってしまう。それではあまりにも勿体無い。この人は、そんな小さな次元で動いてはいないからだ。

では、事前にちゃんと読んでおきたいその前置きとは、何か。
それは「はじめに」に書いてある、この2点だ。

 

 

動物であろうと、植物であろうと、いつの世でも種として優秀なのは「年下」で、これは抗いようのない自然界のルールだ。

ーーー

革命のファンファーレは鳴った。
農業革命よりも、産業革命よりも、大きな革命が、よりによって僕らの時代を直撃した。情報革命だ。
インターネットより、距離や時間の壁がなくなった。
当然、距離や時間に結びついていたいくつかの仕事もなくなる。加えてロボット技術もグイグイ伸びてきている。
ものの売り方が変わり、働き方が変わり、お金の形が変わり、常識が変わり、道徳が変わっていく。超高速回転で。

そして残念なことに、経験したことを僕らに教えてくれる存在であったハズの親や先生は、この革命を経験していない。
たとえば、あなたの親は、あんたにこんなことを言うだろう。
「好きなことをして生きていけるほど、世の中はあまくない」と。
親世代の常識は「お金=ストレスの対価」だ。

(中略)

ここからは、「好きなことを仕事かするしか道が残されていない」時代だ。
多くの親や先生は、この変化をとらえていない。
彼らは、この大波の乗り越え方を知らないのだ。

 

 

この「はじめに」に書かれている2点は、つまりは本全体のベースとなるコンセプトだ。ここを明確にしておくことで、その後の作者の溢れるように流れてくる経験談や物事に対するインサイト、発見を説明する文書がスーッと入ってくるようになる。

アイデアを最初にカタチにしていく人は、どんなに上手にそれを説明しても、必ずどこかで誤解が生じてしまう。周囲にとっては、それはいままで見たことなものだから、自分が想像できる範囲を超えてしまうのだ。でも、だからといって、そこに屈してはいけない。自分が見えているものを、見えていない人からの影響で、止めてしまうのはナンセンスだ。それはいつの時代も同じだ。

西野さんには、これからもドンドン実験的な企画を実行に移し、そこから得た経験をシェアしていってほしいと思った。

僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

肩書きを変える程度のことで炎上してしまう(「肩書きは一つに絞れ」という)世間の風潮が、職業に寿命がやってくる、これからの時代を生きる上で極めて危険

ーーー

売れている作品が更に売れる理由の一つは、売れている作品がニュースにしやすい数字を持っているからだ。

ーーー

現代でモノを売るなら、当然、現代人の動きを読まなければならない。
・どこで寝泊まりしているのか?
・何にお金を使っているか?
・1日のスケジュールはどうなっているか?
・1日に何時間スマホを見ているか?
・どこでスマホを見ているか?
・スマホを使う際、親指はどの方向に動かしているか?目はどの方向に動かしているか?

ーーー

結論、やるしかない。
何があろうと、自分に時間を使うしかない。
指が変形するまでペンを握るしかない。
無料公開が常識となった今、実力が可視化されるようになった今、一番の広告は「作品のクオリティを上げること」だ。

ーーー

これまで僕らは「いかにお客さんを増やすか?」の競争をしてきたけれど、そんなことはしなくてよくて、「作り手」を増やしてしまえばいい。作り手は、そのまま消費者になるから。

ーーー

広告の連鎖

広告を作る時は、自分の手から離れても尚、こういった「広告の連鎖」が自然発生する基盤を作ることが大切だ。

(中略)

これからの時代は、このセカンドクリエイターのクリエイター心をいかに揺さぶるか。いかに「作ってみたいな」と思わせるか。
そこがヒットの鍵になってくる。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

» 西野亮廣の「革命のファンファーレ」

» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.