Currently viewing the tag: "ブックログ"

 

池澤夏樹の「終わりと始まり2.0」

 

2018年のベストセラーから今年の15発目! 16/52
池澤夏樹の「終わりと始まり2.0」 を読みました。

大好きな池澤夏樹さんの新書。書店に平積みされていたので、タイトルに惹かれ手に取りました。
池澤さんは、様々なジャンルで書かれていますが、個人的には、池澤さんの小説が大好きです。南の国や海系を題材にしているものになぜか心が揺さぶられます。
その中でも、「カイマナヒラの家」「南の島のティオ」は、自分の中でバイブル級に好きです。
あとは、ベクトルが全然違う方向を向いている著書、『憲法なんて知らないよ というキミのための「日本の憲法」』なんかも、当時とても興味深く読みました。

しかし、今回の一冊は、正直、イマイチだったかなーと。m(_ _)m
書かれている内容に対してなにか云々というつもりは毛頭もないのです。本としての情報の鮮度の問題で、情報が微妙感じで古いだけに、どうしても読んでいて前向きになれませんでした。(2013年4月から2017年12月まで、毎月の気になる内容を1つピックアップしてエッセーとして、朝日新聞に連載してきた内容を、今回、改めてこの一冊にまとめあげたそうです)

その意図を知らずに手にした自分に非があるのですが、正直、本の趣旨、構成として、ある種のユルさを感じざるを得ませんでした。。
急激な時代の流れの中で、整理できない感情が混沌としているときだからこそ、これを独自の視点まとめ上げるエッセイに価値があるのだと思います。時間が経つにつれ、やはりそこにある新鮮味はかけてきてしまうわけであって、なんだか、当時勇気をもって感情をあらわにしたものを、時が過ぎてだいぶ時間が過ぎてから、その感情を掘り起こしても、感動がない、というのが正直な意見でした。(逆に後出しじゃんけん的に見えてしまう懸念も)

とは言え、もちろん、今回も多くの学びがありましたので、以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

選挙を前にした各党の政策は言わば定食のようなもので、有権者は料理の一つ一つを選ぶことはできない。
この前の選挙で自民党はともかく主食がたっぷりというメニューを用意した。みんなのおなかが空いていたらしく、この経済優先の政策は票を集めた(タニタの社員食堂に比べるとずいぶんメタボっぽい)。

ーーー

「我が国は、先の大戦による廃墟や幾多の大災害を乗り越えて発展し、今や国際社会において重要な地位を占めており、平和主義の下、諸外国との友好関係を増進し、世界の平和と繁栄に貢献する。」
自民党の「日本国憲法」の「前文」の一部である。

これ、文章としておかしくない?
「…重要な地位を占めており」までは現状分析だが、その後の部分、「…に貢献するのところは意思の表明である。この二つを一つのセンテンスに押し込めるというのは、高校生程度の日本語作文能力がある者ならばしない過ちだ。

ーーー

イラクに派遣された自衛隊は一人も死なず、一人も殺さず戻った。憲法第九条が彼らを守った。
それでも帰還隊員のうちの25名が自殺したという報道がある。

ーーー

過激とユーモアの不足

「不服従」すなわち市民のレジスタンスである。世界中いたるところで人々は権力に反抗している。選挙だけが意思表示ではない。国民はもっと過激な手段を使ってもいいのだ。

ーーー

「古事記」の完成が712年、「万葉集」は759年から後と言われる。この間はほぼ半世紀、つまり人間の寿命に収まる長さだ。運がよければ、「古事記」を手にした少年は老いて「万葉集」を繙くことができたはず。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

*Amazonへのリンク→ 池澤夏樹の「終わりと始まり2.0」

» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

 

伊坂幸太郎の「AX」

 

2018年のベストセラーから今年の15発目! 15/52
伊坂幸太郎の「AX」を読みました。

自宅では恐妻に絶対服従の、冴えない文具メーカーの営業の裏の顔は、正義感の強い、フェアさにこだわる、の殺し屋。

迫力満点の描写ターゲットとの死闘が描かれたと思うと、家に帰っては妻を怒らせないように細心の注意を払い、普通では到底思いつかないような些細なことをこれでもかというくらい真面目に描写する。

その、アンバランス感がなんとも違和感の連続であり、全体的にヒューマラスな空気を作っている。

しかし、本の後半にちょうど差し掛かったあたりのとろで、突然この主人公が死ぬことになるには驚いた。しかも、いきなりあっさりと、文章にしてたった二行で死んでしまう。それはこんな感じだ。

その言葉は医師の心を動かした。そしてその結果、兜は八階から落下し、死亡する。

ここからが伊坂幸太郎の腕の見せ所なのだろう。今度は息子の視点も入り混じりながらストーリーが展開されていき、結果的にはなんと、家族愛、そして究極の夫婦愛の話にまとめ上がっていく。なんだか、読み終わって狐につつまれたみたいだった。本屋大賞にノミネートされているのも納得。

かなりネタバレ的になっちゃったけど、以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

かと言って反論すれば、議論の時間が増すだけだ。心の歯車を停止させ、何も考えないままに、「確かに、僕はあまり、息子のことに注意を払っていないかもしれないな」と相手の批判を受け入れるほかない。欠点を認め、反省をし、改善を約束する。それがもっとも、円満に解決する道筋だった。最後には、「自分では、それなりに息子のことに気を配っているつもりだけど、君に指摘されてみると、全然足りなかったんだな、と痛感するよ。君のおかげで、また成長できた」と相手への感謝を、あまりへりくだることなく、伝えるのも重要なポイントと言えた。

ーーー

まったく考えの読めない男だ、と兜はため息を吐きたくなった。二十年以上の付き合いになるが、この医師には、その間に老いた印象がほとんどない。お互いの精神的な距離が近くなった感触もなかった。

ーーー

(妻は)高級な食材を使い、凝った調理方法の料理を教わっているらしいのだが、自宅では一向に披露される気配がなく、ようするに、自分たちがその場で食べるために料理をしているだけ、といった節がある。一度だけ、「我が家では作ってくれないのか」と訊ねたことが。むろん、そのような台詞ではなく、「自分もたべられたら、これにまさるよろこびはないでしょうね。きっと無理でしょうが」といった遠慮気味の言い方で、しかも、空耳ではなかったかしらと相手に勘違いされるほどの、静かな口調だったが、妻は鋭い目つきで兜を睨んだため、それきり料理教室の話はしないことにした。兜の中には、「タブーの箱」とでも呼べるものがあり、妻との会話で話題にしてはならないものを、そこにしまっている。「料理教室」もそこに放り込んだ。

ーーー

ビルの向かい側に、ボルダリングジムの看板を見つけた。そこに書かれていた、「この秋、話題騒然のマイナースポーツ!」の言葉に、「話題騒然でもマイナーの壁を破れぬのか」とおかしみを感じ、引き寄せられた。

ーーー

一方が、自尊心を削られても抵抗できなほど、怯えているにもかかわらず、もう一方が、自分たちは安全地帯にいる、と平然としている。珍しい光景ではない。世の仕組み、社会を構築する土台;とも言えるかもしれないが、兜は好きではなかった。フェアさに欠ける。

ーーー

死ぬのは怖くない。だが、死んだら妻が怒るかな、と考えたときだけ少し怖くなった。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

*Amazonへのリンク→ 伊坂幸太郎の「AX」

» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

 

ユヴァル・ノア・ハラリの「サピエンス全史」

 

2018年のベストセラーから今年の14発目! 14/52
ユヴァル・ノア・ハラリの「サピエンス全史」を読みました。

全世界で500万部を突破、ビジネス大賞受賞と、何かと話題になっているアノ一冊です。

実はこの本、もう数ヶ月前に入手していたのですが、なかなかページが進まず、いまごろのbooklogへのアップとなりました。なぜ時間がかかったかというと、とにかく、この本は「歴史の遡り方が半端じゃない」んです(笑)まあ、それが趣旨の本なので当たり前ではあるのですが、自分の中に知識の貯蓄のないところまで話題の中心点がタイムスリップすると、人間どう対応していいのかわからないものですね。まさに未知との遭遇。

人によっては、その未知との遭遇を楽しく感じるひとももちろんたくさんいるのですが、僕の場合は、脳みそのスイッチがオフになる傾向にあるようです。特に、序盤のサピエンス史の部分は、読んでは寝落ちし、読んでは寝落ちし、の繰り返しでした。後半、第2部の農業革命後や、第3部の人類の統一が興味深く読めました。

本としては、上下巻あるのですが、上巻でお腹いっぱいになってしまいました。m(_ _)m ごちそうさまでした。

とはいえ、この手の話が好きな人には、たまらない一冊だと思いますので、以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

わずか600万年前、チンパンジーとゴリラとオランウータンがいる。なかでも、チンパンジーが一番近い。わずか600年前、ある一頭の人類猿のメスに、二頭の娘がいた。そして、一頭は、あらゆるチンパンジーの祖先となり、もう一頭が私たちの祖先となった。

ーーー

じつは、約200万年前から一万年前ごろまで、この世界にはいくつかの人類種が同時に存在していたのだ。
10万年前の地球には、少なくとも六つの異なるヒトの種が暮らしていた。

ーーー

なぜ人は高カロリーなの食品をたらふく食べるのか?
三万年前の典型定期な狩猟採集民族が手に入れられる甘い食べ物一種類しかなかった。熟れた果物だ。もし石器時代の女性が、たわわに実ったイチジクの木を見つけたら、あたりに住むヒヒの群れに食べ尽くされる前に、その場で食べられるだけ食べるのが最も理にかなっていた。今日私たちは高層アパートで暮らし、冷蔵庫には食べ物があふれているかもしれないが、DNAは私たちが依然としてサバンナにいると思っている。だから私たちは、冷蔵庫にアイスクリームの容器を見つけると、空になるまで中身をせっせとスプーンで口に運び、ラージコークで胃袋に流し込む。

ーーー

歴史上の痕跡を眺めると、ホモ・サピエンスは、生態系の連続殺人犯に見えてくる。

ーーー

人類は農業革命によって、手に入る食料の総量をたしかに増やすことはできたが、食料の増加は、より良い生活や、より長い余暇には結びつかなかった。むしろ、人口爆発と飽食のエリート層の誕生につながった。平均的な農耕民は、平均的な狩猟採集民よりも苦労して働いたのに、見返りに得られる食べ物は劣っていた。農業革命は、史上最大の詐欺だったのだ。

ーーー

たいていの人は、自分たちの生活を支配している秩序が想像上のものであることを受け容れたがらないが、実際には、誰もがすでに存在している想像上の秩序の中へと生まれてきて、その人の欲望は誕生時から、その秩序の長澤で支配的な神話によって形作られる。したがって、私たちの個人的欲望は、想像上の秩序にとって最も重要な砦となる。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

*Amazonへのリンク→ ユヴァル・ノア・ハラリの「サピエンス全史」

» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

 

log179は「今読むべき本はこれ!ベストセラー読破52 (4月) 」です。

今回は以下3冊をご紹介しました!

・ユヴァル・ノア・ハラリの「サピエンス全史」
 https://amzn.to/2IUQ0GH

・伊坂幸太郎の「AX」
 https://amzn.to/2KHeNLE

・池澤夏樹の「終わりと始まり2.0」
 https://amzn.to/2IzaPsb

 

インスタ @alohabranding
https://www.instagram.com/alohabranding/

JAZZ麺 2.7
https://amzn.to/2GmOAiS

プログラミング&英語教室「SCRATCH & ENGLISH」
http://alohabranding.com/sc/

京セラ 電動ダイヤモンドシャープナー
https://amzn.to/2GmOAiS

映像に使ってるドローンは、DJIのMavicProとPlatinum
https://amzn.to/2ImWWc9
https://amzn.to/2IpAQWK

 

Mahalo for another beautiful day.

 

» 4年間にわたる Hawaii DAYZはこちら
» その他のVLOGはこちら

»「思いが伝わる! 心を動かす! アイデアを 「カタチ」にする技術」

 

 

10年後の仕事図鑑

 

2018年のベストセラーから今年の13発目! 13/52
堀江貴文×落合陽一の「10年後の仕事図鑑」を読みました。

この本、かなり売れているみたいですね。どこへいっても平積みされてます。

堀江さんに加え、最近「現代の魔法使い」と言われている落合陽一さん。この二人を掛け算できれば、それは間違いなくヒットになる。そりゃそうだ?
でも、これぞ、言うは易し行なうは難しで、相当編集が大変だったんじゃないかな?と勝手に推測する。
ちなみに、本書の編集担当は、多根由希絵さん。僕も本を出版させてもらう際に、何度かやり取りをさせて頂いたことがあるのだけど、とても優秀でクラバーな方という印象。本書における彼女の功績もかなり大きいのではないかなと。

この本の基本コンセプトは、堀江さんや落合さんが普段から言っていることを「10年後の仕事図鑑」という切り口で一冊にまとめたもの。
その構成が実にうまい。対談ではなく、いちテーマごとにごとに交互に入れこむことで、お互いの伝えたいことをそれぞれ邪魔ぜずに、十分な時間をとって説明できる工夫がされている。

あとは、題名でもあるとおり、2章と3章では、それぞれ「なくなる仕事・変わる仕事」と「生まれる仕事・伸びる仕事」について、結構なページを割いて言及している。
しかし、次の瞬間、これに対して、「『なくなる仕事リスト』なんて血液型占いくらいの精度しかない」と言ってみたり、とにかく、発言が「自由」なのだ(笑)

その自由さももちろんあって、結果、読む価値のある素晴らしい本に仕上がっているのだけど、編集担当にとっては大変だったのだろうなあ、と、なんとなく思った次第。

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

こうして社会システムが変化したことを鑑みれば、それまで我々が普通だとおもっているものは、大抵誰かが言い出した「発明」にすぎないことがわかる。「こんな職業になりたい」、あるいは「会社にいかなければならない」といった願望や感覚も、ある種の「発明」なのだ。
「普通」という擬態は一見社会にとって正しそうに見えるか、実は正しさ自体は更新され続ける発明だ。不正解ではないにせよ、「普遍」の意味で「普通」ではない。社会のあり方が変わるなら、普通を定義しなおした方がいい。

ーーー

くら寿司は、従来人がやっていたサービスの半分を機械がオートメーションで行い、人間は機械と機械の間に入る調整役になっている。

ーーー

「新しい仕事」で成功している人たちには、共通点がある。
一つ目は、まず「作業にハマっていること」だ。

自分でルールを作ることで、ものごとに没頭でき、好きになることができる。

ーーー

一番良くないのは、10年修行したこと自体を「ありがたがる」ことだ。「10年修行をして作った卵焼きなのだから、そこに価値がある」と思ってしまう。同様に、「苦労して何かの資格を取りました」というのも自分の中で「価値」だと思ってしまう。価値は、「苦労」したことにあるのではなく、ユーザーが決めるものだ。

ーーー

米国無人機協会という団体は、「ドローン市場規模は2025年までに米国内で820億ドルに達し、それによって10万人以上の雇用を生み出す」とも提唱している。

ーーー

戦後、所得倍増計画の一環として「持ち家信仰」が唱えられ始めた。所得倍増計画とは、池田勇人内閣政権下で実施された長期経済計画だ。これは実は非常に単純な仕組みで成り立っている。住宅が1棟売れると、資材や設備が売れ、大工には給料が入り、そのお金は生活費として使われるなどして、お金がどんどん世の中を駆け巡る。この経済波及効果があるため、特に住宅は効率よくお金が回ると考えられていた。ローンを使って家を建てさせれば、金は余すことなく世の中を回る。するとGDPが拡大していくというロジックだ。だから、国も民間もこぞって家を建てるように推奨した。

ーーー

近年、ボストンダイナミックスは、その骨格と油圧の伝達系を3Dプリンタによって一気に造り上げることに成功した。このことによって、組み立ての工数とパーツの数が劇的に減少され、強度と運動的な制約が大幅に改善された。大雑把にいうと、3Dプリンタで設計したものがそのままロボットになって出てきたようなものだ。

ーーー

未来を判断するために

僕の大好きな言葉に、思想家であるリチャード・バックミンスター・フラーの「自分の時間をより有効な探査的な投資に開放すれば、それは自分の富を増やすことになる」というものがある。この言葉は、万人に開かれた「未来」に対してのアービトラージ(裁定取引)を判断するために、今何をしていくべきかを常に考え続けることの大切さを説いている。

ーーー

9年間があっという間に陳腐化する時代

他人と違うことを恐れる必要は、もはやまったくないといえるだろう。むしろ他人と同じであることは競争以外の何物でもないのだ。同じ土俵でしのぎを削りあう「レッド・オーシャン」戦略は、これからの時代にそぐわない。もちろん、レッド・オーシャンの攻略はレバレッジが効き、もし寡占することができれば大きな利益を得られることは間違いないが、そのリスクテイクに関する議論は千差万別だ。

ーーー

よく若い人たちから「年金はもらえるんでしょうか」「今後の日本はどうなっていくんでしょうか」と質問を受けるが、すべての答えは「知らない」だ。
みんな問いが間違っている。あなたが問うべき対象は未来ではなく他でもない、「自分」だ。

ーーー

モチベーションを勝ちに落とし込むのに重要なのは、「言語化する能力」「論理力」「思考体力」「世界70億人を相手にすること」「経済感覚」「世界は人間が回しているという意識」、そして「専門性」だ。専門性は、どんな小さいことでもいい。「自分にしかできないこと」は、他人から必要とされるのに十分な理由になる。ポジションを取り、他の誰でもない「個」の価値を叫ぶのだ。

ーーー

最後に、IBMの初代社長トーマス・J・ワトソンの言葉を贈ろう。
「不確かな持論を持つ思想家の道を辿れ。自らの考えを論争の脅威にさらけ出せ。率直に意見を述べ、変わり者のレッテルよりも、従順という汚名を恐れよ。そして、自分にとって重要に見える問題のために、立ち上がり、どんな困難にも立ち向かえ」

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

*Amazonへのリンク→ 堀江貴文×落合陽一の「10年後の仕事図鑑」

» BOOK LOG一覧はこちら
» 長澤宏樹の「思いが伝わる!心を動かす! 「アイデアをカタチにする技術」

 


booklog

 

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.